スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルース代官先陣、カンの「慰霊の日」後詰ー本性の日米ー庭散歩

未明の公開失敗


 新聞読む


その1、
  ルース代官(米駐日大使)ハトカン内閣の先兵として18日、沖縄訪問、昨日の情報では8月、ハトカン内閣の「頭越し」か、それとも、カン首相の特使、仲井真への「褒め言葉」(?)、「殺し文句」(?)
新聞記事読むと、政治、経済、教育など多岐にわたり、表敬訪問ではなく「国内視察」の内容である。


 ルース代官の次に、6月23日(慰霊の日)、カン首相が来て、前原、岡田、北沢となるか。まさに、逆立ちした政治が見える。
  ルースは血もって奪い取った米軍の歴史を讃え、沖縄基地を死守するオバマの決意を伝え、末端の兵士を激励するであろう。
   カンは、国体護持に命をささげた死者を讃え、沖縄県民の生きる宿命は、安保の楯となれと、死者を利用する。  カンは冷徹に言葉を選び、巧みな論理で、殺された者への尊厳、微塵もないものになると推測される。「鎮魂の    夏」への冒涜、非人間的政  治と人間尊厳の闘いとなる。
  
   アメリカが先道、日本政府が後追い構図、明確になってきた。この卑しき日本の政治が、具体的に見えてきた。
   なりふり構わずのアメリカ。米軍基地に日本のお金を、今以上に注ぎこませる。ルース代官が沖縄経済まで口に   し出した。いや、全く、「コジキ軍団」の代官にふさわしい行動か。
 
沖縄県民が進む道
  日本国民に示す道
 赤旗日曜版(6月13日、4面)に、潮平芳和氏(琉球新報編集局次長)が、毎日・新報世論調査分析しています。とても、簡潔で分かりやすい。お勧めします。

IMG_20100611155550.jpg

   
  来週から在沖米軍は、カンへの抑止力を行使して動く、動きをきちんと見よう。

その2
 山城博治氏、社民党推薦で沖縄選挙区に立候補報道。沖縄の民衆運動にとって惜しい。テント村・高江の現場より政治家選んだか。民主党と共同の道になると、これまでの歴史との整合性問われる。
7月から高江が始まる。山城氏とともに現場で踏ん張った。現場を去るか。昨日ブログで推測したが、事実となった。残念。沖縄防衛局喜んでいるであろう。去る者追わずが、私の信条。
歴史の一齣と思えばいいか。

 その3
 東村議会「ノグチゲラ保護条例」制定、「騒音など出すなどの生息を脅かす行為も禁止」で、罰金30万円、ヘリパット建設認めて、ヘリはどうする。どうも理解できない。大宜見村議会(昨日ブログ)が解りやすい。

 マチブイマチブイのきざし、こんな時は身も心も自然の世界に置くことだ。近代政治学は「自然に帰れ」から始まった。雨が降るので庭の自然に浸してみた。
  (マチブイとはもつれ)

 磯や里山
  庭の花に心を浸して(その1)
 梅雨の残り、空も政治モ曇っていて、時折、シトシト泣いている。辺野古から帰る道、月桃の花、イジュの花散り、道路の草むらに野牡丹が映える。
 庭の草花とともに遊ぶ。

017_20100611103658.jpg
(道路のノボタン)


019_20100611103723.jpg
   (庭の白い野牡丹)
073_20100611103839.jpg

074_20100611105750.jpg
   (冬に植えたインパチエンス)
075_20100611103910.jpg
(冬に植えたペチュニア)
(続きー磯や里山 庭の花に心を浸して(その1)


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。