スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楚々と磯に咲くーエーデエルワイズ(オキナワギク)の蕾

若い新しい力
 辺野古に集う
辺野古浜
 今日もピースミュージック
DSC02433.jpg
 あっち、こっち
 テント村授業
  向こうではハワイの沖縄県人
DSC02430.jpg
 泡瀬のKn子さん楽器もって
  高江の佐久間さん
DSC02432.jpg
 漁港前の小島で聞く
  恋人(?)、家族で
DSC02423.jpg
 いよいよ11月
 磯のエーデエルワイズ
 磯にはオキナワギクが紫の蕾、1輪の白い花が咲きだした。沖縄では名護東海岸磯に咲く可憐な花です。楚々と磯に咲く野ギク、厳しい環境に海に微笑む。3年間、撮影会提起しています。
DSC02412.jpg

 辺野古・沖縄知事選挙は11時以降

琉球新報
自衛隊配備 与那国に200人想定か 民主党調査会で報告
 琉球新報社説
知事選政策 公約はお題目ではない 問われる指導者の実行力
 琉球新報
普天間シンポ 名護市長が日米批判 「民意無視は破綻免れない」
 沖縄タイムス
民主県連 知事選自主投票を正式決定
スポンサーサイト

基地リンク振興策ー屋我地済井出海岸は絶滅(?)ジュゴンは?



台風14号余波(29)日済井出海岸散歩
台風避難の船団
 羽地内海
DSC02358.jpg
 海草が内海の至るところになぜ?
DSC02356.jpg
  (続きを見ようー済井出海岸残酷記)

無題22
台風が去ったので
  看板立てました。
手作りです。
DSC02402.jpg

ピース・ミュジック
 10月30日・31日
  辺野古浜
 下記リンク浜通信
http://www.mco.ne.jp/~herikiti/link.html
ピースミュージックが始まります
  1月30日 2時撮影
 今晩は8:00まで、若者たちが押し寄せています。
 明日も、行われます。
DSC02413.jpg




知事選挙情報は11時以降



無題1
「学校は戦場」?
小学校に黄リン弾 全児童379人避難 磁気探査せずに工事
 尖閣列島で自衛隊強化許されない
思いやり予算水準維持 防衛相認識 自衛隊「先島に必要」

続きを読む

「思いやり予算」-民主党政権マメリカ言いなり

沖縄台風吹き荒れています
  日本列島太平洋側縦断

台風ー懐かしいヒラヤチー
 コンクリート住宅ならない頃、台風が来ると小学校に避難した。
 メリコン湖こねてヒラヤチーを焼いて食べた。作ってみた。丸く工夫するれば、商品になると思うが、

DSC02352.jpg
 (カミさんと昼食に食べた。作るのは、私、チリビラ入れた。少し焦げたほうがいい。)
 
素敵な
 笑顔の伊波さん
無題21
 アメリカの要求
 なんでも認めるカン内閣ー自公より気前がいい
  蓮舫女史ー米軍駐留費は「聖域」か、最近凛々しさ失っている。
 米軍再編成、移設と海兵隊グワム移転を前面に出し「2012年」完成を目指した。海兵隊は軍事上沖縄に置くこと必要ないこと日米政府内外に示した。
 再編成(SACOおよび日米合意)が、沖縄県民の闘いで行き詰まると「海兵隊抑止力」を持ち出し、尖閣列島問題でさらに「抑止力」強調、財政困難なアメリカ、日本の「抑止力」論利用し、「思いやり予算」増強要求強め、民主党政権、口とは裏腹に、すべて飲む。特にメデイア、評論家なるもの「抑止力」なる幻想の呪縛から抜け切れない。

思いやり予算削減せず、「現状維持」で交渉へ

知事選挙情報 11時以降


知事選挙1月 琉球新報社説
知事選1カ月 「県内移設」の可否が争点
 沖縄タイムス社説
[知事選政策発表]主張の違いを見極めよ

新しき明日ー沖縄が動く、イハ洋一が動く

台風14号沖縄接近
  台風情報を怠らず

DSC02350.jpg
(影響出てきました。日本列島注意)


台風のため
  10月28日のヘリ基地反対協行動中止 

違法アセス公判
  体調、台風影響(軽トラ風に弱い)でいけませんでした。
    (続きに関連記事)
 
県民の心、信じよう=嘘と口約見抜く力
 「ねじれ」「閉塞」「恫喝」など
 人は、個性も異なり、人間(間=きまり悪い)人間社会に生きる。現在の政治状況『ねじれ』などと不信を煽る。「ねじれ」は世間すべて、ねじれは民主的に解決でなされるもの、違いや要求大事、民意に沿って政治を、国民の動きを見つめることが民主主義の基本。民主政権、自公も東京と沖縄「ねじれ」という。「閉塞」などが強調され「恫喝」が行われるであろう。
 4年前、「争点なき知事選挙」などの報道が横行、「国との太いパイプ」「失業率」など「嘘」(沿岸案反対掲げ争点隠し)が前面に出された。「県外移転」に隠された陰謀、報道機関は争点の明確化を心がけるべき、13年の歴史、沖縄民衆の歩みだ。

沖縄知事選挙
  最終投票日まで1月
この4年間、沖縄の民意は13年前の名護市民投票の民意を着実に前進させている。
この「力を確かめ、決意を新たに」(復帰闘争記念碑)、沖縄県民が「閉塞」などの言葉、自公・民主政権の「恫喝」「争点そらし」に動じず、中央の「安保」圧倒的「平成国家」に立ち向かう決意で沖縄知事選挙、おおらかに戦うとき。

無題23
  (28日、琉球新報、沖縄タイムスー続きに記事追加します)28日9:00更新

無題20
  (「新婦人しんぶん」、新日本婦人の会、送られてきました。)

 1910年(明治43年)、大逆事件、日韓併合、明治国家の完成も前に、啄木は時代閉塞を歌いながらも(9月の9日夜の不平)、
   地図の上
    黒々と墨を塗りつつ
    秋風を聞く
  
   時代閉塞の現状を
    いかにせむ
    秋に入りてこととにかく思ふ
      (「一握の砂に収録されない)
 「われわれ全青年の心(未来の権利者)が『明日』占領したとき」(『時代閉塞の現状』)と書き 
   新しき明日の来るを信ずといふ
    自分の言葉に
    嘘はなけれどー
      (那覇市真教寺碑文ー悲しき玩具)
 ミーニシ(木枯らし1番?)と台風14号の風雨押し寄せるなか、新聞のコラム読みながら、啄木の歌が浮かんだ。
 沖縄の新しき「明日」へ                                                                                     「爆笑もの」は        
金口木舌
  基地は悪
[大弦小弦](2010年10月27日)
無題18
(新日本婦人の会、辺野古・普天間絵葉書運動始め、送られてきました)
 
 本格化する政策論争
    県民の選択は「県内移設」反対
   
選挙公約 普天間は「県外」「撤去」 県知事選
 宜野湾市長選挙も
   「自公」隠しとの闘いへー自公落選衆議院議員擁立へ

安次富氏 立候補表明 宜野湾市長選前市政脱却訴え


 (続きーイハ洋一政策発表ー随時添付)

続きを読む

人間を信じ、命の連帯

台風14号に注意
 日本列島襲う様相あり、夏から冬?
沖縄知事選挙情報は「宝の海」で、広めてください。


辺野古情報
 10月27日(水)10時 地方裁判所集合
   違法アセス公判
 10月28日(木) 7:30~8:30
    キャンプシュワブ無言座り込み(33回)
 10月28日(木)
   ヘリ基地反対協、投票1月前行動
10月30~31日 ピースミュージック 辺野古浜
 10月31日、伊波洋一「県民の会」
    名護事務所開き

沖縄知事選挙
 風を起こし、動かぬ山 動かし 11月決戦を起こそう。

無題15
 沖縄の各地で立ち上がり
   イハ勝利の波を、イハ知事誕生の音を
 日本各地の友へ
  遠慮なく、カンパを、足を求める。内閣機密費に打ち勝つ連帯を。沖縄知事選挙勝利の輪を求めます。
無題13
イハさんの本を日本全国に広め
   内閣官房機密費に勝とう

無題18

今日の新聞 
民主党本部「自主投票」、自民党本部「仲井真」推薦せず
  両党も「仲井真」に期待、沖縄知事選挙加熱させず、メデイアに報道させず、政治的不信感を煽り、投票率低下の低級戦術と見たほうがいい。
 民主党沖縄県連、喜納昌吉「流れて流れて、どこどこ行くの?」-日米合意、日米同盟深化で「すべての兵器を楽器に」は?「すべての人の心に歌を」は(?)

