スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サー辺野古を柱にー憲法9条・日米同盟

九州比例赤嶺さん当選させたみなさんありがとう

 沖縄県アセス審査会傍聴しよう
  アセス審査会に意見書を出そう

   違法アセス第二次原告最終締め切り
      8月31日(月)
 アセス審査会
  9月8日(月) 1:30
   宜野湾
   辺野古アセス糾弾県民集会(仮題)
      9月18日(金)ー詳細後日
      主催 県民会議
   高江審尋現場進行(検証)
     10月3日(土)
   辺野古座り込み2000日集会
      10月10日(土)
      詳細後日  
   知事意見提出最終日
      10月13日(日)

本格的なアセスの闘いへ
  沖縄学際的結集を呼びかける

 解散もできなかった自公政権、その中で、辺野古・高江に集中できなかった政治的状況があった。総選挙が終わり、アセスの闘い、審査会がアセスやり直しを答申する状況を作り出すために、沖縄の組織及び個人が動き出し、仲井真知事と沖縄防衛局を追い詰めるよう期待するものである。
  釣りのティーナー(手縄)で探った
辺野古・大浦浦湾の地形と生態系

 02年、辺野古の闘い、海の闘いになるとジュゴン1号を買った。そして、カヌーを全国に呼び掛けて数を増やした。04年那覇防衛局は軍民共用空港の事前調査に入った。平和丸も全国の平和委員会に呼びかけて買った。
 ティーナで辺野古・大浦湾の海など調べ、環境団体の調査船としてジュゴン・サンゴなどの調査にも協力した。多くの専門家から学んだ。大浦湾の特性を次のように分析した。この分析は平和新聞(08年6月25日)に掲載された。そして、準備書学習会、講演などに使用した。

IMG_0005_20090830092220.jpg

次々に出される辺野古・大浦湾
 豊かな生態系の本

 これらの本の調査の平和丸船長を行い参加しています。これらの本はコピーして辺野古学習、写真展示などでも活用できます。
WWFJ『生物多様性の豊かな理由(わけ)』IMG_20090830092247.jpg
 この本は立体的に大浦湾、基地本体を浮かび上がらせています。(A4カラー11P)

沖縄リーフチエック研究会『大浦湾』IMG_0001_20090830092322.jpg
 大浦湾のサンゴ、生き物たちの美しい写真を掲載。英語の説明もついています。(A4カラー27p)

THE MAP CENTER『地図中心』(第442号別冊)
IMG_0002_20090830092342.jpg
 辺野古周辺の生活文化、地質史など総合的です。私の「海の川』は古大浦川、古汀間川として記載された。(A4カラー27P)

 何故、「保全すべきAランクの海」でなければ
   基地と生物多様性を知るために
 アセス審査会、土曜日にかかわらず辺野古・大浦湾の海を視察した。やはり、現場を見ることが原点である。
 ①平和丸基金は要請に応じて海上観察、学習に応じています。
 ②パネル6個(べニア板2枚組)をどこでもいつでも展示するよう作成しています。(県内)
 ③平和丸基金協力した写真家のジュゴン・サンゴ・アジサシなどCD化しています。英語版も準   備しています。英語版は国際会議の中で約250枚普及しています。(つたない英語ですが)
 ④インク(キャノン7e5色)、印画紙(キャノン)送ってくだされば写真も送ります。だだし、印刷物にす   る時には著作権の問題があります。あくまでも、平和・生物多様性の広がりのためです。
   CDコピー技術心配ですが応えます。
 ⑤ 辺野古の闘いの記録英語版もあります。

   大西 照雄
    名護市大北3-8-20
     FAX 0980・53・5081(電話は使用しないでください)
     携帯 090・1940・1563
   大西 照雄 [bingo@y5.dion.ne.jp]
  
 海の案内については
     辺野古テント村長 宛て    
     FAX 0980・55・3131
     平和丸使用の時は両方にお願いします。平和丸はヘリ基地反対協の監視船、調査船の役      割を果たしています。
     平和丸基金として独自の調査もあります。
琉球新報8月30日
県環境審が海域視察
スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。