スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基地問題の解決に役立つ仕事がしたい
  3万人の市民集会であいさつした島袋用奨・慶田城君
以前にも書きましたが、甲子園で優勝した島袋投手、沖国大ヘリ墜落の市民大会であいさつした。我如古主将「県民とともに勝ち取った」含めて、感動した。
 赤旗日曜版(8月29日)に、市民集会のあいさつ、「平和宣言」の要約が掲載されている。
 「人と人が信頼し助け合うこと」島袋少年
 平和宣言
 「フエンスの向こうにどんな未来があるのか、私たちの未来(中略)世界中の人が互いに理解し合い、争いのない平和な世界を」慶田城少年朗読、
 春夏の甲子園の試合に「信じ、確かめ、決意」が貫かれていた。
 少年の夢、深い感動だ。
 「平和宣言」の全文がほしい。

 
無題
沖縄議員懇談会
 辺野古視察
 私が純粋に撮ったカメラ
ヤンメームン(調子悪い)、国会沖縄懇のみなさんが、シュワブ・辺野古テント村くるので、日中、カメラに収めるために出かけた。

 2:30分、バスがシュワブゲート前に止まった。
超党派の沖縄問題議員懇談会の一行が、数年ぶりにテント村も訪問する。
DSC00053.jpg
 バスに入らせていただいて、糸数慶子、玉城デニー、照屋寛徳議員カメラに収めた。
DSC00055.jpg
DSC00056.jpg
DSC00057.jpg
 CH46ヘリ警戒態勢でいくども旋回


DSC00060.jpg
 2:45にバスが基地に入った。

DSC00065.jpg
 
テント村
 命が宝
 テント村行くと、テレビ、記者であふれている。県内の市民団体の幹部も来ている。県内の大学生も海体験している。東海上に巨大な雷雲が急激に発生、ゴムボートの船長、学生乗せて出ようとしている。
 「出航停止」と叫ぶ
記者の群れから
 「なぜ止める」と大声で叫ぶものあり
 おそらく、出航シーン、テレビに収めたいのであろう。
 「命だ」
 「雷は海の最大の敵!」
と、私は叫んだ。
 風強まり、雨激しく、雷がゴロゴロ、典型的な熱帯スコールだ。記者たち漁港の建物に雨宿り。この間20分。

( ニユースステイション見ると落雷だと思われる火災発生している。海ではカジマーイ、雷(風まわり、雷がどんな権力よりも怖いのだ)
 海の行動の責任者である私の断固とした姿勢である。
DSC00068.jpg
 女子学生、テント村で学習。
 雷雲去って海に出た。終わってまた、雷雲発生。
 
DSC00070.jpg
 福島瑞穂女子
  一人現れる
 突然、基地に入ったと思ったら社民党福島党首テント村へ、メデイアの注目集める。
 「瑞穂さん得したネー」は私が発した言葉。福島党首シュワブ組が来る前に帰った。

DSC00075.jpg
 議員懇のみなさん
 テント村に着く
 安次富浩代表委員、今日の沖縄タイムス、琉球新報配り、カン首相、前原・北沢の批判(昨日のブログ内容)
 など約5分、訴える。
DSC00085.jpg 福田女史
  座り込み掲示板見て、神妙にしている。女性議員は私の娘の年齢に見えた。服部良一議員から話かけられる。
DSC00104.jpg
 なんだこれは
  また、普天間・辺野古利用か
 

なんで、民主党総裁選・小沢なのか
 議員懇が悪いのか、テレビが悪いのか
 福島党首がテント村での記者会見で
  「辺野古問題、民主党代表選挙で決着つけてほしい」
 
なんだ、これは、と思った。
 QABステイション(6:30)を見た。民主党川内博史議員が、嘉数台地で伊波市長の説明受けている。盛んに。小沢一郎で普天間解決だと述べている。他のテレビ見ていないが、民主党大宣伝のための大芝居??????
 市民団体の大物たち含め、メデイアの「大舞台」か。民主党の演出?
 ふざけるな、

  
QABニュースステイション、ネットで見てください。

(27日、0時30分更新)
 
今日の朝刊に何が書かれるか
 「フェンスの向こうに未来があるのか」

 続きに朝刊記事添付します。午前はテント村村長、午後に添付します。
琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-166865-storytopic-9.html"400" height="267" />
沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-27_9616/

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-27_9618/
スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。