スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名護市会議員選挙運動ーお礼,COP10,知事選挙

緊急発信
名護紙議選挙
 与党過半数制する
  名護市民を信頼闘い
  与党16、野党11

   (この項、2:12)
名護市会議員選挙ありがとう
 
名護市議選挙支援、応援
 稲嶺市政を支える与党候補の支援のため、県内外の方々の支援、心からお礼を述べます。1地方市会議員選挙が全国注目の選挙になりました。
 それは、民主党政権が自公政権以上に、名護市民に「踏絵」を押し付けてきたからである。稲嶺与党候補18、野党候補16名、不明3、などと言われている。議会の過半数は14人である。
 公式の選挙運動は終わり、今日、投票日、投票箱が閉まるまで闘いである。私は健康な頃より、動けなかったけれども、各地から与党候補のために奮闘してくれた皆さんに感謝します。選挙に入って沖縄本来の夏になり、日差しの強い中での闘い。
 与党系で有力新人が数名、野党系で前副市長、元衆議員の息子が出るなど、複雑、激戦、気を抜けない戦いとなっている。
 11月の知事選挙に向けて、伊波洋一知事誕生向けて、全国的闘いへつなげよう。
  (12日 未明 更新)

赤旗11日 海兵隊抑止力論強める民主党政権
海兵隊の“意義”強調
 沖縄タイムス社説
[オスプレイ配備]なぜ真実を語らないか


秋の闘い
 知事選挙11月28日
 COP10IN名古屋、
 沖縄の平和・環境団体は「沖縄生物多様性市民ネットワーク」(DB)を結成、10月に名古屋で開催される生物多様性条約国際会議に、様々な企画をしています。ヘリ基地反対協も組織加盟しています。
 名古屋では沖縄DBサポート会議も結成されて、取り組んでいます。
 日本は環境NGO/NPOの力先進国でも未熟です。
 辺野古・高江・泡瀬はじめ、沖縄の生物多様性に沖縄は一つになって、COP10に行動します。
 特に、サポート会議への支援を要望します。
 「宝の海」、今後も具体的、行動、支援、ボランテイアについて発進します。
 
「生物多様性条約市民ネットワーク・サポーター会議」
  連絡先 岡健介(日本キリスト教団東海協会)052・841・0929
      新城正男(沖縄DBサポーター会議代表)0587・66・2049

  賛同金
   個人 1000円
   団体 3000円
   振込先 「あんやたん」写真実行委員会
   郵便振替口座番号、0830-6-190184
無題
 「COP(Conference of the Parties)」とは、国際条約を結んだ国が集まる会議(締約国会議)のことです。多様な生き物や生息環境を守り、その恵みを将来にわたって利用するために結ばれた生物多様性条約では、10回目の締約国会議「COP10」が2010年10月、愛知・名古屋で開催されます。

開催期間 2010年10月11日(月・祝)~29日(金)
カルタヘナ議定書第5回締約国会議(COP/MOP5):11日(月)~15日(金)
生物多様性条約第10回締約国会議(COP10):18日(月)~29日(金)
閣僚級会合:COPのうち27日(水)~29日(金) 開催場所 会場:名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)
関連事業会場:白鳥会場、愛・地球博記念公園、栄地区 主催 生物多様性条約事務局(カナダ・モントリオール)
※ 開催国(日本政府)は議長国として協力 参加者数 約8,000名 (各国政府関係者・国連関係者・NGOなど)


沖縄・生物多様性市民ネットワーク
HP:http://www.bd.libre-okinawa.com/
「生物多様性:小さな島々沖縄の大きな宝」 海の生きもの写真家が伝える生物多様性

 続きー全国へ当面の訴え

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。