10月29日(金)PM7時 港区公民館
  やんばる統一連総決起集会

続きを読む

「宝の海」で、沖縄知事選挙情報が見えるに挑むー鎌倉芳太郎

沖縄県知事選挙
  大激戦へ 全国の力を伊波洋一へ

 嘉陽オジー(87)の言葉の重み
 「伊波君、あなたは、沖縄の命、日本の命を救う仕事をする。アキカン(管直人)とは違う」、下記の平和新聞コラム「宝の海通信」(10月25日)に書いた。03年、伊波さんが宜野湾市長に当選、辺野古の闘い、「希望」の始まりであった。
嘉陽オジーの短い言葉に込められたメッセージ噛みしめよう。

 伊波さんが知事に当選することは、沖縄だけでなく、悩める日本を照らすニヌハブシ(北極星)となる。
だから、全国的に支援ではなく、共同の闘い。嘉陽オジーの「日本の命」に込められた思い、オジーの節目節目の言葉は「トゥーシヌ(年)クー(功)ヤ、カーミヌ(甕の)クー)」、いつも、道を照らしてくれる。泡盛は甕に寝かすと古酒、芳醇な味覚、精神を覚醒させる。
無題14
  激戦を勝ち抜くために
   総決起大会に向けて
 4年前の知事選挙、争点剃らされた。仲井真陣営これまでにない布陣。
 
糸数慶子(309,985票)、仲井真弘多347,303票)
 
勝てない選挙ではない。「ヌチ(命)カジリ(懸けて)」の選挙戦にになる。名護市長選挙、名護市議選挙の追い風はあるけど、安易な情勢分析では勝てない。総力を挙げた戦いになる。
4年前、官房機密費3億円投入。カン内閣、民主党本部は「自主投票」などの高等(低級?)戦術で、投票率下げて仲井真陣営を有利にする。政治不信を煽って仲井真と手を取るのだ。負けられるか。風を起こそう。

 1968年の3大選挙以上の「熱」、社大、社民、共産に労組、市民団体の団結、県民個々の主体的行動がが求められる。そして、歴史を切り開く。
 沖縄県民総決起しよう。日本全国共同の闘いを、起こす先陣に沖縄がなろう。
無題13
 やんばる統一連
   沖縄北部全域で先陣となる
 本音を言えば、昨年夏、衆議院選挙から、今日まで、疲れていないといえば嘘、COP10、知事選挙のために体力温存、各都道府県からの沖縄報告講演、学習会、すべて、断ってきた。
 現場に生きてきたものは現場に生きる。
 私は、全国の友に、沖縄の現地で共に闘うことも、要請する。名護に来てともに行動する友少なくありません。心から歓迎します。沖縄やんばるで行動する基本、自力で活動する。車も宿も飯も自力、友人たちのカンパで来てほしい。名護市長選挙、名護市会議員選挙の体制は、選挙の性格上取れません。
やんばる統一連は沖縄地図の半分に責任を負っている。苦節13年の歴史。
午前中テント村授業
DSC02342.jpg
 午後、街頭演説
   ヒンプンガジマル日新ビル1階統一連選対
沖縄の天気は、秋になったり、夏になったり、変化激しい。でも、私は負けない。
DSC02344.jpg

 赤旗頑張れ
赤旗が、政府・メデイアの沖縄規制のなかで、沖縄報道頑張っている。
 1面には「沖縄知事選挙ーイハ洋一候補に聞く」など、3面ではオスプリなど全紙面を埋めています。全国で沖縄情報がわかる。各地、各層での沖縄の連帯行動伝えている。
辺野古のアセスの問題指摘


 QABの動画で見る
 名護市議会の奮闘
名護市議会 日米共同声明の撤回求める

民主党県連国会議員、県議などの議員どうする
  喜納昌吉どうする
  
沖縄タイムス電子版26日
民主党、知事選で自主投票決定
琉球新報電子版26日
民主党、知事選で自主投票 県連代表と党幹事長が確認
(続きー沖縄の恩人)



続きを読む

喜納昌吉よー昔に戻れないか

台風14号発生、沖縄諸島直撃か
太平洋南海上雲活発,
大雨の後、今後の動き、規模に注意、アジア全域で気象情報見よう。気圧配置複雑。


COP情報
タイムス23日
基地の危険 世界へ訴え 名古屋で生物多様性シンポ

[大弦小弦]

沖縄知事選挙情報
岡田へ 刷より、媚び
  喜納昌吉の姿ー「日米合意尊重」「同盟関係深化」
 昔の喜納昌吉の姿、なし、名古屋でも惜しむ声圧倒的、政治の世界から手を引き、元の昌吉に戻ってほしいとの嘆きが聞かれた。
民主党沖縄県連「揺れている」と一般的な評価だが、岡田に揺られ、県民に揺られ、沖縄のマグマが強烈で、崩れかけている。
 自公政権が沖縄から生まれ、沖縄で崩壊、民主党政権も沖縄で生まれ、沖縄で崩壊の前兆?
 
「第3極が擁立断念」(新報24日)、民主党県連および喜納昌吉は伊波洋一を支持すべきだ。
今からでも、遅くない。岡田と決別し、沖縄の民衆と歩むのが道だ。そもそも、誰によって選出されたのか。

沖縄統一連
  伊波勝利めざし全県一斉行動
   10月25日(月)
DSC02339.jpg


COP10フオーラム (赤旗24日)

沖縄の豊かな生態系 米軍基地と開発が脅威


「宝の海」ー明日から
 沖縄知事選挙情報に専念

 県民・市民・私の動き

宮城康博「なぐなご雑記」
  元ヘリ基地反対協共同代表ブログ
沖縄県知事選挙におもふ【追記あり】

COP10沖縄県のブース、なぜ開かず

大きい文字

COP10会場にて
 名古屋で伊波さん勝利へ

聖公会の執事
 ブースで約2時間お話しました。日本語の美味い方で豪州の方。豪州の私の知識は漫画「美味しんぼ」で得ている程度、沖縄愛楽園の松岡和夫執事などについても。(19日)
DSC02119 (0)
 外国の方、沖縄ブースへ
DSC02199.jpg

DSC02204.jpg

 許せますか沖縄県
  「ムヌシラン」、ハジン、ネーラン」(恥ずかしい)(22日)
沖縄県のブース、一等地に有ります。ステージでは様々イベント、その正面、22日も閉まっていました。商工観光部が担当と聞いて、「アキサミヨー、ムヌシラン」(ビックリした、意味知っているの)
 自然保護、生物多様性のイベントンは観光ではない。
飛行機の中で、タイムス「声」欄に投書。
 今日も、名古屋では「沖縄の歌と踊り」、シンポジュウム、沖縄宣言など多彩なイベントが行われている。
 仲井真県政、COP10汚している。

DSC02263_20101023151627.jpg

名護市議会の「生物多様性保全」決議と沖縄県の姿勢比較して
 名護市議会決議

http://www.city.nago.okinawa.jp/DAT/LIB/WEB/1/10ketsugi07.pdf

 沖縄知事選挙情報
  愛知県民集会
 伊波さん勝利 全国の共同を
 1月前、21日夜は暇と連絡。室内集会と思い。野外、集会であった。ベトナム戦争国際行動デー、16年前、沖縄県民大会などなど思い出した。仲村清子さんもお母さんになっているか?
 日本平和委員会は10・21行動を行い、沖縄知事選挙前面に出し、全国統一行動。
DSC02271.jpg
DSC02281.jpg

http://www.city.nago.okinawa.jp/DAT/LIB/WEB/1/10ketsugi07.pdf

(続きー私の街の月見会、あなたの街、村では?)

