スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新基地反対の明確な公約掲げー、口約で市民はだませないだましてはならない。

爆音・嘉手納統合案で揺れる街
 ハンデイー克服して青春の平和の祭典甲子園へ
    ベスト以上の力を出した嘉手納高校
  大人は何を 学ぶか


琉球新報・沖縄タイムスを読む  
  (新報1面、タイムス2面、)
「苦渋の選択」の白々しさ(島袋陣営)
   現行案の見直し(稲嶺陣営)
  「  危険な普天間基地はを国内どこにもいらない」(比嘉陣営)

 県民の注目は、何故、「革新」は候補をたてきれなかったのかについてであろう。一般的に言われる「選考会議」は解散である。
 8年前、宮城康弘氏は市会議員として勇気を持って立候補、4年前、我喜屋宗弘氏も同様である。まず、1点、県議・市議に勇気がないことである。
 宮城氏には「なごなぐ雑記帳」のブログがあって、名護市長選挙に所見(6)を述べている。この見地が「外部」からの一般的な見方であろう。どんな苦しい時にも辺野古に基地はいらないを貫いてきた宮城氏の心情が出ている。振興策バラ色の中で谷間の時期であった。
 今、有利な条件の中で現行案見直しで翼賛的な状況が進む、歴史は皮肉だ。9月4日、市民団体が民主党県連に申し入れしを終了したとき、喜納代表が「名護」と言いかけて、知事選に話題を変えた。
 名護市の議員の動きと関連して民主党の影を見た思いであった。民主党今日の新聞で稲嶺支持を表明した。
 名護には民主党、社民党、社大党の地方組織はない。つまり、政党間の調整や整理が効かないことも、名護の不幸の一つである。
市民団体まで洪水に巻き込まれると沖縄は終わりだ。
 
「辺野古ありき」の火種を消し
  小さな木を大樹に育てる
 タイムス・新報社説を読むと、今の沖縄のマチブイマチブイ(国政選挙中から使用)が見える。
 新基地反対の大地に小さな木を育て大樹に育てる。新基地反対の潮流を逆流させない道は比嘉やすし氏の勝利しかない。
IMG_20091101084503.jpg
普天間の移設先が争点ではない
  新基地は名護にも沖縄のどこにもいらない、きちんと、政策にするかである。日米政府の責任で普天間即時閉鎖・返還である。

  (タイムス記事にコメント)

自衛艦「くらま」と韓国貨物船衝突事故を
 辺野古から見る

 海上保安庁11管区は中城保安部を立ち上げ、平和丸1隻に巡視艇2隻、カヌー1艇にゴムボート2・3を配置、弾圧体制をとっている。今度の事故は右側追い越しの原則逸脱、しかも、狭い海峡で、左からの追い越しを指示したという。
 「宝の海」で、保安庁の巡視艇およびゴムボートの初歩的マナーの悪さを指摘してきた。とくに、旧「宝の海」(07年5月・6月)ごろの指摘である。
 米軍基地を守るために新たな巡視艇、ゴムボートの予算があるなら、真の意味での海上安全行動に予算を使うべきである。13人乗りの平和丸に大型巡視艇配置、滑稽であるが、海の安全と命を守るのが保安庁の基本的任務である。十数億のお金を本来の仕事に使えば、初歩的ミスは起こらない。軍艦が爆発したらどうなる。

(続きー星空9)
  

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。