スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年テント村ハチウクシー(初興し)

日本晴れ
 雲ひとつなくテダと輝く辺野古
2010年の初日も数年ぶりであった。今年はいいことが続くと書いた。年末年始はグズツイタ空。正月の陽光は全国に報道された(テレビ朝日)。テント村ハチウクシーの4日、雲は一つもなく輝いた。ニライカナイノ神の座る島から慈悲に満ちたテイーダが。
  「沖縄の方言で太陽のことをいう。世の中や人々を照らし明るくしてくれる神もテダ(テイーダ)という。人を射  すくめ、威圧し、むしろ人を寄りつけない感を与える物体としてのテダ(太陽)は神としない。大きく円満にし   て、慈悲に満ちあふれ輝いている暁の太陽、時には夕べの太陽が神としてのテダである。我々を慈しみ育ててくれ  るのが(ウマテダ)(アサテダ)で民衆を威圧するのではなく愛護してくれるのが(テイーダの子)である。
    (拙著『沖縄の太陽物語』、沖縄百科事典から引用)

003_20100104175318.jpg
  (テント村8:00)
 大根のオツユが
  出来上がりました
 昨晩、豚のダシ骨(ツキニ骨=背骨)のアクをとって、大根・昆布・チンヌク(サトイモ)を入れて出来上がり。旧暦の頃は正月は豚。正月豚を各家庭で1頭潰し、塩漬けにして春まで食べたものだ(市場でシーチキー買って食べてみてください)
 旧正月にもう一度やります。沖縄の伝統の再現をしてみましょう。それまで辺野古決着でできないか(?)


009_20100104175332.jpg
  やっぱり大西先生だ
   「ハブヌチブル」(ハブの頭)
 商売しょうと、与那覇岳の麓の農園に300坪ほどラッキョウを植えた。体調悪くして放置している。
 正月に掘り起こして昨晩塩漬けした。オジー・オバーに食べてもらおうと出した。
 嘉陽のオジーが
 「さすが、大西先生、辺野古の歴史を調べて「ハブヌチブル」を出してくれた。ありがとう。ウヤファーフジー(祖先や親)が、正月に魔よけで食べさせられた「ハブヌチブル」、辺野古の闘いで忘れていた。ありがとう。ありがとう」
 と、辺野古の正月の風習を語ってくれた。
ラッキョウを「ハブヌチブル」は初めて知る。偶然が重なったと説明しても、嘉陽のオジーは納得しない。博学でいるか。(?)ときどき偶然が重なってオジーに褒められる。

011_20100104175344.jpg
  (ハブヌチブルを配る節子さん)
 アメリカの恫喝に怯えるな
  逆に「恫喝」外交に転じること
 昨年8月のアジサシ観察以来海に出てない。兵舎などの建設が進んでいる。護岸もでき、船を下ろす道路もできた。
 全てアセス逃れ、思いやり予算である。特に海兵隊不要論が1995年代、その声も論もジャーナリズムの世界で聞こえなく、海兵隊8000人がグアム移転、この日本、むしろ、海兵隊抑止力論で鳩山政権に八つ当たりしている。
 このブログで在日米軍を「銃とパンのみ」と乞食性を指摘している。思いやり予算などがなければ米軍はアジアで軍事プレゼンスはできない。特に海兵隊は典型的である。
 むしろ、日本は「恫喝」すべきだ。冷戦の時期ではない。誰に、どこに、抑止力だ。アメリカにとって日本への魅力は「お金」と対米関係を固定的にみるマスメデアの存在であろう。海兵隊に豪華なリゾートまで作ってあげる。不思議な国日本が見える。
知日派的に見るのは止めにしたら。ブッシュ政権もオバマ政権も同じ顔、たかが一つの基地問題で「日米外交崩壊」などと日本沈没的に大げさな姿は貧弱外交ではないか。辺野古海に出ると思う。知日派という言葉は死語にしないといけないと思う。
021_20100104175356.jpg
きれいな海に・・
 小沢一郎ですら・・・。
 教のテレビ朝日で、全国3人の知事への新年のインタビューがあった。仲井真知事には小沢一郎の「きれいな海」についての感想。
 きれいな海だけではない。生物多様性に満ち溢れた海。権力の亡者といわれる小沢でも「きれいな海だ」と言う感性を持っている。
 この感性がないのが小池百合子元防衛大臣、名前は出ないが元女性の閣僚、それに、岡田外相だ。ラムズフェルド米国防長官も「きれい」と言った。

022_20100104175415.jpg
 (青年隊を平和丸に乗せて、遊ぶ)
スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。