スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真を撮りつづけるー(続き)閣僚たちの語録

 1月7日(金)10時
   高江 沖縄防衛局長交渉

豊里友行さん写真集出版
  おめでとうございます。
 新崎盛暉、大城立裕、伊波義安氏らの文章も載っている。
多くの仲間が購入し若いカメラマンを育ててほしいと、願っています。
う無題

 宝の海に写真掲載して
  カメラを手放さず
 09年頃から、宝の海に写真添付できるようになった。どこに、行ってもカメラは、私の体の一部になっている。
 高江では、防衛局と対峙しながらも撮りつづけている。日記で数千枚添付していると思う。
CD化もできるようになり、記録保存。
 『愚直1」以後の日記、『愚直Ⅱ」と出版したいが、金もなし暇もなし。庭も写真で撮ると面白い。
 今日は、カミさんの現職時代の友人たちが来た。
 宝の海で、カミさん初登場
DSC04714.jpg
 ビンゴと遊ぶ、ビンゴ庭を疾走するのが大好き
DSC04719.jpg
 タンカン熟れる
DSC04723.jpg
 庭に春が来ている
  ツツジの蕾
 オオーシッタイの梅の開花情報
 20日ごろ桜が開花する
DSC04720.jpg

 (続きー閣僚語録)

続きを読む

辺野古テント村の仕事はじめ(?)-アジアの平和戦略の構築を!

高江情報に注目を
 「宝の海」「辺野古浜通信」「やんばる東村高江の現状」をあなたお気に入り、リンクにいれ早い情報を
 緊急事態には緊急発進します。

 最新情報
  ホバリング問題
 沖縄防衛局長再交渉
  1月7日(金)10時、(1月4日、17:10 メールあり)
交渉と着工ー同時進行もあります。朝未明に出ようと・・・。

1月5日、太陽が輝いています。

辺野古の浜では米軍によるフェンスの工事が始まりました。
  愛犬ビンゴ抗議?
DSC04727.jpg
DSC04732.jpg
  (写真 5日13:15更新)



 世界は動いている
  アジアの平和構築戦略で


 辺野古テント村の「初仕事」
 雲に追われた空、太陽がこぼれているので向かう。朝から客が絶えず、火鉢の上では餅が膨らんでいる。今日も鳥たちと戯れながら、新しい年の動きを頭で整理していた。
DSC04685.jpg
 (時折、太陽が出るとテントを出て、4日、文章と写真一致しませんが、辺野古テント村は人も自然もドラマ)

 紛争の平和的流れ
  ルラからルセフ大統領へ
ブラジルでルセフ大統領が就任、女性大統領だ。07年3月、エクアドルキト市で国際反基地ネットワーク、キト大学国際会議ブースの隣はブラジルのメデイアと「グッド モーニング、ウイ、ブラザー」と親しくなった。
 キト会議、日本代表川田氏がコレア大統領に招待された。沖縄のCDを託した。アンデスの高原からマンタへマイクロバスで移動、バスで同席したのが日本でいえば内閣府の役員であった。
 吸い込まれるような渓谷に先住民族は密かに暮らし、果てしない草原に先住民民族が道に現れ、トウモロコシに囲まれた丘の高床式の粗末な住宅は洪水で水没するようだ。島国の世界では想像もつかない世界、バナナプランテイション、熱帯トロピカルの街での世界女性デーの熱狂的歓迎、停電の街での交流、マンタ基地解放行進。南アメリカは親米、反米の違い越えて確実に進歩している。
 ブラジルは、世界サッカー、オリンピックの開催含め、生き生きと輝いている。ルセフ大統領の就任に思った。

DSC04704.jpg
DSC04701.jpg
  (知花昌一ランチショー、1996年「像の檻コンサート」より、技術も心も進歩した?昌一も白髪ましたか?村会議員長年ご苦労さんでした)
日本はどうか?
 軍事同盟は時代遅れ
 「菊と刀」のうごめき
 前原外務大臣「日韓軍事同盟」唱え、外務省は火消しに躍起だ、李明博韓国大統領は、ビヨンドン攻撃の緊張の中でも、北朝鮮に平和的メッセージを送っている。米国は特使を送り日中韓訪問を行っている。
 日中の経済、東南アジアとの経済的結びは強まっているなか、日本の軍事同盟思考は異常な姿と言えないか。新年の各社の社説を読むと「日米同盟深化論」である。その中での前原外務大臣の「日韓同盟」は韓国にとっても異議のあることであろう。日韓物品役務協定提案など、韓国の民衆にとって北朝鮮の次に「怖い」のが日本の偏狭ナショナリズムである。沖縄にとって「菊と刀」は恐怖になり始めている。まして、アジア人民にとって、はかり知れないであろう。