続きを読む

COP10、沖縄知事選挙

COP10情報

 琉球新報1面(23日)
無題12
 沖縄タイムス(23日)
基地の危険 世界へ訴え 名古屋で生物多様性シンポ
沖縄DBブース
  ローテイションで頑張っています。
DSC02190.jpg
 小学校性も
 熱心に見ています

DSC02162.jpg

 知事選挙情報
  喜納昌吉の醜い姿
 喜納氏、岡田氏といくどか会談、コケにされている。民衆に選ばれた議員は民衆に従うべき、田中正造は天皇制国家のなかでたたかった。
大半が伊波氏を支持 民主4区総支部


COP10から帰りました。
 頑張っています。

那覇空港から飛んで
 雲の間から泡瀬が浮かびました(19日)
DSC02114 (0)
 高江の清水さん
  奮闘です。
DSC02118 (0)
 先住民族の交流会に出ました。
  「シンチャグヌ花」歌い、沖縄の諸イベント(英文)で案内しました。
DSC02146 (0)
 ネパールの踊り、宮平さん、牧志さん、大西さん
 踊りました。
DSC02159.jpg


沖縄知事選挙情報


 少し、疲れました。また、明日。
沖縄県知事選

 22日「赤旗」に10・21、伊波知事誕生目指す愛知県民集会、私のあいさつも掲載されています。

「宝の海」休憩

今日から名古屋です。22日まで休みます。
 沖縄・生物多様性市民ネットワーク
 HPからご覧なっください。
:http://www.bd.libre-okinawa.com/


沖縄知事選挙情報
 民主党「自主投票」期待論の危険な道
 民主党が沖縄知事選挙「自主投票」期待論がある。沖縄で民主党に投票し、期待しているみなさんにはすまないが、払拭すべきだ。
 独自候補であれ、「自主投票であれ、伊波洋一を落とす戦略である。県内移設を再生させる道である。
 喜納昌吉は沖縄民衆を裏切る明確な路線で動いている。沖縄の歴史に「裏切り」として刻印される。
  「川は流れて」、行き着く道は「基地建設」の道、「さらば、喜納昌吉!」で、伊波氏に沖縄の「希望」 「沖縄の未来は、沖縄の民衆が創る」

QAB
動画で見る民主党県連および喜納昌吉
宜野湾市議会 伊波市長辞任 県知事選へ


高江情報
 「捕らぬイノシシの皮算用」
 N1にイノシシ住み着いた。S氏の手から餌をねだる。今は幼いからいいが、大きくなり子どもとジャレ、何らかの衝撃で事故起こす可能性あり、ヤンバル帰省利用して捕獲作戦、捕ったら飼育して、「牡丹鍋」。昨日は高江にイノシシの肉差し入れたが。成功するか?

沖縄が動く

明日から
 COPIN名古屋へ
 沖縄生物多様性ネットワーク企画
  ぜひ、参加して、沖縄から50人余参加

沖縄・生物多様性市民ネットワークHP
:http://www.bd.libre-okinawa.com/
おしらせ

ヤンバルに母見舞い、高江回る。ヤンバルは芙蓉の花の季節に入った。
DSC02108.jpg
DSC02109.jpg


沖縄知事選挙

無題
無題11


生物多様性会議 歩み寄り実効性ある合意を

知事選独自候補へ協議続行 民主県連と党本部確認

 (続きー意見広告)

続きを読む

外交権は沖縄に任せー若き記者たちへ

外交権は沖縄に任せ
 大本営報道の自己展開

平和丸、毎日、運行です
 11月に入ると知事選。運行しません。
 海上視察はヘリ基地反対協とご相談ください。
DSC02089.jpg
若い記者たち
 テント村訪問
 沖縄報道に関す限りと断り、辺野古の闘いは「第4の権力」(マスメデイア)との闘いでもある。
 大本営報道は、現実の世界である。ヘーゲルは「絶対精神は自己展開しながら、現実世界に表れる」と弁証法を生み出した。
、大本営報道は、時代に応じて姿を変え、たとえば、マッカサー大本営、サンフランシスコ大本営、今、日米同盟大本営報道として現実世界(メデイア)に表れている。

 佐野眞一(ジャーナリスト)は「県民は琉球以来の外交力がある。中国との交渉含め、外交はもう、日本に任されない。・・・日本の政治状況はそれほどひどい」(琉球新報14日、「琉球フォーラム」講演」)
 「宝の海」の主張と同じである。
佐野氏の講演、日本外交の堕落の根源については知る由、ないが、深化した対米追従の底知れぬ、両者の腐食にある。
 
 ペリー来航、「万国津梁」の歴史、日米修好条約と琉米修好条約、そして、生麦事件と泊水兵水死事件の対処の仕方など、佐野氏には歴史分析あるかも知れない。泊高校のそばに、外人墓地があり、ぺりー上陸記念碑がたつ。沖縄で亡くなった水兵の名前が刻まれている。
 
 泊のニセーグワーたちに殺された水兵ボアソードの名前は刻まれていない。ペリー提督、米海軍の恥を隠そうとしている。琉球王府は犯人をあげず。鹿児島は生麦事件で英国の砲弾にさらされるのである。
 じょうきせん
   たった4杯で 夜も眠れず
 琉球は、ぺりーに驚かなった。
 伊波洋一は外交権はないがアメリカ外交をきちんとやっている。
 外交は国の専権事項は崩壊している。
  不平等条約正せる力、政府、メデイアにない。
琉球政府を経験した者には、日本政府は「傀儡政権」である。

若い記者たちに
 メデイアの大本営報道と日本外交の稚拙さを主に話した。日米同盟大本営報道に関しては、09年12月16日の各社の社説を比較し、それ以降の沖縄の闘い、小泉以来の内閣崩壊を分析すること、など、話を30分した。
 日経新聞が「ぶんご」導入の煽りをしたことは、時間の都合で例示できなかった。
 若き記者たちの浜訪問
DSC02101.jpg

 沖縄知事選情報は夜

仲井真語録
  「なぜ県内移設に反対、賛成という。運動論的な表現使わないといけないのか。県内のほかの場所いう   選択肢は私の頭に全くない」(新報17日)
   頭にあるのは辺野古を明確に言っている。
   
「県外というのは口幅ったいが・・沖縄の過重負担の軽減に努めて欲しとのことだ」(同17日)
  知事の現実対応感からすれば、過重負担論になる。新基地いらないための「県外移設」ではない。

 (続きーベランダに咲く昼の花、夜の花、小野小町、長恨歌)

続きを読む

第3回屋我地風景と名護市議会

日本の諸矛盾が集中する沖縄
 つい、記事が多くなる。
幾つも重なった屋我地島海浜
 屋我地島、北側は、浅い海が沖まで続く、沖縄ピシが露出してない。南は沖縄本島を背にして、後列な台風、台風のけーし風は本部半島、島の森に助けられる。冬の北風は、島の先人たちの数百年にわたる暴風林、防潮林林、海浜蔓性植物の植林で守られてきた。
 72年から始まる沖縄振興開発による施策は、この海岸にジワリジワリと押し寄せてきた。北部振興策は決定的に海浜破壊、破壊して、公共工事生む、連鎖的事業が始まっている。
 済井出から屋我にかけて磯と磯に囲まれたいくつかの砂浜がある。磯と植林政策が浜を保っている。

DSC01854.jpg
 夏、屋我地の浜は、沖まで浅く、海水浴には、最も安全な海浜である。午後、これらの植林が日陰をを創る。
 30年前までは、これらの磯で黒鯛が面白いように釣れた。海藻も採れた。
 海生生物にも、危機的状況が進行している。
  対岸の稲嶺(羽地)の浅瀬に、チヌマタ、スヌイ、モーイなどの海藻は流され、海藻採り春の風物をがみられる。

DSC01867.jpg

磯と植林が守る海浜
 屋我地の浜の浸食が目に見えて実感されるようになったのは、1980年台、推測だが、本島の国道拡張、護岸建設と関係したと思われる。
 04年は、台風の年(辺野古ボーリング)、13個が11月まで襲った。翌年から沖縄本島は台風らしい台風は少ない。名護東海岸、嘉陽、安部海岸に見られるように、海岸の成長がみられ、浜に、新しい森林地帯ができている。(公共工事入ってない)(海草の積もる海岸、向こうで海水浴10月11日)
 これから、冬、北風の吹き荒れる季節、屋我地の浜にどんな、変化を与えるのか。

政府に翻弄されながらも。名護市民民に限りない信頼を寄せながら、記す。
  (続きー屋我地島守る磯と植林)

辺野古干潟では(サギの舞)
DSC02079.jpg
 白サギの忍び足
DSC02063.jpg
 縄張り争い
DSC02046.jpg
DSC02032.jpg
 ゴルフボール食べたら
DSC02068.jpg



 辺野古・知事選挙情報 テント村担当日、夜、再更新
名護市議会伝える沖縄の新聞
無題A
 新しい横断幕初登場
   全労連のみなさんと
DSC02095_20101016182345.jpg



