スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴く・裁く「歪な日本の構図」ー日本の司法含めて


「思いやり予算削って被災地復興へ」

三上智恵キャスター(QAB)
  放送ウーマン賞受賞ーおめでとう
   (赤旗26日より)


レイビン米上院軍事委員長来沖
http://henoko.ti-da.net/
カン・北沢の動く前に、沖縄も動く、日米政府、未曽有の災害を絶好の機会と動き出す。

震災・原発で政府の動き見えにくいが、外相急遽渡米、北沢来沖予定、作業ヤード(泡瀬浚渫)などが同時に動いている。一方、沖縄と基地、基地政策の矛盾も拡大、「海兵隊抑止力」「地理的優位性」「基地財政論」も理論、実践、検証でも崩れ出した。震災・原発のマスコミ状況で、日米一体となって沖縄民主主義に挑んでくるが・・・・今の沖縄日米政府を企み打ち破る力あり。

 レイビン・仲井真会談、卑屈の「主席」になるか、沖縄民主主義の楽天的冗談いえるか。プライス調査団(1955)の時代ではない。沖縄の知事は1国の大統領であり、相手は財政逼迫の議会の委員長、議長ではない。今日の対談、仲井真が沖縄的「なんくる」に徹することができれば、勝ちだ。相手は「藁をも掴む」思いで来ている。とぼけも戦術的価値を生む。オール沖縄民主主義を否定するか、民主主義標榜するアメリカが、とまで、言えたら沖縄の歴史上の人物になれる。

 松本外相DCに呼び出してグワム移転費「強請る」アメリカ惨めな国だ。海兵隊駐留論拠破れて焦ってくる上院軍事委員長に軍事的哲学はない。プライス調査団には冷戦構造の「核軍事」哲学があった。

 「強請」のオキナワは政治を「強請る」−命ど宝、基地アカン。カンタンに進むと思ったらクリントンもオバマもカンチガイ首相と同じ水準になる。

 海兵隊抑止力は疑問と強請ればいい。出来たらゴーヤーで会談室に「生け花」に沿えたらいい。守礼の邦ですから観葉植物パインもシババナナも、鉢栽培したマンゴーの鉢物も会談場に活ければ言葉いらない。ブッソウゲ、デイゴの花で、バックミュージック「芭蕉布」がいいか。言葉は「ドウデスカネー」の繰り返しでいい。
レイビンは帝国議会の権威、だがb自国議会の財政も捻出できない、日本への「ネダリ」卑屈できている。
 外交権のない仲井真にとっては、外交権持つ世界帝国の軍事予算握る委員長が自ら外交権(否定された)ない自分に会いに来ているから、誇り持って、智恵で優勢になればいいこと。卑屈は向こうだ。
レイビンが歓待に怒っても自己責任、もはや、米国の民主主義は器ないこと自己暴露になる。


「 日本はどこへ」(1)
  「トモダチ作戦」
 
 琉球新報・沖縄タイムス・共同通信企画
 連載記事始まる。どこまで踏み込むのか?
  ネット上アップされるか?

 基地交付金と沖縄の税収
  「基地はお金生む」神話崩れる
    世間常識が通用しない日米関係
琉球新報社説および関連記事
基地交付金 基地負担の財政損失正せ

県議会、米軍属不起訴で抗議決議


暴かれるか原発型再編成交付金
 新報連載「ひずみの構図ー基地経済」(1)

 新基地建設のために原発型交付金で「アメとムチ」、名護市は再編成交付金を拒否、トウデン事故は原発交付金の空しさをゴーストタウンとして残した。
 「大浦パーク」は前市長が再編成交付金でつくった。いくどか、問題にしてきた。二見10区基地交付金で運営してきたと聞く、いわば、「道の駅」である。2000万の運営費、この地で稼げるアズはない。この道の交通量1日多くて2000台。そもそも・・二見10区の区長(二見以北振興会)が責任持つべきで、市の税金の持ち出しはまかりならぬ。
「わんさかパーク」、わんさか(大勢で賑わう)などつけて・・ばか騒ぎ・・・・?その果ては?

「裁こう」裁判所含めて
 2万2000人の嘉手納爆音訴訟
 基地も原発も裁判所は「聖域」として裁かなかった。知識も勇気もない裁判官がトウデンの怠慢を招いた。行政のみならず裁判官も、裁かなかった不法行為として裁く必要があろう。世間一般常識が通用しないのが日本の司法であろう。
 教科書裁判のように、2万余の証言がこの国の「いびつな構造」を裁くか。
 わんさかパーク
無題A
 嘉手納爆音訴訟
無題b
 (いずれも、琉球新報26日)
金口木舌


日米の動きに合わせ
  泡瀬も動き出す

泡瀬埋め立て事業 国と県が変更申請
 赤旗「主張」
「日米合意」強行

http://henoko.ti-da.net/
スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。