スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真で見るー日米合意は紙切れ

大浦湾
 自然体験学習

 
台風12号から見る日本認識
 南を切り捨てると・・
台風12号発生、東に進んだ。台風は西に進むか、東に進むかどちらかになっている。大東島をかすめるようだ。面白い内容がある。台風状況は大東島から「日本の南に接近する」と記述されている。
 私流によれば、日本4島のことだ。大東は日本ではないか。
台風の進路は北緯20度以南から、つまり、アジア・太平洋的に記載しないと進路の予測できない、異常なのだ。。
 私は発生地点か沖縄近海に来ると予測した。
お盆の席で 「蜂の巣が高い所にあるから台風は来ない」
        「台風が来ないから海の草が少ない、山の栄養が流れてこない」
        「魚も少なくなっている」
 などの話を聞いた。台風は自然治癒能力も秘めている。たまには来ないと生態家の異変が起こる。
サンゴの白化現象も台風と関連すると言われている。自然現象も、政治の世界も南見ないと進路誤る。
 自公は沖縄政策誤って壊滅的打撃、民主党、沖縄政策「県外移設」、自主外交などで国民の支持を受けた。連立巡って社民党も「県外移設」弱めた感じ。マチブイ直す道は自然に戻すこと。
 南の天気の動き見ないと都市ゲリラ的積乱雲も台風の進路や影響範囲も無頓着になる。
 
 南をダシにして、南を切り捨てると自公の道が待っている。タイムスはやや、南政策のマチブイを指摘、新報は民主党の持つ矛盾(ブレ)への切り弱い感じ。

 大浦湾二つの顔
瀬嵩の海岸は湾に囲まれてカヌー体験、サンゴ体験で注目を集めています。「ジュゴンとサンゴの博物館」、リゾートホテル、カヌチャーベイは名護最大のリゾート、パー72のゴルフ今日で高校生の大会が行われます。現職のころ、ゴルフ顧問でよく回った。18番ホールからの景観は絶景である。

IMG_0003_20090904130821.jpg

パラシュート降下訓練
  イラク戦争反対を訴える。

 2006年、05年に軍民共用空港頓挫。新しい闘いに備えて生物調査、訓練を行っていた。SACO合意違反の海上パラシュート降下訓練を行ってきた。日米間の合意事項紙切れである。
 今週に入ってのゴムボート訓練、主権侵害。沖縄防衛局も無視できなくなった。サンゴ休み、シュワブの演習の実態を写真で見てみましょう。

IMG_0008.jpg
MC130
 から降下訓練

 伊江島ではフリーンベレー(陸軍特殊部隊)は3000Mから降下し、500Mで開く、海兵隊は500Mか降下する。シュワブは合意事項にない。伊江島までは陸上訓練は日常的にみられる。5人ほど降下して、また回ってくる。
IMG_20090904130901.jpg

平和丸撮影船に 

IMG_0001_20090904130923.jpg

 着水の瞬間
 海上に待機していたゴムボートが着水と同時に回収に訓練


IMG_0005_20090904130946.jpg

われわれの船、
  カヌーで抗議
IMG_0006_20090904131008.jpg

ジュゴン1号、反対協ゴムボート
  カヌー
 イラク戦争反対、SACO違反、新基地反対など「会話」、海兵隊もあわてることなく友好的か。
IMG_0004_20090904131031.jpg

日米同盟問題
  早い浮上

 民主党政権、生活課題(予算)でしばらく日米関係は置き去りかと予想した。早い浮上だ。
スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。