面白いが自公は全県的に強い基盤維持
 知事選挙は違う
 [続「アメとムチ」の構図・砂上の辺野古回帰]第2部(41)落選の波紋

名護市議会決議/「国外・県外」の民意一層強固に 日米合意は撤回の時だ

[名護反対決議]移設はより非現実的に

続きを読む

希望と信

沖縄の自然・知事選挙情報
4年前の知事選挙
  白い海岸復活(糸数慶子知事候補)を政策に掲げた。
 1972年、復帰の年、地球的には「人間環境宣言」、沖縄の自然の変容は凄まじい。特に、海岸に表れている。失われた白い砂、人口ビーチ時代に入った。屋我地島に見てみた。屋我地島はハンセン病学習が主点であった。
より、原風景に近い大堂原(ハンセン病、愛楽園発祥の地)から展望。

 大堂原(ウフドウバル)の森から
 「悲しみの浜」(私の生徒が命名)
  沖縄戦で死んだ人たちの仮埋葬された浜
DSC01909.jpg
磯と磯の間に白い浜
DSC01903.jpg


大堂原(ウフドウバル)の森から
  「嘆きの浜」(私の生徒が命名)、水子が埋葬された。納骨堂には「水子」の碑建てられた。古宇利大橋、海岸浸食、必要のない漁港、人工磯、人工砂浜が見える。漁港からこちらは海岸が増幅している。磯と島々が影響しているのではないか。
DSC01906.jpg
 秋の陽気に誘われつり人。塩屋は海の向こうの森の左の谷間。約10キロ。
DSC01898.jpg

二つの浜から見えるもの
1、 開発によって海岸浸食が激しい。

2、 磯と磯(小さな岬、石灰岩と砂岩,貝の化石混在)の間に湾曲して白い浜が形成され、磯はノチになっている。「悲しみの浜」、「嘆きの浜」から済井出海岸とも磯がいくつもあり間に白い浜、橋や港の開発が見える。
沖縄の白い海岸は磯と磯によって発達したと推測する。

3、 海岸には、防潮林、暴風林、防砂の植生が密である。モクモウ、アダン、フクギ、ヤラブが合理的に植樹、ユウナ、トベラ、グンバイヒルガオ、ハマゴなどのツル性植物が、まだ、踏ん張っている。
4、 屋我地外海は、小島が群れ、ピシ(サンゴ礁)は発達してないが、浅瀬が広大に広がっている。ジュゴンの生息地であり、ウニ、貝の生産地であった。
古宇利島との海峡を流れる潮流に乗って、源河と古宇利の若者が恋をした。源河沖のミートゥジ(夫婦岩)に伝説残る。夏、国体の訓練でシングルスカル、フオアで塩屋から古宇利まで往復した。伝説を確かめた。

5、この漁港は地質、潮流、風向などから、漁港内に砂が堆積し、浚渫余儀なくされる。漁港より外は浅い。砂は低地に流れる。アホでも解る。わからないのは土木技師と建設業。
 わかっていて、公共工事生み出す。
外洋に出る船の大きさも限定される。ヨット、水上オートバイのレジャー港、干潮になればだめだ。もちろん、漁業活動で再生産不可能。ここでの漁業活動船、浜から出すのが合理的、「悲しみの浜」の漁船参考にするといい。
 

 辺野古重要な闘いの時期、こんな計画知らなかった。当時はダルフィシュ球場(日ハム投手、屋部海岸埋め立て)に注目していた。振興策、なんでもありの時期だ。

 どうする。撤去?
 どんどん、公共工事創出?
 現時点で、とりうる対策は、橋を爆破して(!!?)、人工島を人工磯にすることだ。と、思う。
 
 海峡というものは自然であれ、人工であれ、潮流が激しい。橋の上から釣り糸たれたらすぐわかることだ。北東の風60%、北西の風冬、海岸浸食激しいのは北西から起こっている。
 島に海岸復活するのには、これしかないと思う。何本も何本も人工磯創るのか。
 

港の開設(人工島、橋から)による砂の不規則な流れ
 左、人工島(漁港)、橋の上から写真を撮った。手前(橋の下)に砂州状の海岸ができ、中央に湾、そして、砂州、南のほうが沖縄有数の白い浜、道路になってしまった。このような砂州の渚はとても危険である。急激に深くなり、堆積の砂は地すべり起こす。
 
 塩屋湾、宮城橋、まだ、国体の監督のころ、キャンプをしている家族、注意した。今も、覚えているが、首里高校の高校生、地すべりした弟救おうと、自分が弟引き揚げ、反動で潮流に流され死んだ。
 潮流の複雑な変化、見えるであろう。橋が日影となって、キャンプが増える。
 見た目にはきれいだが、魔物がすみついている。海の色でわかるであろう。安定した砂州ではなく、気象によっては日によって変化するであろう。
 ここで海難事故発生したら名護市の責任であろう。
  
DSC01885.jpg
橋の下では
  カヌー遊びが
 シーカヤックは浮き袋だから安全な海遊びである。潮が動き出すと「海峡」は危険である。この海峡の流れの速さを見てはいないが、流れに負けたとき、パニックが起こる。
 
 辺野古の闘い、風や潮流に流されたカヌーの「闘士」をいくども船で拾った。本来、屋我地の海は安定していた。
 人工島と橋が作り出す海の変化、十分に読むべきであろう。塩屋湾で国体の漕艇指導、特に、干潮に向うと橋の近くでの練習禁止措置、早いシングルスカルでも揺れ動く、カヌーがいくら安全でも子供の体力考えたほうがいい。
 国頭村に伊是名という海岸がある。美しい海岸広いイノーだが、死者の多い場所。流されると浮き袋も役に立たない。
DSC01887.jpg
 毎日、毎日、はぎとられる海浜、死んでゆく植物たち。
  冬、北風が、この海岸襲う。複雑化した潮流の予測、不可能。
 こんな小さな人工島が。
 辺野古基地、想像できるのではないか。
 屋我地見るべきだ。
 
DSC01877.jpg

土田武信氏の名護市への陳情
 土田氏が名護市へ漁港問題で陳情書提出、土木委員会で説明したようだ。
私は、大浦川河口域ラムサール条約登録候補とアオサンゴについて要請書提出。16日掲載。
 

(16日に続く)
 辺野古・知事選挙情報は11時以降


希望・信頼のニュース
 
 今日、名護市議会「新基地反対決議} 
 新報社説
チリ鉱山救出 「希望」がつないだ全員生還="400" height="267" />
 タイムス社説

[新聞週間]もっと希望を語りたい

タイムスコラム
[大弦小弦]
 新報1面
無保険の子 名護市ゼロ達成 全171人に短期証交付

今日の夜
 高江の伊佐さん
DSC01995.jpg
わたしも講演
 沖縄は動いている
  動き伝えられません。
DSC01999.jpg



 (続きもー敗北、希望と信、勝利への道)

続きを読む

公共工事で自然を破壊して、公共工事創出?

沖縄知事選挙情報
 
 タイムス社説、仲井真・前原密室会談偶然か(いかなる陰謀がなされたか)


病院も散歩コース
 内科に行った。
  「最近も忙しいか」(医師)
  「暇して、ナングシク(名護城公園)、ウミアチャー(海歩く,漁師の代名詞、具志堅用行で有名にな  る琉球語。)している。」
  「屋我地の海大変のようだねー」(医師)
 歯医者
  いつの間にか「大西先生」と呼ばれる。自分のこと話さないが、最近、いろいろ聞かれる。
 屋我地は、古宇利島橋で注目浴びているから、自然環境の急激な変化、市民レベルで問題になっているのであろう。
小さな島の、小さな人工島(漁港)が、先人たちが数百年にわてって築き上げた自然景観を奪い、生態系をかく乱する。

 沖縄愛楽園前の十字路(古宇利へ)
  おしゃれなレストランで来た。モーニングサービスもあるから、キャンプや磯、無人島釣りも増えているのであろう。
 夏、アジサシの繁殖期ルールつくりたいものだ。(環境相への提言)
DSC01915.jpg


 磯と自然(1) 
散歩しながら思う
 庭であったり、町内、ビンゴ連れ名護城(ナングシク、城ではない)、車で海岸(自然養殖の貝取り、酒の肴)など意識的に行っている。ラムサール登録候補羽地内海、国道近く、屋我地入口コンビニの周りにマンウローブ。

 振興策で自然破壊、そして、公共工事創出、典型的、屋我地の漁港を散歩(ウミアチャー)して、考え、提言らしいこと、 3日間行いたい。
マングローブ、左に小魚の群れ。 
DSC01829.jpg
 干潟の草村にサギの群れ
DSC01825.jpg
 屋我地大橋、内海に伸びる砂州、毎年成長している。モクモウ、トベラ、グンバイヒルガオ。島はジャルマ島。沖縄の天の橋立に成長するか。
DSC01837.jpg
 
 真喜屋と奥武島の橋の砂州
  キャンプの子供たちが遊ぶ
 満干には気を付ける。砂が浮いて、足がめり込み、流される。大人たちは監視を。
  1960年海岸にあった真喜屋小学校、橋、屋我地橋もチリ津波で流された。このような場所は事故が多い。特に、橋の下は急激に深くなる。
 辺野古埋め立て土砂の候補に挙がった、こともある。
 振興策で最も海岸が「痛んだ」地域といわれる。記録に撮っておく。
DSC01917.jpg
 キス釣りのメッカ
左の島はジャルマ島(沖縄ハンセン病史の重要な一つ)
DSC01841.jpg
 (15日に続く)

 辺野古・知事選挙情報は夜になります。
仲井真が前原外務と会談(密室13日)、沖縄タイムス社説(3日)で下地幹郎を「べた褒め」、重要な動きあるかも知れない。 タイムスは、下地広告塔になったのか。あまりにも、時代遅れで、密室会談と重なる唐突、民主党政権の仲井真知事支援戦略が・・?
 