DSC04688.jpg
DSC04655.jpg
 (嫌われ者のシロガシラ、意外とかわいいのだ)
 中国の経済発展と
  アジアの平和
 年頭のニュースは中国経済の動向、中国とアジア社会、南シナ海の南沙諸島領有権をめぐる東南アジア諸国との関係、尖閣列島問題、東南アジアの紛争の平和的解決の原則が中国の「暴走」を止めていると思う。中国経済の動向を「懸念」として、軍事強化に走ることは早計であろう。沖縄の21世紀構想も中国との友好を目指している。「基地列島」(ガブァン・マコーマック「普天間問題・安保と沖縄」琉球新報1月4日2面)では沖縄の発展はない。

 安保・沖縄を観るとき、アジアの平和構築戦略で観、動くことであろう。
 (参考資料、琉球新報1月1日20面添付)
DSC04675.jpg
DSC04676.jpg
 (ミサゴ獲物を捕る。悠然とテント村上空旋回する。捕った魚はシジャー(ダツ)、今までに撮った写真でミサゴらしい勇壮なチャンスと思っている。3月までに獲物捕る瞬間、降下する写真狙う)

DSC04709.jpg
(ツクシガモ、13:7分、辺野古干潟離れたが、明日は?)

DSC04671.jpg
 (辺野古上空KC135空中給油機数回旋回)

琉球新報1月1日20面資料
あ無題
い無題

 (続きー自動車デモ写真2)

続きを読む

自動車デモー28年

最新情報
 1月7日(金)10時
  ホバリング問題
   沖縄防衛局長と再交渉

     (4日、17時10分高江よりメールあり)    


今日は日本全国「ハチウクシー」

第28回普天間全面返還新春自動車デモ

 出発集会(1月3日)
28年前から始まりました。
 今日、日本の国内政治、日米関係の重要な政治課題に発展しました。

DSC04555.jpg
主催者と連帯
 普天間爆音訴訟団も
DSC04545.jpg

 出発集会であいさつする安里猛宜野湾市長
DSC04550.jpg
 ヘリ基地反対協を代表して
  連帯あいさつの機会を与えてくれました。
DSC04568.jpg
 高江ヘリパット住民の会
  伊佐真次さんも高江の支援訴えました。
DSC04569.jpg
 宮城正雄さん
 普天間の反戦地主、沖縄の労働運動の草分け、自動車デモの創始者、1955年の基地闘争から苦難な闘い、沖縄の反基地闘争の生き証人、貴重な人生史、沖縄人民党およびこの世代の人々がいかに差別、無視され来たか、今年もお会いできて感激です。
( 明日、写真続き)
DSC04571.jpg

QABニュース
基地を車で一周し抗議 普天間基地撤去求め自動車デモ

普天間自動車デモーハチウクシーと辺野古の初日

普天間基地一周新春自動車デモ(28回)
  ハチウクシーは自動車デモから
 

 先見的で粘り強い自動車デモ
 宜野湾の実行委員会が普天間返還訴えて始めた新春行事、私の参加は90年代である。拙著『沖縄の太陽』には、「この基地を返還させて沖縄一の街をつくることが二一世紀に生きる君たち(高校生へ)の仕事になる」(1995年7月末日出版)
 9月 少女暴行事件
 翌年12月 SACO合意
無題R
 1997年12月21日 名護市民投票
 1999年 ヘリ基地反対協代表委員就任

futenmamaps_20110102122127.jpg
年末新年の闘い
http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/anpo-news/news10-20.pdf

新春への希望(タイムス、新報社説)
こんな夢をみた]沖縄を平和の公共財に

新年を迎えて/「豊かな沖縄」づくり元年 「発展の鍵」は県民の手に


琉球新報3日社説
原告2万超 現代の民衆蜂起だ 飛行差し止めに踏み込め

続きを読む

わたしの元日ーツクシガモとであう


お正月
 いかがお過ごしですか

正月の新聞読むと、アメリカは最高司令長官の大統領から軍の下々まで、どうしょうもないネダリや乞食に成り下がり、恥も外聞も、誇りも失っています。日本の媚び(琉球新報1面)もひどいものです。
 沖縄の新たな闘い(タイムス)と、2面性が見えます。
 北沢防衛大臣は嘉手納のF15訓練グワム移転で普天間・辺野古の争点そらしに入りました。
沖縄の普天間撤去・「県内移設」反対の一致した総意を、混乱させる戦術に出ました。飛びつくメデイアの貧困が正月から見えます。

