スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党内閣の異常ー社会常識、民主主義への挑戦


高江・辺野古情報
沖縄・全国のみなさん。民主党政権の負担軽減論に騙されず。今、全国の沖縄への目、高江に、当面、高江を1日1日勝ちを積み重ねる。
 高江支援ー防衛省・沖縄防衛局へ抗議の電話

   的は1点です。あなたのメモに
抗議先
沖縄防衛局 098-921-8131防衛省03-5366-3111
内閣官房 03-5253-2111


寝溜め
 能天気でした
 昨日は、高江裁判、辺野古防衛局事務所問題、防衛局交渉、交渉1本に絞って「寝だめ」、朝飯(昼食?食べていると高江「襲撃」の連絡。
  -真部朗防衛局まさか襲うまい・・・-(昨日ブログ)
 浅はかでした。せめて、高江現場重視と書いていたが・・・・。
 民主党政権、沖縄防衛局には世間一般の常識は通用しない。裁判所で「調停中」、争いを仕掛ける。「ヤクザ映画」でも見たことがない。
  (昨日のブログ参照)
[いま、直面する重要なこと辺野古は防衛局名護事務所狙いや規模明らかにし、高江を止めること、高江に大きな結集を作りあげること、沖縄防衛交渉は反対協の幹部を信じ、すべての力を高江に結集すること、26日は裁判も高江現場闘争も重視だ。]

やはり、真部朗、社会通念投げ捨てて動いた。1月13日、真部朗氏の素顔(写真特集)に、有能な(姑息な)社会通念なきエリート(官僚)顔、気になっていた。慇懃だ。
 高江に残ったみなさん、責任者もおらず、古老もいない中で踏ん張った。高江に新しい力が生まれている。

沖縄防衛局交渉
  防衛局名護事務所設置の中止を求める
昨日の「宝の海」で、高江情勢もあり、ヘリ基地反対協のみで対処、代表委員と幹事のみで対応した。
 正解であった。垣花総務課長の回答概要。
 ①設置は、キャンプシュワブ基地行政業務のために予算化が認められた。
 ②44名体制(沖縄防衛局約400人)、当面、名護事務所改修準備で6人態勢。
 ③市・知事の理解をて頭越しにはしない。メドについては状況を見て行う。
 ④名護市、県には意向は伝えているが、名護市は同意してない。
反対協ー同意してないのに6人配置は「頭越しにやっているのではないか。
反対協ー前市長の提案との報道、現市長反対しているから撤回すべき
反対協ー防衛局1割以上の配置、市民投票のように宣伝行動するのか
 (手法の一つとしてチラシの配布もありうる。要請は上司に伝える。
反対協ー名護市民、沖縄県民が築きあげてきた民主主義への当選である。
反対協ー要請受けて、再検討求め、再度、交渉を持つこと確認する。 
DSC05501.jpg

 わたし、添付下手です。
 琉球朝日放送
 高江裁判
  反対協防衛局交渉などです。

QAB報道ステイションQ
http://www.qab.co.jp/


高江、今、人間が踏ん張るとき。
 シー(冷気)が体を襲う雨と寒さ、車で寝ているみなさん、ガースブ(我慢比べ)、屈辱に耐え、理性的行動、状況適格に判断して踏ん張ろう。
 N1は、かなり古い道で150M地点に道が壊れ、かなりの土取らなければなりません。冬の雨季に入りました。赤土が大量に流れる可能性もあります。崩れたカーブの奥は木のトンネルが続きます。4トントラックは交差できる道ではありません。1台だけで見ないで長期的・中期的に見る。怒り、焦り禁物です。粘り、粘り。

 嘉手納基地
  久しぶり観察
 (続きー嘉手納基地40分)

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。