スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12日第2信ー新聞から


中央メデイアの陳腐は永田町報道、大津市の「いじめに」橋下が最初にコメント「なんで?」、尖閣買い取りの「軍事」優先煽り。軍事的翼賛許さず。


 沖縄の報道は「日米の「嘘」暴く

緊急着陸の原因となった回転軸琉球新報 
無題sinnpou
2012年7月12日
 【米ワシントン10日=松堂秀樹本紙特派員】米軍普天間飛行場に配備予定の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが9日、機体トラブルを起こし、米東南部ノースカロライナ州のウィルミントン国際空港に緊急着陸していたことが10日までに分かった。
地元メディアやABCニュースが報じた。けが人はなく、機体に損傷もなかった。両翼部分に設置されているエンジンか、エンジンを連結する回転軸(ドライブシャフト)に不具合が生じたとみられる。
 MV22はことし4月、モロッコで訓練中に墜落し、4人が死傷。空軍仕様のCV22も6月に米フロリダ州で墜落して5人が負傷しており、安全性に対する懸念が一層強まりそうだ。
 現地報道などによると、緊急着陸したのはノースカロライナ州の海兵隊ニューリバー基地に所属するオスプレイで、操縦士が「ドライブシャフトに問題が発生した」と同空港の航空管制に連絡し、緊急着陸した。当時、オスプレイは通常の訓練中だった。
 着陸時、操縦士は機体を制御できていたとするが、海兵隊などが原因を調査している。ドライブシャフトは両エンジンを連結させているため、エンジントラブルか、シャフトに何らかの変調が生じたとみられる。
 オスプレイのエンジン絡みの事故は、2007年11月にも発生。米ノースカロライナ州で夜間訓練中にエンジンから出火、約1616万ドルの損害が出た。米雑誌ワイアードによると、06年12月と07年3月もエンジン火災が発生したが、事故に算入されていない。
 元海兵隊で軍事評論家のカールトン・メイヤー氏は自身のサイトで「両翼の角度を転換させる際に過度の振動が発生し、シャフトを破損させることがある」と指摘。ドライブシャフトの不具合がオスプレイなど垂直離着陸機特有の問題だとの見方を示している。
 国防分析研究所でオスプレイの主任分析官を09年まで務めたレックス・リボロ氏は「ドライブシャフトで仮に火災が発生すれば、シャフトは合成材でできているので燃える」と指摘。「ドライブシャフトの火災はまれだが、今後起きる可能性もある。そうなればシャフトは折れ、墜落するだろう」と述べた。
沖縄タイムス
無題taimusu
沖縄タイムス政治 2012年7月12日 09時35分

(1時間3分前に更新)

 【平安名純代・米国特約記者】米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレイをめぐり、火災などの問題につながるエンジン出火の一因と指摘されてきた「エンジン空気粒子セパレータ」(EAPS)が、少なくとも昨年3月まで改善されていないことが分かった。米政府監査院(GAO)が2010年3月にまとめた報告書の中で「要因は依然として未解決」と指摘、米議会調査局(CRS)も11年3月の報告書で問題の存在を認識している。火災リスクが完全に解消されたか分からないままでの沖縄配備に、県民の懸念がより深まりそうだ。

 米国防総省筋によると、エンジン空気粒子セパレータがエンジン出火の一因とされたのは、搭乗員7人全員が死亡した1992年の試作機による試験飛行中の墜落事故時。

 調査の結果、漏れた潤滑油がエンジンにたまり、高温部に触れて発火したのが原因などと結論づけられた。米軍は11カ月間にわたって飛行を停止。原因究明後に対策を講じ、問題は解決されたとして飛行を再開していた。

 しかし、その後もヘリコプターモードで着陸する際に、草地に発火し、野火となる事故が発生。調査の結果、高温ガスの排出方向を調整するディフレクターの不具合が主要因と結論づけられた。一方で、エンジンへの油圧作動油の漏れの要因としてエンジン空気粒子セパレータの不具合が指摘され、改善が促されていた。

 米政府監査院は、問題が指摘されて以来、改善を重ねてきたにもかかわらず「オスプレイ開発計画の関係者らによると、根本的な原因分析は進行中で、エンジン空気粒子セパレータの安全性を向上させる方法を模索している」と指摘。