(続きー復帰闘争世代の「最後の御奉公」?)

QAB動画
 仲井真・伊波氏 普天間・辺野古政策同じ論に異議あり
  続きー参考
 (続きー辺野古と知事選挙、違いが判る)


民主党 県知事選も自主投票へ

続きを読む

散歩(1)-足を鍛えるー知事「県内移設」口約束へ?



10月14日(木)7:30
  シュワブ無言座り込み
  あなたも参加しませんか。知事選勝利まで

ヘリ基地反対協議会
  伊波洋一推薦決定
 これまでヘリ基地協議会は市民共闘会議の性格上、選挙母体の構成、あるいは支持、推薦など行ってきませんでした。加盟団体の主体的意志を尊重、11月知事選挙の重要性の要請の分析で、推薦決定しました。異例の決定です。
 
 10月28日(木)、投票1月前行動。

毎回、辺野古でガイドしている民医連三重県の組織から、伊波洋一推薦決定、行動提起のメールあり。
 
沖縄県平和委員会は個人組織、有志で全国に、沖縄知事選挙の共同提起(日本平和新聞9月25日)
 全国の情報お願いします。


沖縄で散歩することの大切さ
 家と海を車で
 
各都道府県に呼ばれるとき
 沖縄は車社会、どこでも車、辺野古の闘い、テント村、海に車で着き、歩かない。特に、東京行くとき、駅の階段、駅から目的地、歩く。新宿の駅などは、船酔いする。どんな荒波でも食欲が出るけど、東京は特にだめだ。長寿県沖縄、歩かないから、短命になるであろう。
 
 玄関出た。石垣に野生の実が付いた雑木。
DSC01788.jpg
 隣の家の鉄の扉に
DSC01794.jpg
 隣の塀の道路に
DSC01793_20101011170500.jpg

赤旗COP10
国連生物多様性条約第10回締約国会議
 赤旗「思いやり予算」
「思いやり」増額要求

(続きー花散歩)


沖縄知事選挙情報

以下11時内に更新(記事添付)
新聞
 知事「県内移設反対」検討(タイムス13)
  仲井真陣営は、勝つために「口約」で県内移設唱えるようだ。想定されたことだ。組織戦先行させている。
 今日の沖縄タイムス社説、第3極の候補と言われる下地幹夫氏の国会質問題材、なぜ、今、下地議員を社説で、グワム移転を取り出して、今、社説扱いか?
 
 知事「県内反対」検討 普天間代替 表明方法は未定

[普天間移設問題]再浮上したグアム移転

 下地は県内移設一貫してきた。民主党県連と一体化して、伊波落としで、民主党政権の野望(仲井真でいい)狙う。伊波陣営、組織戦遅れている。
県議が各地で市民団結させる任務に就くべきだ。県民を「チルダイ」させてはいけない。                                     
 再アセス『不要』(琉球新報13日)
 メデイアは、「案」「あん」を書き続ける。県内新聞は現行計画と書きだしてきた。政府は事後調査大規模で行っている。現行計画(V字)のバリエイションの範囲は「案」ではない。だから、どんなに重大な秘密隠されても、「再アセス不要」を貫く、KC130空中給油機戦闘能力装備も含めて、機能強化を容認できるのがバリエイション。


騒音米軍機配備 環境アセス拒否 菅内閣

[普天間移設問題]再浮上したグアム移転


続きを読む

「宝の海」の心と歴史ー花たち(1)

急なお知らせ
 COP10向けて
  10月12日(日)1時
  10月13日(水)12時
 県民広場で沖縄DBイベント、写真展、チラシ配り、カンパ活動


沖縄知事選挙情報は「宝の海」で
  沖縄の友、全国の友へ


「宝の海」の歴史
 痛みの押し付けに抗して
  一人でも知ってもらいたい
 2004年8月13日、沖縄国際大学にヘリ墜落、前日、辺野古テント村では沖縄防衛局と現地交渉、「あすにも落ちるよ」、現実になった。
 防衛局は、基地内からボーリング調査に乗り出した。
「痛み」を利用して「痛みの押し付け」。
 今、沖縄の闘いの高揚、F15戦闘機普天間で訓練、「痛み」の押し付け、日米政府の一貫した沖縄政策である。沖縄県知事も民主党政府も抗議しない。中央メデイアも伝えないであろう。
 「宝の海」は、04年9月22日、この現実を一人でも知ってほしいと始めた。毎日、発信。小泉首相が「辺野古見直し」といった。
 新しい「痛み」の押し付け、それが、米軍再編成、いわゆる日米合意である。自公であれ、民主党政権であれ、変わらない。痛みを押し付ける政治家を次々に輩出する、日本の国民もおかしい。
 今、沖縄は、11月沖縄知事選挙闘っている。いわば、130万の「万国津梁の邦民」が、国会(県議会)、元首(知事)を含めて、最高の民主主義を確立しようとしている。日本国憲法の民主主義のすべてを獲得するのだ。
 それでも、日米政府、日本国民、日本のメデイアは無視するのか。「一つの民意」論か。民主党政権は
伊波洋一候補陣営を分断することによって、辺野古への基地建設容認の候補当選させる戦術に出た。

民主党政権と沖縄県連は、国民新党と第3の知事候補立て、仲井真再選を狙う。沖縄県民の「チルダイ」(宮里政玄、蔓が枯れる?)を狙う。

 「宝の海」は、痛みとのたたかい、痛みながら、闘い、モルヒネ拒否し、発信し続ける。一人の国民、友が増えること、6年になるか。
 辺野古関連リンクでも紹介は多くはない。マオノリテイーである。でも、毎日発信では現在、もっとも古く、もっとも長く続いて、愚直が心。と、自負している。柱は「安保条約を解消して、日米平和友好条約への道」。
 
 世界を観る目は「平和の文化と生物多様性の保育」、アジアを見る目は「憲法9条と東南アジア友好条約の結合」である。
 一人の人でも読者にが命、辺野古テント村一人の訪問者も大事にしている。開設の心。
  唇の動きまで
   読め。
海上闘争、「宝の海」は那覇防衛施設局(現沖縄防衛局)のミーテイング資料であった。パシック・コンサルタントのY氏から「宝の海」のプリント見せられた時、驚いた。
Y氏は、私と話をするとき、陸に向かって船を投錨しない。シュワブの丘には唇の動きで言動を分析できる望遠鏡が設置、お互いに表情などで読みあう状況、私は、みんなが騒いでいるときも、船で「寝ている司令官」であった。今でも、「昼も夜も寝ている大西」と言われる。
 辺野古テント用、高江専用ベット、寝袋車に積んであるから、この代名詞、否定できない。
 
デモ、辺野古でも、高江でも、防衛局・公安の動き、言動、唇、すべてから読む習性、Y氏などは教えてくれた。
 夜も、昼も寝て、6年間、毎日、発進し、続けることできるか。また、私の言い分である。
 
 さまざまな、作戦展開をブログで試みた。とても、面白く、毎日、発進になった。那覇防衛施設局、小さいと思った。今は、政治戦、私などが相手にできる世界ではない。でも、書き続ける。
 政治戦、どう見るかが、きわめて、大事。

