スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出てきた国益論ー産経新聞高橋昌之政治記者

5・15普天間包囲「人間の輪を成功させよう
  全国連鎖集会を呼びかけます。鳩山に、レッド・カード、「骨のない民主党にエロー・カード」

    
   「思いやり予算」削減の声を
    普天間・閉鎖全面返還
    日米安保を日米友好条約へ
    東南アジア友好条約2条と9条の結合


鳩ポポ
 また、沖縄に来るの
 また、沖縄に来る?7日の朝刊に出ていた。それが、事実なら、鳩山は人間でない。「4月28日」(民族屈辱)に県内(北緯29以南)を発表、5月15日(屈辱的沖縄返還―私の誕生日も)に的を絞る。しかも、16日は「人間の輪」。
 人間のすることか。歴史を知らないではなく、確信的、理性的、合理的に沖縄の分断を狙っている。「友愛」「お詫び」の慇懃さ、冷酷さが見える。
 すし屋で常連のみなさん「鳩ポポは休ませてはくれませんね!」とあきれた顔、巷では鳩山首相「鳩ポポ」というのだ。早速、ネット開いて見た。替え歌があった。
  【鳩ぽっぽ】
ぽっぽっぽー、鳩ぽっぽ
金が欲しいかそらやるぞ
みんなにばらまけ子ども手当
ぽっぽっぽー、鳩ぽっぽ
小沢が怖いかそら逃げろ
ママと宇宙に飛んでいけ
 
 替え歌があった。小沢は「コガネムシ」、「ぽぽ」はマザコン首相でかわいいが、鳩ポッポにはカンボジアのポルポトとダブらせているようだ。
 私は「ハトポッポ」が正しいと思うが、鳩山の5・15再来沖中止になったので、この程度で控える。「『普天間』大迷走―民主党に骨はないのか」(タイムス社説7日)は面白いから勧めます。
IMG_0006_20100507113849.jpg
 (辺野古の浅瀬にはクマノミなど楽しく遊べる。でも、ほどほどにしよう。人間は最大の敵、人間に気を取られている間に海底では天敵が子どもを狙う) 
 
在沖海兵隊抑止力論
   崩壊の始まりー岡田・北沢
  北沢防衛―「仮定の話や一般論で数値的に言うのは不可能」
  岡田外相―「沖縄にいなければならないというべきではない」
 鳩山首相の沖縄での発言の柱「日米同盟と抑止力」を学んだ結果であった。鳩山が学んだ抑止力は、抑止力の急先鋒であった北沢とは別の学びであった。
 そもそも、1990年代、海兵隊撤退論が一般的であった。抑止力は「日米合意重い」論が崩壊して浮上して来た。NATOでは核抑止力ですら通用しなくなり始めている。沖縄を「万国津梁の国」といい、アジアの「平和の架け橋」とならんとする。名護の「万国津梁館」(サミット会場)は戦争への架け橋に走ったが、10年後の今・・・。
  
「万国津梁の鐘」の文字(第1知事応接室の屏風)
琉球国は南海の勝地にして
三韓の秀を鍾め、大明を以て輔車(ほしゃ)となし、
日域を以て唇歯(しんし)となして、
此の二つの中間にありて湧出せる蓬莱(ほうらい)島なり
舟楫(しゅうしゅう)を以て万国の津梁(しんりょう)となし、
異産至宝は十方刹(さつ)に充満し、
地靈人物は遠く和夏の仁風を扇ぐ。
IMG_20100508102433.jpg
 宮里政玄氏は我が師
  鳩山由紀夫の師は岡本行夫
 
 私の大学時代の指導教官は宮里政玄氏、当時、琉球大学はゼミがなかった。抗議を受けただけである。

 宮里氏が、岡本論文から抑止論、海兵隊撤退(日本の要求があれば)など紹介し、鳩山の沖縄政策を批判している。
 岡本は橋本内閣の沖縄担当補佐官、小泉内閣の内閣官房参与と普天間問題を担って来た。いわば、日本版キャンベルである。鳩山は寺島実朗から岡本に乗り換えたといわれている。その岡本の海兵隊論「出て行ってくれと言えば、海兵隊は去るであろう」「日本の無人島守ためにアメリカと戦争する可能性はない」と書いているようだ。
 私は、民主党の「日米合意見直し」は、小泉が「辺野古見直し」で巨大なV字現行計画押し付けてきたように、最初から辺野古ありきと批判している。名護市長選挙で基地いらない候補を擁立し、また、統一への道を歩んだ。
 