 朝からテント村にすわり、干潟の自然の姿、米軍の動き見ていると、民主党政権とアメリカが小さく見えます。


テント村で干潟の鳥たちと戯れています
 千鳥の仲間たち

DSC04436.jpg
 (以下、1月1日、撮影です)
DSC04443.jpg
 シギの仲間
DSC04467.jpg

DSC04468.jpg
 イソヒヨドリ(?)
 ヒヨドリを沖縄ではプーシという。磯のプーシをイシプーシ。
 森のプーシは国の天然記念物と聞かされて、驚いた。小さいころ鳥かごで捕って焼いて食べた。メジロなど鳥モチを竹竿に塗って捕る競争をしていた。
 若い人たちにこんな話をすると、驚く。
「ヤンバルクイナ食べたことがある?」
 食べたかも、しれない?
 オオコウモリは、竹竿に針をつけて、捕っていた。さすがに、ネズミは食べたが、コウモリは食べたことがない。
イシプーシを捕獲することはできない。テントの目の前まで来るから、テントのみなさん、優しいのだ。

DSC04519.jpg
 ツクシガモ(?)
  初めて飛来です。筑紫鴨。有明海が越冬地といわれ、変化が起こっているようです。
DSC04447.jpg
 辺野古干潟の「主」シラサギと筑紫鴨
DSC04520.jpg
 親子でしょうか
絶滅危惧種ⅠB類(EN)
DSC04499.jpg
 鮮やかなきれいな模様です
 正月数時間もゆったりと
DSC04516.jpg
 空にはミサゴ(オスプレイ)準絶滅危惧種(NT)
  エサ捕りを、撮ると頑張っていますが
DSC04534.jpg
 私のお正月でした。

年賀状ー誇り高く堂々と歩もう


 新しい年になりました。
 おめでとうございます。


 辺野古の浜に御来光 拝みにゆきます。
DSC04362.jpg
DSC04354.jpg
(初日は拝めませんでした。稲嶺進名護市長ご夫婦も来ていました)

 2010年は実りの多い年でした。
 名護市長選挙苦節13年かけて手にしました。
 12月の沖縄知事選挙は手にできませんでしたが
  「県外移設」「県内移設」反対のオール沖縄になりました。
   稲嶺進名護市政は「再編交付金」と手を切りました。
   宜野湾・名護市民が市民・行政とも手を結んで歩めます。
無題X
(沖縄の新たな闘い始まります)


2011年堂々と歩めます。
 辺野古テント村・高江テント村も共同して
 勝利の日まで「すわり続けます」、力を貸してください。
DSC04342.jpg
(12月31日、台風のような寒波が襲います。国頭村与那の高平、一月ぶりに国頭周りました。)


「宝の海」の毎日日記、6年余になりました。
 ご愛読感謝いたします。
 2011年も辺野古・高江情報書き続けます。「宝の海」の目は
   世界を観る目は、「平和の文化」「生物多様性」の結合
   アジアを観る目は、憲法9条と東南アジア友好条約2条
   沖縄を観る目は「万国津梁」と民衆の「信」
   日米の進む道は「日米平和友好条約」へ
を、据えて書き続けます。
DSC04345.jpg
 (山風が冷気を運ぶ、N1佐久間さん、N4テント風強く畳む、12月31日)
  (初日のため高江共同店4:00から開店です。山原路、初日拝みで車多いです。安全運転心掛けまし   ょう)

 2011年初頭の闘いは「高江ヘリパット」の闘いが軸になり、
 宜野湾・名護市政を守り育てる。
 辺野古は「評価書」広告縦覧を注視することです。また、3月仲井真知事の「公共用財産使用協議」も、
 2011年度予算、各党が試されます。
 2010年に築いた財産を大切に
 新しい年を堂々と確信をもって歩もう
今年はアメリカ行動も視野に入れた闘いになるでしょう。

   平和丸基金 大西 照雄
     (ヘリ基地反対協議会代表委員)
      名護市大北3-8-20
      HP「宝の海」
      FAX (0980・53・5081・電話は使用禁止)
      携帯  090・1940・1563(13;00~15:00控えてください)
      メール  bingo@y5.dion.ne.jp(「老人性健忘症」メール確実に要件覚えられます)
    (平和丸利用しての海上学習は、テント村だけではなく、平和丸基金にも連絡ください)
   (昨年は体調不良にさまざまな闘い、今年はテント村行きも増やしたいと思っています。)
高江情報はこちらからーリンクお願いします
やんばる東村 高江の現状

 若者たち初泳ぎです
DSC04370.jpg
 護岸に溢れる若者たち
DSC04374.jpg
 8:38分 陽光がこぼれました
DSC04409.jpg
 おせち料理差し入れです(城間勝)
DSC04473.jpg
DSC04382.jpg
(海上には揚陸艦来ています)
 

(正月写真1:40分更新)

続きを読む

プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。