  覚悟はできているか。
 たとえば、本土で「県外移設」を唱えるみなさん。自分の県に受け入れる「覚悟」で、言いているのか。
大阪知事みたいに、典型的にパフォーマンスであり、安易に「県外移設」使うな、石破茂が、海兵隊抑止力、使用しない意味、地政学的に参考にしたらいい。厳密に、と、問うている。
 言葉は、単なる言葉ではない。政治性が濃厚であり、「覚悟」が必要である。いくつかの団体の事実誤認、生き方の問題で、FAXで意見を申しあげている。公開はしない。
誤字、脱字、転換ミスなど、恐れない。私なのだから。

今、私は、「宝の海」で沖縄知事選挙がわかるに、挑戦している。体力・知力を養いつつ。

 両隣3軒の道端と垣根の花たち(1)
DSC01815.jpg

DSC01790.jpg

DSC01791.jpg


 (続きー両隣三軒の道端と垣根の花たち





続きを読む

沖縄知事選挙前哨戦(告示1月)ーサシバの渡頃

いよいよCOP10IN名古屋
  近畿地方は足を運んでください、白鳥公園 沖縄ブース(18日より)
キャンプシュワブ早朝無言座り込み
  10月14日(木)7:30~8:30
   あなたも参加しませんか


沖縄知事選挙情報
 「県内移設」「イエスかノーか、クイズ番組」=仲井真知事
    選挙戦のため=「県内移設」言い出すか。予測したように始まった。
  騙しのキーワード=「ゼロになるのではない」
   4年前の沿岸案反対、当選すると、V字推進ーアセスメクラ印
「失われた12年」、普天間・辺野古問題で、国政も県政も振り回された。この責任は稲嶺・仲井真知事の  12年、本来の地方自治にも戻すことだ。仲井真は「ゼロ」にするのではない。嘘ついて、埋め立てから  始まるのだ。そのために粛々と沖縄防衛局の手続きはじめ、普天間のF15などに文句を言うが、抗議  はしない。                                         豊見城市長選挙敗北
  沖縄知事選挙 厳しい現実
  民主党、沖縄県連「裏切り」に入るか????                                                 沖縄県知事選挙

沖縄県知事選挙

 辺野古~漢那湿地(イノー、礁池、ラグーン)を
  ウムケー島から(2)
 広大なイノーをウムケー島に渡り、石灰岩のトンネル。
   
DSC01708_20101010102604.jpg

 久志集落を展望、久志岳(キャンプスワブが山でハンセン基地につながります。
 蘇鉄が石灰岩にたくましく育っていました。
 もうすぐ、赤い蘇鉄の実が実ります。蘇鉄の実は餓死を防ぐ食べ物でした。灰汁抜き間違うと死が待っています。小さいころざらざらしたオカユ食べました。田端義夫の「島育ち」が唇に。
 田端義夫の「島育ち」、南のメロデイーの草分けではないか。
Tabata Yoshio - Shima Sodachi 島育ち

DSC01663_20101010102617.jpg

DSC01666_20101010102630.jpg

 名も知らぬ草花が石灰岩に
DSC01655_20101010102645.jpg

                                                DSC01693.jpg
DSC01697.jpg
磯のエーデルワイズ(オキナワギク)
  ピンクのつぼみーもうすぐ咲きます
 11月磯のオキナワギクの草原撮影会しませんか。秘密の場所

DSC01681.jpg
 インジャナバー
  イカの黒墨の御汁に欠かせません。生で刻み、豆腐と和える。薬草、特に磯のインジャナバーの苦み、 特に、葉野菜のない夏、貴重である。最高のインジャナバー。                                        
DSC01659_20101010102656.jpg


            

明日は、「宝の海」の心と歴史                       
(続きー落ち鷹)

 赤旗(10月10日)
 さすが
日本民医連は04年以来、2月に一回、辺野古行動(22次毎回60から80人、名護宿泊)、現地に密着した行動、知事選挙も、いくさの先走り)、常に現場を命として。
沖縄知事選 イハ候補勝利へ全力


アキカン政権にとって、仲井真でいい。民主党と沖縄県連は「普天間・辺野古」の民意分断して、新基地建設にこだわるか。喜納昌吉氏、最後に沖縄の心、裏切るか。

沖縄県知事選挙

続きを読む

10・10空襲ー知事選挙情報

10・10空襲記念日

 1944年10月10日、沖縄全域が米軍の空襲に逢いました。そして、沖縄戦、米軍占領、米軍統治下、今、日米の軍事植民地状況に闘う沖縄。
参考にしてください

 十・十空襲と那覇市の戦争 

辺野古テント村(9日)
 昨晩からの雨、徐々に晴れてきました。
 テントの周りには、アカバナー(仏草華、ハイビスカス)が、花を咲かせています。
DSC01766.jpg
 学習院の教師たちの訪問。
DSC01743.jpg
 テント授業
DSC01754.jpg
 青森県八戸のみなさん
 1996年以来のお付き合いです。
DSC01747.jpg
 土曜日は暇になります。
  午後は、干潟に来る鳥たちレンズで眺めていました。
DSC01763.jpg

COPIN名古屋始まります。
赤旗(9日)
辺野古・諫早…沿岸域破壊やめよ

伊波陣営
[始動・県知事選2010 沖縄の岐路](2)伊波陣営
 「アメとムチ」面白いです
[続「アメとムチ」の構図・砂上の辺野古回帰]第2部(38)前哨戦「島袋派」支援の矛盾 市長派、知事の態度批判

 沖縄知事選挙 タイムス10日
2010知事選

仲井真知事の手法

仲井真知事の野望と誤魔化し

 仲井真知事はアセス手続き、違法調査すべて認めている。稲嶺名護市長は認めていない。「辺野古移設」「県内移設」反対といえない、県内外のの世論気にして、県外というが、それは、普天間・辺野古を争点から外す。
 手続きはすべて容認して、「厳しむない環境」を作り出すのが手法。毎日、毎日、違法アセスが行われている。論より証拠だ。

DSC01645.jpg
 ウムケー島に上陸
 辺野古~漢那干潟、潟原(水陸両用戦車ハンセン基地上陸地点)
 今日は太陽が出ないが、海藻が見えます。少し疲れた。夜、沖縄ツアーの交流会。
 
DSC01667.jpg
 キャンプシュワブ方面
DSC01692.jpg
沖縄タイムス
手納F15、普天間で123デシベル 聴覚の限界

沖縄タイムス
知事、賛否明言せず 普天間代替
琉球新報社説
普天間爆音増 軽減どころか“沖縄いじめ”だ

秋深しーシュワブ寄せ書き特集

北緯21度付近に雲の塊

 昨日、陸上自衛隊のシュワブ写真添付、嘉数高台でガイドのころ、よく、鉢合わせた。シュワブでは初めて、米軍の装備や親睦、かなり、行っているようです。特別なことではない日常の素顔である。
辺野古も秋だ
 寄せ書き特集

 1995年7月、労働旬報社『語り継ぐ戦中・戦後2』(歴史教育者協議会)が発行された。私は「伊江島に建つ沖縄の太陽碑」を書いている。前年、10月、見本原稿として送られてきたのが、この本の最初の「里の秋」、長野松本から飛騨高山にリフレッシュ休暇を楽しみ、安房峠から平湯温泉に秋が降りていた。平湯温泉で紅葉を楽しみ、 野麦峠を回り、木曽福島でレンタカーを捨て、中津川で沖縄修学旅行のガイダンス。夜の夜中に泊まった宿(新茶屋)、馬篭の里。初めて見る紅葉、里に降りてくる。強烈な印象、5月、函館で見た山吹や桜などの命の息吹も、同様であった。
 
 送られつ送りつ果ては
    木曽の秋(松尾芭蕉句碑)
 是より北
     木曽路(島崎藤村『夜明け前』碑
 秋になると「里の秋」。

この歌は故川田正子が1945年12月24日、戦地から復員する歌として歌われた。沖縄でも夜、心に染み入る。
 今、私は辺野古問題で日本中を飛び回っているが、1990年代は、沖縄修学旅行で飛び回っていた。 
里の秋 【Eb】

