スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマサンゴ(1)-沖縄本島ヤシガニ「捕獲」の誤解

教科書検定撤回県民大会
    9月29日(火) 6時 県民広場


     続き欄ー「伊江島の集団自決」掲載

大浦湾はサンゴの博物館
  ハマサンゴのコミニティー
 
 大浦湾ガイド
二見坂を下り、公民館で「二見情話」の碑に、沖縄戦中・戦後の収容所時代の歴史に触れ、大浦の干潟を大橋の日陰を散策するとシオマネキやトカゲハゼに出会える。橋の袂に水溜まりがあり、カニやハゼ、貝が石の下に生息している。作業ヤード予定地となっていた傾斜式護岸の石の下には様々なカニや生物が観察できる。
 大浦の集落から川沿いに上ると古い潮止めの堰がありマングローブが観察できる。林に入る時はハブに注意することが大切である。
 暦で干潮の時間帯がいいでしょう。
大浦を瀬嵩に向かうと直線の道路から塊状ハマサンゴの群落が観察できるでしょう。
 瀬嵩の浜に降り、岬を回ると嘉陽層の褶曲が鮮やかに浮かび上がります。岬には磯の植物が観察できます。10月下旬にはオキナワギクが蕾を付け、11月には純白の花が可憐に咲いています。
 この浜から辺野古弾薬庫の下に海の川(古大浦川)が流れ、ユビエダサンゴ群落とクマノミ城の群落、西の浅い泥地に動くサンゴの群落があります。
 アオサンゴ、ハマサンゴなどは船でしかいけません。
 
 ハマサンゴに見る
  大浦湾はサンゴの博物館

 マスコミ・サンゴ研究家案内している。船の上での会話から「サンゴの博物館」としばしば出てきた。
今日のハマサンゴの調査の写真である。本物のダーバー達の姿もサンゴ同様神秘的で美しい。
 一般的にコロニーと呼ぶけど、コミニティーとした。多様なサンゴや生き物たちが共同、支えあい生きているのだ。

 
IMG_0005_20090926165851.jpg


IMG_0002_20090926165917.jpg


IMG_0004_20090926170038.jpg

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。