スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米首脳のダブルスタンダード

海はまだ荒れている
 台風8号去る。辺野古テント村設営で大変であろう。熱低は北上、日本列島と太平洋に高気圧あって台風になりきれないであろう。昨年はこの位置でも台風になって日本4島を襲った。最近の台風は高潮と重なっている。

ダブルスタンダード
  核・人権・環境

 広島で麻生は核廃絶を唱え、記者会見ではアメリカの「核の傘」「核抑止力」を強調した。日本におけるアメリカの核抑止力を強調したのはオバマであった。麻生は日米同盟とアメリカの国際引き受けで答えた。
 二人とも使い分けをしている。核廃絶は人類的課題として国際的市民運動、国家の指導者たちの共同が発展してきた。
 オバマ(アメリカ)のダブルスタンダードに酔いしれるとシぺー返しが台風のように押し寄せてくる。アメリカは第2次大戦下の日系アメリカン人を強制収容、弾圧に歴史的謝罪をした。沖縄では収容所にお会いこめられ財産権も奪われ基地の恐怖、支配におかれ、ますます、強化されている。
 アメリカは国外では国際法も人権回復も無縁なのである。
 核貯蔵の力のある辺野古弾薬庫に軍事空港、3万トン以上の貨物船(軍艦)のバース、周りの無人島を「接収」(立ち入り禁止)にして完全秘密基地を作る。
 「核の傘」「核抑止力」の絶好の基地ではないか。「核廃絶」を唱え「核抑止力」の基地を建設する。
麻生もアメリカのダブルスタンダード、「傭兵」から戦略を会得した(?)
 
  日本の軍国主義
    日本の軍国主義の「傭兵」
 日本は自衛隊が「自立」的に戦争できるために、米軍を雇い兵としてノハウを獲得、いくらでも金を出してきた。敵地攻撃論、非核三原則も無用になりはじめ、「核密約」を元高官たちが次々に証言し始めた。雇兵も恥も外聞も捨て、金せびりを始めたのも、オバマの「核抑止力」発言と関連する。
 核でお金を引き出す強盗の論理のように思われてならない。核テロならぬ核恐喝ではないか。嘉手納以南の全面返還と言いながら、古い1階米軍住宅を建て替える。日米協定{グワム協定)のまやかしが見えてくる。クリントン国務長官が結んだ協定をオバマは核抑止力発言で日本国民を核恐喝した。
 日米の核をめぐる問題は日米の思惑が絡み合い、日米同盟の一層の強化として沖縄に現れる。日本国憲法の骨抜きも日米同盟の深まりとともに危機が深まったことを、常に沖縄基地の強化(米軍、自衛隊)と並行して進んできた。
 
 核廃絶の課題は全地球的課題である。日本の課題は被爆国として世界の先頭に立つことはもちろん、核実験で被爆した太平洋地域の人々との連帯を深めることが大切である。
 同時に、日米同盟と手を切り、日米が対等・平等の関係を作り、世界の紛争の平和的解決の潮流を国民的精神として共有することであろう。
 
 総選挙の中で、日米同盟を解消した日本の未来の議論が必要であろう。民主党がブレにブレているのは、基本問題として日米同盟と国民との矛盾が深刻になってきているあらわれである。
 政権交代論ではあまりにもさびしいマスディアの世界である。

 辺野古違法アセス訴訟
   原告手続き(委任状送付)済みましたか
スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。