DSC01572.jpg
DSC01575.jpg
DSC01576.jpg
DSC01578.jpg
DSC01579.jpg
DSC01580.jpg

DSC01598.jpg

7日
IMG_3518.jpg


(続きー宝貝)
仲井真知事、基地問題クイズ程度か
 琉球新報電版8日
明確な賛否示さず 普天間移設で知事

続きを読む

ラムサール条約・国立公園へー沖縄の運動が動かす

陸上自衛隊幹部候補学校生バス10台
 自衛隊の海兵隊化、日米一体化


キャンプシュワブ早朝行動
  10月7日(木)7:30~8:30


  あなたも参加しませんか。
  10月8日(金)礁池撮影、現在3人、平和丸

 沖縄の運動の成果が
 平和の文化築き、生物多様性の保全を目指す21世紀の地球、昨日のCOP10壮行会、牧志治さんは「平和団体、環境団体、市民団体」が共同した沖縄の自然保護運動、自然保護団体、各地で自然保護にかかわっている個人が、垣根を越えて、沖縄生物多様性市民ネットワークを結成(沖縄DB)、COP10に参加する。政府はCOP10で日本の里山を中心に世界にアピール、テレビの里山の放映が多い、南北に連なる日本列島は気候の多様性、とりわけ、日本の生物多様性の濃密が濃い南西諸島、米軍基地問題を含んで破壊が進む、沖縄の運動がラムサール条約、国立公園の施策を生み出した。政府がCOP10を乗り切るための、諸外国への演出でないことを監視する。
 環境団体、個人が沖縄DBに一つになる。日本でも唯一の例ではないか。

泡瀬干潟、大浦川河口、慶佐次、羽地内外海など
 ラムサール条約登録候補へ(4日大浦河口散歩参照)
汽水域をインナトゥといった。かっては、山原船のみなと、進貢船などのの避難港(泊=ドゥマイ)、平和丸台風避難、
無題6
 マングローブの林の下に
   生物が作った「万里の長城」
無題D
 森は海の恋人
  国立公園構想
私は90年代からヤンバルのダム反対、あるいは、ヤンバルの山の乱開発を批判してきた。厳密にヤンバルというとき、嘉手納弾薬庫の森(多幸山)からいう。西海岸は国定公園、世界自然遺産登録運動もある。高江~阿波間の密林は米軍のジャングル訓練センターである。政府は国立公園指定から外すのか。
無題7
 沖縄タイムス社説(6日) 
[国立公園指定へ]保護の意識を高めたい
 琉球新報社説
国立公園指定 世界自然遺産のステップに2010年10月6日

  (更新7日、1時)

 11時45分更新
辺野古から見える米軍・自衛隊一体化
  
 木曜早朝座り込み
DSC01615.jpg
 名護市議会の報告する
  具志堅徹議員
   10月15日
    「海にも陸にも新基地はいらない決議予定ー傍聴を!
DSC01592.jpg
 観光バスと思ったら
   陸上自衛隊幹部候補学校
    カーテンの隙間から白い制服
DSC01601.jpg
  バス10台でシュワブに入りました。
   将来の自衛隊幹部(400)人と想定
DSC01606.jpg


  今日は自衛隊に演習見せるため
   水陸両用戦車動くでしょう
  11時動いたとの電話あり
DSC01623.jpg


(続きー沖縄県知事選挙情報)

続きを読む

COP10壮行会、日本平和委員会知事選へ

辺野古の一日

 辺野古は、激しく動くときもあれば、静かなる時もあり、燃えるとき、冷めたとき、山あり谷あり、失わない心は希望、おごらず、焦らず、されど、ドラマを生み出す。
 5日も連続辺野古、穏やかな日、静かなる日、揚陸艦も見えず。

   東海の小島の磯の白砂に
     われ泣きぬれて
       蟹と戯れる・
    (われ暇なりて、蟹と戯れる)

 今日も辺野古テント村、疲れていないといえば嘘、朝9時出勤、ただただ暇、干潟に向かって蟹の散歩、カメラのレンズで追い回す。

DSC01446.jpg
 蟹が巣穴から出て遊んでいる。
DSC01454 (0)
 蟹が接吻をした。長い長い接吻だ。高校のころ、石川達三「48歳の抵抗」という映画があった。川口浩と野添瞳が本物の接吻をするという。当時は18歳未満お断りで高校の教師が映画館の入り口で規制する。
 教師と「文学」論争して、入った。キスなんて今は、なーんだ。あのころは、いやいや、先生に勝って、あの映画見たのだから、たちまち、英雄であった。蟹だからいいものの、今、はやりの、隠し撮りか。秋の降り注ぐ陽光、おおらかな蟹の恋、いいかなー。
DSC01452 (0)
 サンフランシスコ条約、「独立」「主権回復」と教えた教師の罪
 蟹をカメラに納め、ちょっと昼寝、12時、大阪市の退職教師が来た。
  同世代のよしみで、講話の開口一番「サー条約」を独立、主権回復と教えた教師の罪が、尖閣列島問題に負の遺産として、現在、また、沖縄に不幸をもたらそうとしている。から、始まって、辺野古の闘いの歴史、展望を話す。昼食は1:20分になった。
DSC01459 (0)


 COP10壮行会

 かじやでーふ
 COP10IN名古屋(10月18日~29日)、沖縄生物多様性市民ネットワークもNGOの1員として参加する。ブース、フォーラム、沖縄の文化含めて多様な企画で参加世界180国、NGO含め1万余の参加だ。旅立ちに「かじやでーふ」の舞、サンシンは伊波博安共同代表と教え子。

DSC01496 (0)
 沖縄の各地の生物多様性を
 高江の清水さん、決意表明
DSC01511 (0)

DSC01545.jpg
 「フクギの雫」(宮森小学校ジエット機墜落事件1959年)の演劇上演の舞
DSC01543.jpg
 COP10参加者と辺野古オジー・オバーたち
DSC01557.jpg
 修学旅行の高校生に
  COP10の展示写真説明する牧志治さん
DSC01561.jpg

 尖閣列島、日本国民が理性的に共有すべき歴史と論理
  国際社会に宣言すすべき、政府と国会、そして、地方議会の責務
「赤旗」記事(10月5日)
 (続きー沖縄知事選挙ー「全国は一つ」)

尖閣諸島問題 日本の領有は歴史的にも国際法上も正当
行会

1965年8月6日、佐藤栄作首相が沖縄に来た。軍用道路1号線(現国道58号線)、数万のデモ隊が座り込んだ「売国奴佐藤帰れ」がスローガン。6時間だ。先島分離返還論、佐藤は現在の那覇新都心の正面の東急ホテルに泊まれなかった。先島を日本の領土でないと日本政府、抵抗した沖縄県民の怒りだ。その日、以来、日の丸掲げなかった沖縄、歴史の事実は消せない。機動隊に押しつぶされて、私の頭から血が流れた。新都心を通るたびに胸まで流れた血を思い出す。沖縄返還闘争は燃える。
 日の丸のための尖閣列島ではない。まさに、吉田茂以来、日本の指導者は「売国奴」なのだ。売国奴を右翼の用語にしてはいけない。偏狭ナショナリストの言葉にしてはいけない。琉球・沖縄が日本政府に堂々と使う日本語だ。
 政治的売国政策に、沖縄は「万国津梁」(沖縄県知事記者会見の屏風)の沖縄を目指している。平和外交の日本の明日の姿だ。国会は世界に向けて宣言せよ。

続きを読む

2度あることは3度あるー必ず勝つ

伊波洋一沖縄知事選予定候補
  北部駆け巡る


 辺野古海上では揚陸艦(デンバー?ジュノー)停泊
  陸では射撃訓、水陸両用戦車吸収
DSC01379.jpg
  はるか沖にはエセックスヘリ着艦訓練
DSC01385.jpg
 LCACらしきものエセックスへ
DSC01389.jpg
時事通信 岩国にF35、F16配備計画
 右翼系 尖閣列島デモ2000人報道しないとメール、サイトで「騒ぎ」出している。私が参加する5000人や2万に集会やデモ、メデイア伝えませんが・・・・・?
尖閣列島の主、沖縄報道・・・・?
 尖閣列島は琉球のもの、アメリカの占領期、カツオ節工場つくり尖閣列島保持した。アメリカの射爆場などで住めなくなった。「日本」は領有権、千島も含めて放棄、沖縄は闘った。
 日本の戦後の対米追従の優れた「遺産」、アメリカペコペコでは「ワジャク」、まだまだ。

 テント村では
  ハワイの学者、ジャーナリスト

 (英文のリーフレット)
DSC01395.jpg
  伊波洋一さん
 テント村訪問

 
「2度あることは3度ある」(嘉陽のおじー)
 市長選挙勝ち、市議選挙勝ち、知事選挙も勝つのだ。
  「知事選挙、伊波さん勝利で、止めを」(伊波選対共同代表渡具知祐徳<元名護市長>
伊波さんは名護市長、今帰仁村長、大宜味村長を訪問、高江、辺野古と精力的に活動スタートさせました。伊波ー稲嶺コンビは宜野湾市民、名護市民の人間的な絆(沖縄戦から、昨日の「二見情話」)深める。
DSC01407.jpg
 辺野古のお父さん
  ワン(俺が)付いている「ワン」
DSC01439.jpg

大浦川河口域を散歩するー日曜日なのに

10月4日(月)3:30
  伊波洋一知事候補、辺野古テント村から「出陣」


10月5日(火)午後2:00
   COP10IN名古屋壮行会
   テント村
10月7日(木)シュワブ早朝無言座り込み(第31回)
10月8日(金) 辺野古湿地撮影会(?)