日本もアメリカもSACO以来、同じ、顔ぶれ、日米安保に国民の目がいかないために、海兵隊日米同盟重要論、抑止力論で、国民を「洗脳」しようとしたが、次々に、米国従属の醜い姿、非人間性が晒している。

同紙面に佐藤優「土曜評論120」が載っている。佐藤と岡本は刎頸の中であると聞いていると同時に共著も出ている。佐藤は沖縄の「味方」と装うっているが、岡本同様外務官僚である。
 
 佐藤は政府の抑止力に「付き合わなければよいことだ」と書いている。官僚は頭がいい、総論よし、でも、各論になると要注意だ。抑止力で沖縄に基地を押し付ける。沖縄県民は政府の抑止力論がいかに根拠のないものか、学者も県民も日本全国に挑んでい入る。
 
佐藤は00沖縄大使を沖縄の味方と書いて、00大使は沖縄侮辱発言し、翌週、佐藤はいい訳をした。オバマに手紙を書けば効果あると書いて、沖縄を小学校生並みに書いた。
 
 宮里氏が「『チルダイ』」は絶対禁物」と結んでいるのは、日米政府のみならず、評論家、ジャーナリズム、メディアに対しても批判を怠ってはならないと言っていると思う。
 SACOから一貫して、沖縄に基地を押し付けてきた岡本、その刎頚の友、佐藤の岡本論を知りたいものだ。

産経新聞
  国益論の貧弱な姿

 私は、抑止論が根拠失うと、国益論が浮上すると書いてきた。8日の産経新聞電子版に政治記者高橋昌之記者の長い記事が載っている。うって、代わって、鳩山首相褒め、国益論展開している。国益論は産経がプライスリーダーとして、メディア界をリードするであろうが、底が知れている。予測にたがわず出てきた。
 日本の片隅の老人の指摘のように、展開する大手新聞、他社の論理も国益論で走るのか。興味がある。貧弱だ。
 沖縄から見ると、実に面白い日本だ。
  「日米合意重い」論から、抑止力論・・・など、崩壊して、そして、今、国益論。全く・・。この記事本当に面白いのだ。産経だから当然で読むのではなく、日本メディア、評論家、ジャーナリズム含めて読む価値あり。

IMG_0001_20100508134446.jpg

 沖縄は梅雨に入った
   赤道越えてアジサシが来た
 7日、沖縄は梅雨入り、恐ろしいほど雨が降った。辺野古からアジサシが1羽来た報告受ける。長島・平島への上陸、テント村は控える。09年は400羽以上になった。私の観察では6年間で最高の繁殖であった。沖縄防衛局準備書では沖縄沿岸の小さな群れの一つで、「重要な繁殖地と思わない」と記述されている。
 
私はベニアジサシ(ベニ)、エリグロアジサシ(エリ)の区別も知らないで観察していた。エリグロアジサシが準絶滅危惧種であることも知った。雛も見た。若鳥たちの飛行訓練、餌取り訓練も知った。
 沖縄でエリの繁殖地約20地、辺野古の繁殖場所4、エリのコロニー約12羽、まさに、「小さな群れ」で、重要な繁殖地であることも知った。
 
 私は、小さな問題(現場)から闘いを挑んで来た。アジサシの生態に今年も挑みたい。野鳥の会などが協力してくれたらいいが、昨年も望めなかった。政治との関係は難しいのであろう。磯の生物についても教育団体に文書でお願いしたけど、なしのつぶて。自分でやる以外にない。

IMG_0006_20100507113849.jpg
 (埋め立て・くい打ちで殺されるクマノミ?)

 (続きー環境審査会への意見ーアジサシー長い意見書?)

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。