 さらに、米議会調査局も2011年3月にまとめた同機に関する報告書のなかで、米政府監査院の指摘を引用し、議会内で問題の存在を認識するよう促している

宜野座村―村作り―水道完備農業で観光で「障害」と書いた
 それが現実となるー金武町に波及かー広大な台地は持的開発の力秘める

タイムス
村長、オスプレイ反対強調「強行なら返還も」
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-07-12_36224

 ジャングルセンター「布の鎖」で、包囲、主ゲートには『英語』包囲し、世界にアピール。
 楽しく作ろう。待って、います。
2無題死㎜峰
新報社説
無題sinnpou 世説
 
新報社説
高江ヘリ着陸帯 中止に踏み切る時がきた2012年7月12日

 沖縄防衛局は、米軍北部訓練場内の東村高江のヘリ着陸帯の建設工事を再開した。身体を張って建設に反対する地元区民らとの激しいせめぎ合いが続いている。
 着陸帯建設問題は明らかに潮目が変わった。
 安全性に疑念が深まる米海兵隊のMV22オスプレイをめぐる米海兵隊の環境影響審査書で、高江でもオスプレイが飛び交うことが明記されている。
 県内配備が強行されれば、高江の着陸帯はオスプレイ着陸帯になることを意味する。
 知事、41市町村長、県議会と市町村議会の全てがオスプレイ配備に反対している中、着陸帯の整備は、米軍普天間飛行場を拠点とするオスプレイの配備環境を整えることに直結してしまう。
 オスプレイ配備反対と、オスプレイが使う恒常的な着陸帯建設を容認する矛盾は大きくなるばかりだ。着陸帯の建設工事は中止すべき時を迎えている。
 オスプレイ配備を隠し続けた上、環境影響評価(アセスメント)の最終局面になって配備を明記した防衛局の手法は、「後出しじゃんけん」とやゆされる姑息さが際立つ。
 オスプレイ配備に反対する東村の伊集盛久村長は、ヘリコプターから訓練機がオスプレイに交代することを挙げ、環境影響評価をやり直すよう強く求めている。
 論理的に突き詰めると、オスプレイ配備が強行されれば、ヘリ着陸帯建設を認める姿勢を覆す可能性をにじませていると言えよう。
 「夜陰に乗じる」は、裏をかく、虚を突くという意味を帯びる。
 米軍基地問題を所管する沖縄防衛局の対応は、夜陰に乗じることが目立つようになった。今回の着陸帯工事再開では、反対する住民が手薄になった夕刻以降に、50人以上の防衛局職員や工事業者がなだれ込み、重機などを運び入れた。
 昨年末、仕事納めの日の県庁で、防衛局職員が夜明け前に普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた環境影響評価書を搬入した対応と重なる。
 住民を力ずくで排除するなど、公権力の行使者とは思えない振る舞いは、新基地建設やオスプレイ配備に猛反対する沖縄の民意とのずれが拡大していることを映し出している。
 もはや着陸帯問題はオスプレイ配備と同根であり、仲井真弘多知事も建設反対に転換すべきだ。


(ネットアップされ次第記事アップ)
スポンサーサイト


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【12日第2信ー新聞から】

中央メデイアは陳腐は永田町報道、大津市の「いじめに」橋下が最初にコメント「なんで?、尖閣買い取りの「軍事」優先煽り。軍事的翼賛許さず。 沖縄の報道は「日米の「嘘」暴く ...

非公開コメント

衆院予算委員会

*オスプレイ問題、大手メディアも、信濃町の某宗教政党も無視できなくなった。某宗教政党A議員の質疑、最後の場面のみだったが、オスプレイについて取り上げていたようです。”(万が一)事故が起きた際の政府の責任の所在を明らかにせよ””日本政府独自に調査せよ”といった内容。某宗教政党らしい思ったが、オスプレイ配備強行が、日米安保体制に矛盾を深めていると感じた次第。

*高江の映像―住民の会ブログで見ましたが、防衛局・警察の威を借りて、業者が暴言・暴力的威圧をおこなっている。すわり込みがはじまったときの業者の横暴ぶりもひどいとは聞いていたが、今回の業者はもとタチが悪そうです。K民S党のS地議員の親族企業が今回の業者という話ですが、議員の力をバックに何がなんでもオスプレイパッドを強行しようという。1区に住む私たちとしては、次期選挙での彼の再選を阻むこと。全力を尽くさないと、という思いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。