 ラムサール条約に新しく
  泡瀬干潟、大浦川河口域を登録候補に(環境省)ー昨日参照
 辺野古~漢那(453)干潟
沖縄最大のイノー? 天仁屋岬から勝連半島まで?
 長島から遠望(満潮期)
DSC01154.jpg
 大浦湾と大浦河口域遠望(446)
   長島から
DSC01164.jpg
日曜だというのに
 揚陸艦デンバー、ジュノー(佐世保約1・7万トン)、と思われるが来てヘリ着艦訓練、ゴムボート訓練(LCAC?ボート?収納)

DSC01334.jpg
 強襲揚陸艦エセックス(佐世保約4万トン、とLCAC?
 沖縄にエセックス来ている報道あり、遠くて判明できず。
DSC01347.jpg


伊波さんの「出陣」模様は夜になります

 伊波さん、稲嶺名護市長「辺野古ノー」コンビで知事選挙勝利へ
 宜野湾市民、名護市民が固く結び合う
QABテレビ動画を見てください



 (続き)
二見情話に込められた歴史と現在
 ラムサール条約登録候補ー大浦河口域


 内移設に反対」">宜野湾・名護 両市長意見交換 「普天間県内移設に反対」

続きを読む

大浦湾・大浦川ラムサール条約登録候補地決定か

伊波洋一知事候補
  辺野古テント村から「出陣」
 10月4日(月)午後3:00

泡瀬干潟・大浦湾ラムサール条約登録候補地となったようだ(環境省)
 泡瀬干潟守る会事務局長 前川誠治氏メールより


日本の500の湿地のうち446から500番まで沖縄
  沖縄に55の湿地が存在します。
 大浦湾・大浦川(449)
 沖縄本島東沿岸(辺野古~漢那)(453)
  礁池としては最大か、大浦と一体である。
(写真は明日、10月4日)



我が家の庭の1日-世を忘れて
庭も動く(夏と秋)

 朝、保育園の園児たちが、ビンゴにあいさつに来る。パンダのなりそこないのような顔が園児に人気がある。ビンゴ人が好き、ぶら下がる癖がある。大きいから厄介だ。
DSC01285.jpg
 ニンニクカズラ
DSC01315.jpg

 パッションフルーツ
  2回目の実が付きだす。
 高江・辺野古で消費している。
DSC01311.jpg
 タンカン(沖縄の蜜柑)
 正月には豊作だ
DSC01302.jpg
 侵略者
  隣の家のシブイ(トウガン)、台風に負けず、我が家に侵略、実をつけた。所有権交渉、隣の奥さんと「会談」、今、3個、平和的解決(?)
DSC01297.jpg
 夏の葉野菜モロヘイヤ
  花をつけました。夏と秋が重なっています。
DSC01292.jpg
 野牡丹の実が
  もうすぐ弾き出します。(白です)
DSC01300.jpg
(続きをどうぞ) 

夏のオキナワエビネが
  まだ、咲いています

続きを読む

国家機関すべてに歪みと卑屈がー沖縄は挑む

10月4日(月)3:30分
  伊波洋一知事候補ーテント村から知事選挙本格化へ


 テント村はカリー(幸せ・勝利呼ぶ)
 名護市議選挙の力を知事選挙に(9月13日)
DSC00638.jpg
  (東恩納、仲村、具志堅議員)

 「能天気」な日本65年主権喪失
   司法・行政・立法及び「第4の権力」
  国家機関すべてに歪みと卑屈が

沖縄県議会、主権宣言と抗議決議
 中国恐れ他県 国会できるか、
 尖閣列島領海侵犯の「公務執行妨害罪」を適用、カン・オバマ会談、前原・クリント会談経て、保留処分、対米追従丸見え。
 今日から国会、議員もヤーイジャー(内弁慶?)口だけ達者で逮捕論以上できないであろう。沖縄県議会抗議決議、民主党政権国際的に領有権主張しているか。議会もアメリカにおすがりして議論だけで、沖縄県議会のように決議も、宣言もできず、立法府として役割放棄するであろう。対米追従の民主・自公、亜流絶対勢力では無理だ。卑屈のデパート国会。
 大阪橋本知事のように「ほら吹き」人気とりがせいぜいのところであろう。

 行政はもちろんだが、司法まで「卑屈」と歪み
 過去・現在の問題を裁くととした司法、辺野古違法アセス訴訟、11月の日米会談持ち出して、現場検証、遅らす理由とした。おかしいと批判している。可笑しさが同時的に司法界で膿のように出た。
 外交問題に関する「統治行為論」の限界が、現在の国際状況の現実では通用しないほど法的限界にきているのではないか、司法界の卑屈。
 尖閣列島処分保留も同じだ。
 
憲法76条3項「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される」
 司法界に「良心」「独立」が問われる問題が噴出。

 主権喪失(65年間)国家の「軽薄、馬鹿げた」国会では、周辺諸国の「ワジャク」(いたずら)、ロシアも加わった。まだまだ、ジャブに過ぎない。
 アメリカへの卑屈外交は周辺国への卑屈外交。
 沖縄から見ると在京メデイアの卑屈、煽り、変質、大本営報道が見える。
 
 国家機関の歪み、非人間的・道徳的にも歪み、教育のゆがみもテレビや新聞にぎわしている。天命革まる前兆か。

 対米追従偏狭ナショナリズム煽って、沖縄の民意分断、沖縄基地運命論押しつけは許されない。琉球・沖縄は「万国津梁」の邦。

能天気
([名・形動]軽薄でむこうみずであること。のんきでばかげていること。また、そのさまや、そのような人。「―な人物」◆ 「脳天気」とも書く。)
 アメリカの愚行
  普天間強化
普天間飛行場FA18飛来、騒音急増 市民苦情「戦場と同じ」

辺野古テント村と沖縄知事選挙

高江裁判
  10月1日(金)事前集会 10時


辺野古テント村から始まる知事選挙
 伊波洋一知事候補
   10月4日(月)3:30 テント村訪問
 テント村へ結集しましょう。広げてください。


シュワブ無言すわり込(第30回)
 市長選挙勝利から始めた早朝行動、知事選挙勝利目指して始めました。
 次回は
  10月7日(木)です。朝起き辛いですが、あなたも参加してみませんか。
DSC01262.jpg
 本当に頭が下がります。
 おじー・オバーたち
 知事選挙勝利に向けて頑張ろう。
 「雨(花)も嵐も 踏み越えて」、昔、こんな歌がありました。こんな私もオジーになりましたが・・・。
 「愛染かつら」ネットで聞いてみました。「ひとり行く」のではなく、みんなで「やがて、芽が吹き、春が来る」を・・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=NhDXL-7D5r4DSC01273.jpg
 テント村で毎日見る風景です。
DSC01278.jpg
 「アキサミヨウー」(驚いた)
 テント村の名物ポチ
 泳いでいます。初めてです。今日のテントの最大の話題です。10年前か、犬の恋を描いた「マリリンに逢いたい」という映画がヒットしました。ポチが泳いだ。
DSC01279.jpg
 少年のころ、田舎の映画館から毎日流されました。「愛染かつら」、おじー・オバーたちの青春の歌。
http://www.youtube.com/watch?v=NhDXL-7D5r4
 赤旗(30日)
 仲井間知事の本音が見えます(沖縄県議会)
県内移設反対 なぜ言えぬ


 約束を守らず、嘘で沖縄支配
  (沖縄タイムス)
普天間強化も検討 オスプレイ12年配備計画
 (琉球新報「普天間飛行場FA18飛来騒音急増」
 
「賢い」おばさん(クリントン女史)
 クリントンが登場する度に「お金」をせびっている。媚びる前原、いつも繰り返される。日米外交、おばさんのスマートパワ論は「お金」?。
  (琉球新報)
「思いやり」増額要求 米、外相会談で非公式に
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。