スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々とのふれあいー獅子の舞(ウムケーの日に過去・現在)

 ウムケー(祖先をお迎えする)
  
「民主党代表選」劇場―メデイアの貧困
 1昨日の感動、そして、日韓併合条約100年、様々な思いのある日、昨日から旧盆、ウムケーの準備、お供えの果物などを買い国頭の実家へ、長男の役割だ。すべての準備をしてテレビを見ると「民主党代表選劇場」、まったくもって、メデイアの貧困、私は今の社会を「政官学報」と規定、マスメデイアを中心に政治の貧困を生み出している。
 カン内閣を長期内閣にする意図的垂流しと思っている。
 8月日米専門家で辺野古海域計画決定といいます。
 メデイアは「現行案」「従来案」と書きます。「案」の段階で環境現況調査できないでしょう。赤旗まで「従来案」です。我々は、1998年以来、さんざん、「バリエイション」(範囲内)を打ち破るために総力を挙げてきた。
 I字であれ、すべて出てくる「案」はバリエイションの範囲、「案」の呪縛報道は本質を誤らす。仲井真知事の「厳しい」は「辺野古ありき」のバリエイションである。この混乱が戦いを混乱させ、ゆがめる要因だ。
 「案」はない。辺野古ありき、メデイア・ジャーナリストの環境アセスの不理解が、混乱を助長している。環境アセスの行政解釈はV字もI字も同じなのだ。
 政府も知事も、単なる「埋め立て」問題にしてきた、して行く、泡瀬が辺野古と一体と指摘される。浚渫と埋め立て問題にすり替え、防衛局は砂から「泥」に重点移した。羽地湾浚渫、泡瀬浚渫と土地造成、泥砂地不要論に立てば、基地建設は沖縄の「泥砂」で調達できる。泡瀬は護岸工事の最大に作業ヤード、フロテイングドッグ(東京湾に停泊いっぱい)は、台風銀座沖縄では危険が大きい、だから、泡瀬浚渫、埋め立て急ぐ。
 「案」連発で本質隠される。大浦湾に夏から秋、フローテイグドッグ(ビル6階のコンクリートの箱舟)、600Mつくる、係留可能か、04年から05年スパッと台船滞留できず、泡瀬に避難した。
 フロウテイングドッグは泡瀬を基本基地、天気がいいと大浦。羽田近辺に遊んでいるフローテイングドッグ少なくありません。杭打ち滑走路近くに見えませんか。マリコン・ゼネコン争奪戦が見えます。

 お盆から1週間は静かにしたいが、あまりにも、ひどい報道と思う。こんな政治評論、日本の政治学の情けない世界だ。

 八重山の旧盆 沖縄タイムス グソーも興南勝利祝う(下記URL)

 中南部はエイサー
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-23_9515/ エイサーで
   家族・地域の平和、安全、幸福を祖先とともに
 やんばるは羽地から南はエイサー、大宜見、東、国頭にはエイサーはない。

 私の家では獅子舞
  数百年も続く
 国頭村奥間では、私の実家で獅子舞が行われる。私はこれから1月間神事に関係してくる。ウフクーイ(祖先送り)も獅子舞、28日はウンジャミ(ウンガミー山と海の神に感謝する神事―塩屋の海神祭は有名)に神人、9月21日(旧暦8月15日)は大綱引き(戦後最も早く復活昭和21年)、この日は、国頭サバクイ、ウシデーク(古謡―おもろ?)、獅子舞など島の総合的な伝統が披露される。
 
CA3A0028.jpg

CA3A0033.jpg
 (カメラのフラッシュ弱い)
 沖縄戦で行方不明の奥間獅子
  昭和20年の旧盆には復活した
 奥間獅子、沖縄戦で消えた。獅子を安置した神屋は焼けていないから、米軍が持ち去ったであろうと村に伝わる。村の先人たちは獅子から復元した。幼少の記憶の中に、復元した大工さん、刻まれています。復元して間もなく経って他界しました。
この獅子は65年になる。沖縄でも古い代表であろう。
 NHKなどの外部での獅子舞はレプリカを使用し、本体は絶対に持ちださない。すでに、いくども、書いていますが、祈りの神器(ネックレス、ヒスイの勾玉など)は、収容所の責任者、ラブレス中尉が母から奪った。領事館にラブレス中尉の娘、ラブレス・マリコを探しって欲しと3度手紙を書いていますが、なしのつぶて。
 獅子舞にしろ、古謡の舞は神事であり、本来、演技場でやるべきことではない。日本は「ケ」と「ハレ」がある。
 本来、サンシン文化に入る前の古謡は、祈りであり、御願であり、写真などと無縁の純粋生を持つ。ですが、カメラマンなど芸術と称して被写体とする。カメラマンなどの作品に我が家に関する写真は少なくない。しかし、この写真、送ってきた民族学者、カメラマン一人もいない。
 今、これらの神事が危機にある。比地・奥間ウンジャミを撮った方、写真を送ってほしいと思うのです。私の母などから音楽大学の学者が幾日も録音した学者もいます。我が家にないのです。
 占領軍は文化を略奪、学者は・・・・・。
 ノロを演じるために、ノロの祈りを学んだ有名な女優は、はがきもよこさなかった。この女優がテレビに出ると母はテレビを消す。日常の生活、毎日、「ハレ」をさせられた日々、母の辛さ、家庭を侵害される子の立場。
 こんなことを思ったウムケーの日でした。
 母が神事に出られない高齢、私は代役にはなれないが、場に居たい。
    9:55更新

お礼
 yama-mayaaさんコメントありがとう
 私、パソコン音痴、御返事できません。
 コメントくださるみなさん、忌憚のないご意見など感謝します。

沖縄タイムス「大弦小弦」
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-22_9498/
米軍犯罪頻発タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-23_9519/
八重山のお盆
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-22_9508/
スポンサーサイト
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。