スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外務・防衛・環境大臣三位一体内閣?

  座り込み2000日へ
    秋のきざしが
 
 朝涼しい風、涼しくなったら現場に出勤しようと思いテント村へ、テントについて今日が水曜日とわかった。元衆議院議員古堅実吉さん、元県議宮里政秋さんが水曜日の席に座っている。毎週早朝ハンセン抗議行動に参加して午前中座り込みを続けている。左はヘイワセンター山城康治事務局長。
 偉大な先輩たちから学ぶことは、自己決定による継続の姿。哲学者カントの純粋理性、時計屋が時計の針をカントの散歩に合した話は有名。
違法アセス事後調査3日間動きなし。政治に敏感だ。
 まだ、まだ、残暑厳しく復帰は遅れる。
 テント村訪問者に新しい展望の質的広がりを見る。その新しい目については、いずれ、コメントする。
変化をみることは大切である。5年間の歴史を冷厳に現在の分析をすることだ。

今日、鳩山内閣成立という(16日) 
 連立政権、「再編見直し」、外務、防衛、環境大臣、三位一体布陣になるであろう。
16日夜、琉球新報から新内閣に対するコメント求められる。小泉の「辺野古見直し」の中で出てきた再編成、日米同盟と日米同盟基軸論にもとずく「再編成見直し」に、厳しい目を向けること、楽観も悲観もない。淡々と沖縄の闘いを作り上げる。

 レイモンド・グリーン総領事へ手紙を書く。(いずれ掲載)
              (9月16日13:30分)

001_20090916132818.jpg
003_20090916132843.jpg


<strong>無節サンゴ
  死せるものに唾

 04年11月26日、西那覇施設局長歩ーリング櫓建設でサンゴ礁破壊「サンゴが死滅して岩となったサンゴ礁と生きているサンゴは別」と発言、これに対し「子どものサンゴとサンゴが付着する無節サンゴは破壊に対象宣言」(『愚直』102)と、県議会に外間久子県議を訪問、その生命観の犯罪性を暴いた。
 

 このサンゴの写真今までと違うでしょう。
サンゴが死んでいます

よく見てください。サルノコシカケみたいな海藻、さまざまな藻が見えるのではありませんか。さかさまに泳ぐ魚の群れ、生きる海があるのです。モーツアルトのオペラ「フイガロンの結婚」最後の歌、原作には「王は死んだら骨しか残さない、ブォールテールは永遠に死なず」となっている。
 自然界は死は新しい生命の誕生であり、栄養でもある。この日(西発言)から、パリ革命前夜民衆がブォールテールは永遠に死なずと歌ったように、辺野古も、私たちが有利になってゆく。軍民共用空港崩壊へのレールが敷かれた。
IMG_20090915105659.jpg

 無節サンゴ
  ヒトデの周り

 ヒトデの種類は様々、辺野古漁港前の航路には砂と藻場に幾百とへばりついている。サンゴ礁独特に鮮やかである。ヒトデの手の下皿のような生き物、左に口のあいたのは何者だ。その向こうに宇宙ロケットのようなものなんでしょう。
IMG_0001_20090915105718.jpg
  僕に
   何か用ですか。

IMG_0002_20090915105901.jpg
  (写真撮影 西平伸)

  私が山の神、海の神の使い
    ウンジャミ(ウンガミ)

 9月15日は村の最大の神事ウンジャミ、塩屋のウンガミは新聞やテレビで放映される。安田はシヌグ、比地・奥間は山の神、海の神への感謝の祭り(?)、ほとんど、ノロが取り仕切る。
 母は94歳、高齢、各1門の長がノロに杯と貢ぎものをささげる。母の代役で私が受け取る。この日、私は山の神、海の神と人間との間を取り持つ。比地の神山さんと記念に、二人とも年をとった。
MKP_2202.jpg

緊急情報
 泡瀬干潟前川事務局長からメール
  前原誠二沖縄相「1次中断、2次中止」
       (17日、20時58分)





http://「基地」手腕に注目 新政権と沖縄2009年9月17日

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。