スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在日米軍空母打撃群ー「指示待ち」症候体制(23日2回目更新)


良き隣人の人道支援体制
 トモダチ作戦とエセックス空母打撃群の動き

「指示待ち」症候体制は なぜ?
 19日から、トモダチ作戦、HPに更新されませんでしたが、21,22、23日と今日アップされました。
 16日、エセックス打撃群、山形県沖、山形空港と酒田港拠点と記した。
 在日米軍「トモダチ作戦」のエセックス軍団「指示待ち」体制です。秋田沖に拠点移しています。
 キー・ワード「航海の危険も少なく、福島原発の風上で、原発の影響受けません」と能力の誇示宣伝と「偵察と調査」に従事しているようです。「トモダチ作戦」とすでに発動していますから「指示」は司令官の指示だと思います。

 辺野古の毎日見れば、水陸両用揚陸艦などの能力わかりますが、動いていません。エセックス打撃軍団、レーガン打撃軍団、GW打撃軍団が日本東北日本海、太平洋で「漂流」しているように思えます。
 「人道支援」はNCE(退避)作戦体制のように思えます。
 よく読んでみましょう。

http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/News/110323-meu.html
スポンサーサイト

伊江島ー三つの碑と三つの花(2)

名も知らぬ花は
 藪に咲く

ウリズンを迎える島
 伊江タッチュー
 この山はチャートという古い地層で、その上に石灰岩がいくつもの断層になって大陸的平野をなしています。栴檀の蕾はウリズンの季節を告げます。シャリンバイはじめ島はミツバチが飛び交っています。

DSC08143.jpg
 ウリズンの島は一面にタバコの畑が広がります。北海道はじめ援農者が島にきます。
DSC08059.jpg
 電照菊の収穫終わった畑の向こうに、墓標碑が立っています。
 「名を求めず、栄誉も欲せず、ましてや利を願わず、・・牛のごとくもくもくと下積み仕事に青春の命を傾けつくした」(中野好夫揮毫)[復帰男]古堅宗憲墓標碑である。
DSC08038.jpg
 大江健三郎『沖縄ノート』主人公
 教科書問題「集団自決」で有名だが、第1章(?)の主人公である。数奇な短い人生を歩んだ男である。
この墓標碑の前で、沖縄ノート読むといい。

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/41/0/4150280.html
 阿波根昌鴻
  非暴力の勝利
 1966年、米軍は伊江にナイキハキュリーミサイル配備、島ぐるみの闘いで撤去、わが同僚・友故山入端一博氏の作品を「沖縄の太陽」の表紙に使わせてもらった。

無題C
 核模擬爆弾の降る島
 伊江平和資料館
 70年代国会で問題になりました。

DSC08149.jpg
 現在日本への「警告」
 私たち日本、今、核に怯えています。
 阿波根オジーの警告を刻みます。 
DSC08146.jpg
 嫌われる蔓にも
 山はサルのごとく、海は義経の八艘飛び体力も、今は、タッチューを何度も何度も休み登る。追い越す人を送り、休んでいると、目の前に花があった。この蔓、藪や磯を巻き嫌われる。こんな花咲かすと思いもよらない。
 伊江丸満杯、平和資料館への客少ない、タッチューの頂上に「太陽の碑」見る人なし、まして、古堅宗憲墓標碑に気が付く人なし。この花に気が付く人もなし。
DSC08138.jpg
 (名は知らず)

福島原発事故「人災」
 赤旗
「完璧に問題点予見」
21日、共産党福島県員会の文書も参照ください
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。