スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真綿で首を絞めるー民主連立政権「辺野古ありき」ー予算凍結を

米軍・沖縄防衛局の動きから見る普天間・辺野古
 日米政府の軍事植民地オキナワ


「日米喧嘩劇場」報道
  「日米同盟の変革と未来」(05年10月29日)前夜と類似報道

 05年9月2日、ボウリング櫓撤去で軍民共用空港頓挫、当時の記録に次のように書いてある。
 「小泉首相の<辺野古見直し>は予想したように<辺野古内見直し>として、陸上案、浅瀬案と日米セフが「喧嘩」を演じている。日本政府にアメリカ政府と喧嘩できるほどの成熟した外交政策があると思っている人はいない」
 確か10月8日日経新聞は「政府の責任で妨害行為を排除せよ」と社説を書き、マスメデイアを誘導し、07年、自衛艦ぶんご投入、海上保安庁の強化となった。
 
 10月19日、国会外務控室で外務北米局長河相、防衛省大古防衛局長に会い、1966年の国防省計画での合意であろうと詰め寄った。卑屈な姿を見た。2プラス2は「日米同盟の変革と未来」(米軍再編成で本質ごまかす。)で辺野古沿岸案を合意、名護・沖縄知事選挙すべての候補反対を掲げた。
 V字2本計画のアセスを切った。連立政権マチブイマチブイ。
 本根は。
 ハイレベル(低レベル)の閣僚以下クラスの会議がアメリカで行われている。「再編見直し」は辺野古ありきである。
 在東京メデイアの辺野古ありき、日米外交危機論などを煽る報道で世論誘導に立ち向かわなければならない。05年以上に普天間・辺野古問題は国民の生活の中に入っているが、メデイアの戯画的
 報道、評論家の「よそ事」発言(身近な例では、佐藤優、新報土曜連載)などである、
  
 高江・辺野古から見る
   米軍演習・沖縄防衛局の動き
 高江審尋(仮処分)から1年、高江に行った。ヘリの訓練増加、防衛局の職員テント村撮影頻繁、
 辺野古の軍事訓練大浦湾で増えた。
沖縄防衛局の無能ダイバー(昨日のブログ新種発見)、違法調査頻繁に加速させた。昨日の海域生物調査船10隻、希少種、新種隠ぺい調査である。予算の無駄使い。コンサルタント「いであ」にただ金貢ぐようなもの。WWFJなどの環境NGO/NPOに調査させたら大浦・辺野古海域の地球が創造した驚異の自然がより鮮明になるであろう。
 無能なダイバーに国の予算ただで上げてはならない。旧ブログに「いであ」のライン調査、魚を追い払ってビデオが後ろから来る。メタクチャな調査を批判している。
 追い払えば、カメラに何も映らないのである。
 
国会議員、こんな点から正すのも大事である。まだ、環境省、アメリカ恐れて動かず。
 来年度予算、辺野古関連・思いやり予算など重要だ。
 辺野古アセス・埋め立て予算削除・凍結を目指す。

防衛省予算民主連立政府計上の新聞報道。名護市長選挙前に評価書広告縦覧して、埋め立て申請へのシグナルを知事に送り、知事も望んでいる。下記、新聞、仲井真知事の鳩山への要請。闇の首相小沢と岡田会談。

 
沖縄の新聞(26日)
琉球新報

 「社民―グワム・硫黄島検討をー普天間移設官房長らに要請」(1面)
 「読谷村ひき逃げー起訴前渡し要求せず」
 「日米担当級が協議」(2面以下同
 「平野氏も来月来県」
 「普天間関連予算計上もー<米国に配慮>社民反発」
 「普天間移設―最終決定前に説明をー仲井真知事」
 社説「米兵出頭拒否―県警は引き渡しを求めよー捜査遅滞が解明にあく影響」
 「読谷ひき逃げで抗議決議―那覇市議会」
沖縄タイムス 「普天間移設予算を計上―防衛相凍結<ありうる>(1面)
 「迷走普天間―13年の内実(5)」連載(2面以下)
 「新基地反対決議―南風原町議会」
 「普天間早い時期に結論(鳩山首相、知事会)
 社説「大浦湾新種発見―海域の多様性こそ財産」(5面)
 「アオサンゴ群集大浦湾46パーセント白化」(28面)
IMG_0001_20091126101240.jpg

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。