スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去から学ぶー長い日記になった。我慢して呼んでネー

米軍再編成(日米政府・メディア・ジャーナリズム)
 米軍再編成(日米合意)序曲(2)



  日米合意序曲(2)-自然と生態系の調査

IMG_20100707084106.jpg

  米国防省に踊らされる日本
今日の新聞、沖縄タイムス「陸上案こだわらず」「シュワーブ沿岸も視野」、琉球新報「新たに沿岸案」を柱に報道。在京マスコミもオンパレード。
岸本市長が久志3区に打診し誘致を決定した浅瀬縮小案は国防省の設計「小さく作って大きく」で、代替施設協議会で岸本自ら反対したものが明らかになった。与党にも説明せず、名護市議会半数の議員が異議を唱え、与党内に軋みが起こっている。
日本の外交が米国と喧嘩できるほど大人ではなく演出と書いた。あまりにも米国追従だから沿岸埋め立て案をだしてきた。防衛施設局の職員は潮の干満も知らない、まして、沖縄の海について無知で机に向かって地図に線を引いて暇つぶしをして、上に報告しているのであろう。大浦湾はユビエダサンゴの群落が白化現象免れ、日本でみられるすべてのミモ(クマノミ)が集中して生き、海の体験、平島自然体験ツアーが広がり、巨大リゾートホテルが賑わいをみせ、キャンプシュワーブより雇用は多いのだ。
琉球新報も政府与党の検討は「机上の空論」と県内移設に終始する政府の「非現実的対応」を批判する。どの案も10年以上かかるのだ。
外務省、防衛庁、領事館に要請した際、日米政府は沖縄の意向を無視して、米軍再編成で普天間を辺野古に閉じ込める方向に向かっていると警告した。
浅瀬案を地元建設業界の「新しい案」にしたて、岸本市長に進展しない軍民共用空港の壁に「風穴」をあけさせる工作をしたと思われる。国防省に踊らされる日本。
名護市長選出馬意向の我喜屋宗弘氏「浅瀬、内陸とも反対」と報道(琉球新報)ですが、現在、立場上コメントは差し控える。(老人性早起き症6時)

    県民大会開催
基地の県内移設に反対する県民会議は、10月30日午後4時与儀公園で普天間の県内移設に反対する県民大会を開催することを決定した。
沿岸埋め立て案は辺野古弾薬庫と結合し大浦湾を軍港とする。滑走路の東端は水深20mが大浦湾奥まで続き、入り口は水深50mの深さ、入り口幅150mで空母、諸艦船が入港出来、米軍が手に入れたい、軍民共用空港でケーソン式護岸のバースを失ったものを米軍は手に入れる。米軍専用空港は普天間の機能の比ではない。「小さく作って大きく広げる」性格を秘めている。米軍は大浦湾軍港計画を過去に持っていた。
県民大会は米軍再編成を睨んで沖縄県民が総決起することが望まれる。特に、野党の各級の議員は選挙並みに後援会含めて立ち上がるべきであろう。
IMG_0002_20100707084117.jpg
  
生態系の豊な大浦湾
 昨年のこの時期、蟹の恋の旅路を書いた。森の沢から上海カニの仲間、タハンガイ(サシバの時期に産卵に海に降る)がイノーに降り生涯を終え、稚魚が川を遡上する。大浦川、汀間川はじめ小さな川から数万のカニが大雨の流れに乗って川を下る。大浦川の水は辺野古弾薬庫の近くを流れ、辺野古岬へと深く太平洋に注ぎ、内側は広い浅瀬となり、海溝沿いにユビエダサンゴの群落、浅瀬に浜サンゴの群落を形成、広い藻場が海の草原をなす。沿岸案の東先はジュゴンが撮影された場所である。
 日本人のエビ好きが東南アジアのマングローブを破壊していることは高校の社会科、英語の本で学ぶ。大浦川河口にはマングローブの密林を形成する。修学旅行で生態系を学ぶ場所、今日も東京の高校生が約30人体験学習を行なった。軍民共用空港の作業ヤード埋め立て(30ヘクタール)の計画場所、すでに、九州QABがユビエダサンゴ、アジサシの群れを放送した。生態系破壊に血眼になる日米政府、IUCNの勧告無視、生物多様性の豊な大浦湾、そろそろ、これまで蓄積してきた調査報告出すときが来たようだ。
 小池環境破壊大臣、小泉との結婚話題になっているが「辺野古見直し」のために幾度か沖縄に来て、名護詣でをした。日米政府の特使として岸本市長にアメリカのメセンジャーになることを要請したかも知れない。これから、街頭演説(3:30)10・13

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。