スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000年暁の集会とキャンドル土曜集会

勝利を誓った10年前の暁のテイーダ
陽気な太陽に誘われて
 辺野古テント村
 この2週間、寒い地域を旅して、温かい心の人たちにあった。沖縄も寒波の来襲で寒かったが、昨夜は沖縄の教育をともにした熱い集会があった。
 この2週間、米軍の海上訓練、射撃演習がひどく、住民から苦情が出たためか、今日は銃声が聞こえない。調査船出たようだが辺野古には見えない。
 海上では海兵隊がカヌーをこいでいる。(小さな点)
統一連事務所より、ビラをもらい、ヤンメームンのできる範囲で配る。


004_20091222121309.jpg

キャンドル土曜集会
 キャンプシュワブ第1ゲート
  参加しませんか(2009年最後の土曜日)

 毎週土6:00
 04年から、渡具知さん家族を中心に始められて5年、辺野古の「愚直」の一つ。私はいくつものことに手を突っ込む事できませんから、最初から参加辞退してきた。
 確か、02年韓国議政府の米軍基地で二人の少女が轢殺され、アメリカ大使館前の抗議行動から学んだ。辺野古でも1999年大みそか、暁の松明リレーを摩文仁から「平和の火」駅伝を行い、松田浜、瀬嵩浜、長島に灯した。
 私の『愚直』にアピールが掲載されている。

002_20091222115158.jpg

 2010年の日の出
   あなたはどこで見ますか


2000年平和発信アピール
 ちゅら海に基地はいらない 
  わしらは人柱になっても
   新たな基地は作らせない
我らは
武器を楽器へ 心に「花を」をと
平和の歌を歌い辺野古の浜に集う
  2000年の暁の陽光が
  我らの頬を紅く染め始める今
  水平線に浮かぶ雲は7色に変化し
  ニライの海から真っ赤に輝くテイーダは
  我らの確信に満ちた心を一つに
ラグーン(イノー)の海は
ジャンヌの林
腹一杯に朝食を摂ったジュゴンの親子が
テイーダ輝く大海原に
安らぎを求めて泳ぎ行く
辺野古の豊かなラグーン
干瀬のサンゴの森に
タツノオトシゴの親子が
わしらの干支の年に
棲みかを奪うなと身を寄せ合う
熱帯魚も
今眠りから覚めて
タツノオトシゴの回りに群れて舞う
  海の生き物たちの命の場所イノー
  地球の生命の故郷 母なる海
  我らの2000年の元日
  命(ぬち)ど宝 島の文化を歌い続け
  心と心の絆を深めた
  戦争屋と死の商人どもが
  母なる海の生命を奪わんとした1999年
  人柱なっても
  ちゅら海、ちゅら島を守ると闘う
オジー・オバーたちのさししめす道
それは 自然と人間が共生する21世紀
世界の潮流

21世紀を告げる2000年の夜明け
平和の礎(いしじ)でともされた灯は
瀬嵩の浜に燃え
サバニ漕ぐ若き漁師の櫂で
闇の海に浮かぶ長島
辺野古の松田浜に
火柱となって燃える
二見坂を越えるタイマツは熱く燃える連帯のタスキ
2000年の元日
キャンプシュワブは
平和の火で
包囲された
  我らは2000年の出発の日
  美ら海の水平線に輝く
  暁のテイーダに誓う
  美ら海 美ら島に基地をつくらさない
  ジュゴンよ
  ともに生きよう
  平和こそ我らが豊かに生きる道
  勇気は歴史を切り開く力
  我らは高らかに
  辺野古のちゅら海に基地はいらないと
  世界に発信する
辺野古の海に輝く太陽よ
勝利は
我らの 頭上へ
  ヘリ基地反対協議会暁の辺野古集会(2000年元日 記、朗読、大西照雄)

    『愚直』から
続きー名護市長選挙の情報)

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。