スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただちに事後調査中止を!ー無駄とは


教科書検定 県民集会
   9月29日(火)

華麗な花には毒が
 連日、那覇続いています。今日も大切な会議。みんなから知恵をもらいにゆきます。連立政権に浮かれてはなりません。昨日の集会で体を心配してくれる方いましたが、今、学びを力にすることです。軽自動車は疲れますが、乗用車はイイデスネー。金があれば・・・・。 
 
  海の舞姫ミノカサゴ
 
 港の岸壁を覗くと熱帯魚が見れます。ミノカサゴの華麗な舞に出会えます。このミノカサゴ毒を持っています。ヒレは毒と思ったらいいと思います。おいしいです。
 深海にはアカナーという鮮やかな猛毒を持った魚がいます。見た目にはおいしそうですがお汁にして食べたら確実に救急車で数日入院でしょう。でも、鮨のネタにするととてもおいしいです。伊江島に
専門店があります。行くたびに食べています。猛毒のフグが刺身の王様と同じです。
 岸壁角にたむろするのがアバサー(ハリセンボン)、アバサー汁は高級、私の青年のころまで、食べませんでした。アバサーの皮は漁師の家の魔よけで大きな口を開けていました。漁師の家では食べていたのです。魔よけにすると食べる人いないからだったでしょうか。
 美しい巻貝、イモガイは海のハブと言われる猛毒です。貝は背中で担いではいけないと幼いころ教えられました。イモガイはそれこそ美しいです。針に刺されたら一貫の終わりと言われています。
IMG_0005_20090917172851.jpg
      (撮影 西平 伸 )
これがイモガイの代表
  いずれ、貝も紹介。貝の種類の多いのも辺野古・大浦の生物多様性の特徴。
002_20090917181838.jpg

誰が海にオモチャ捨てたの(?)
   ウミウシの仲間(?)

 子どものオモチャではありません。海の生き物です。
IMG_0002_20090917172918.jpg
        (撮影  西平 伸)
 海のナメクジ(?)
   ウミノウシと聞いています。角が前と後ろにあるようだが・・・・?
IMG_0004_20090917173051.jpg

沖縄関係閣僚たちの発言から

 岡田外務大臣
  「環境影響評価(アセスメント)が終わると、次は予算計上の段階になる。年内がひとつの段階になる」「日本側からも提言していけるような対等な日米関係」(琉球新報18日)
 
小沢環境大臣
 「問題の論点の一つは環境と承知している。できる限り科学的、自然的環境を保護する立場から加わっていきたい」
 アセスの関与「結論はどうなるか分からないが」「タイムスケジュールを含めてきちんと丁寧にやっていかなくてはならない問題」(琉球新報)
 
北沢防衛大臣
 アセス手続き「マイナスになる話ではなく、重要なデーターで、やめる選択しではない」
 前原沖縄担当大臣(国土兼務)
  泡瀬発言早い決断、前原持論「代替なきフ普天間返還」論が辺野古でどう進むかどう進むか。
 
 コメント
  ただちに事後調査中止措置を、

そのうえで、準備書、評価書手続きを始めるべきだ。
 小沢氏1歩、踏み込んでいる。環境省は変わるか。現場からは防衛省と一体だ。戦略的アセス辺野古アセス中に出すか。金庫から出して国民の前に公開すべきだ。
 北沢「やめる選択」事後調査含むか。これアセス手続きではなく防衛省設置法4条19号、ただちに、中止措置を取るべきだ。「丁寧」とは無駄な違法行為をしないことから始まる。
 デモフライト評価書に生かせの新聞論調、閣議からも否定されますよ。老婆心ながら・・・。

無駄は現実を見なさいー藻場
  北部振興策をはるかに越える無駄3000億円


大西照雄さま
Tです。
こんばんわ。新しい時代がきますね。宜しくお願いします。

代替飛行場で埋め立てによる海草藻場消滅面積が66ヘクタール。移植の工事値段から価値を出してみると。計算に間違いが無ければ、
泡瀬干潟で大型海草を移植の値段が手植えで、63000円/m2、
海草を1ヘクタール移植するのに6億3000万円/ha
66haでは415.8億円。移植保全は到底無理です。
準備書によると辺野古周辺の現状海草藻場の面積が485.2haあると表-4.45(1)にかいてあります。
海草藻場だけで3000億円の値打ちがあることになります。北部振興策より多いです。サンゴ礁を含めると幾らになるのでしょう。サンゴ礁の海はほんとに宝の海です。
広大な提供水域は沖縄県民に返してほしものです。
       (17日受け取り)
 防衛局のダイバーはアリのように辺野古に金儲けの夢見ているか。誰が、どこで、改ざん、隠ぺいしているのか。

 来週から、藻場、アオサンゴへ

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。