スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北沢『代官』来沖考ーアメリカで何が起こっているか

 昨日は沖縄の自然。台風1号ルソン島近海で発生、この時期、この数年、南シナ海から中国へ、1号、北の方向へ、バシー海峡から台湾へ、今年の台風、日本列島北上コースか?
 「魔のバシー海峡」、小さい時から聞く、日本の将兵5万余が眠る海峡でもある。台風情報に欠かせない場所でもある。

「テロ・犯罪国家」アメリカ
  いかに、対応するか
 ペリーの水兵と
  コザ騒動から何を学ぶか 
 ビンラディン殺害にさまざまな論が出ている。沖縄の歴史体験では、アメリカは国内以外に法の支配、法の裁きはないということだ。つまり、すべてにおいて、ダブルスタンダーの国である。自国以外では、報復、仇撃ちしかない。ある意味では、自国以外「人種差別国家」であるという単純な問題であろう。
 アメリカだけが法であり、正義である。

 在沖米軍兵士および家族には、県警から早く逃げろと教育されているであろう。基地に逃げ込め、海に逃げ込め?
 
 ペリー来航、スケベー水兵、酒飲んで女にスケバーして、トゥマイ(泊)のニセグアー(青年)らに追われて水死。その後の交渉などが面白い。沖縄で死んだ水平4人と聞く、あんまり、恥ずかしいか、この水兵の名前刻まれていないようだ。

 アメリカ南北戦争(国難)の前兆で事件は、あいまいにされ、ぺりーの野望は。100年後に琉球を植民地にする。アメリカハ粘り強い国である。報復は、ねばねば・・・。

 だとしたら、70年12月コザ騒動のように、米軍関係事故・事件は住民が逮捕、身柄を拘束する以外にない。日本の警察、検察庁、裁判所も力ない。私が少年の頃のアメリカ西部映画、住民裁判が主流であった。息を殺してみていた。

「事故?防衛」「緊急避難」行為は、法律や地位協定よりも法的にも実践的にも上だ。

沖縄の地下のマグマが動いている。04年の自然、基地、社会に似てきた。
 マグマは、歴代日米政権、オバマ・カンへの裁きになるであろう。沖縄県警は優しい。犯罪米兵を助けた。次は、人の裁きだ。海に逃げた米兵、県警が身柄確保か?


 北沢「代官」の残したもの
  北沢に見えないもの

「日米合意」自ら破るー日米合意は軽いものー
   2014年を永久に
  日米の「恫喝」でもある。
 09年オバマ・鳩山会談から、今日まで見えてきたものは、「2014」外すこと。日米首脳は、この1点で「ゆすり」「たかり」<ごまかし>をやってきた。
 全国紙も09年12月16日以降、「日米合意」絶対論であった。
 哀れな、日米外交。これが日米首脳会談の議題なら、いや、まったく、日米首脳「ハジチラー」外交と言える。また、これほどの「ユクサー」外交はない。(ネット、琉球新報上段に琉球語辞典あり)

 北沢は、隠密、「密使」もつれてきていると思う。これらの動きが重要な意味を持つ。知事との会談だけでは読めない。

辺野古」移設14年完了断念 日米2プラス2で決定へ

 だけどヨー、北沢代官 アメリカで何が起こっているか 
 元在沖海兵隊の
  大統領補佐官ですら
 アメリカ議会、海兵隊出身の議員少なくない。これらの議員が90年代の海兵隊撤退論、不要論を抑えてきた。「思いやり予算」で日本駐留、生き伸びてきた。
 いつも、辺野古で書くのだが、海兵隊にとって辺野古は「アカプルコ」、元大統領補佐官ご本人、辺野古のサンゴの海、一生忘れられないであろう。ラムズフェルド「美しい海」なのだ。
鳩山の「パラダイス(楽園)なのだ」、つまり、沖縄海兵隊は、貧乏で、貧乏人が家族もろともパラダイス楽しむためなのだ。コテージは月20万~30万(基地外住宅)、出勤・出勤後の帰宅、土人ひき殺しても裁かれない、民事保障請求も受けない。海兵隊の天国なのだ。鳩山もよく見ているが、所詮、アメリカの操り人形、カンは、召使いだ。海兵隊、カンのばーべキューコック求めている。
 カン、オバマに命令されると、やるでしょう。字も読めない海兵隊に忠誠(抑止論・トモダチ作戦)で、足の爪までなめるかもしれない。北沢は4軍調整官(海兵隊司令官)にひれふし、媚びた。
 アンシマデ スナ、ハジンアイルスル、軍艦チャーヒンギ、海兵隊チコク、南洋でアシりくわーてィ、日本海、ヒンギマーティ、ドゥ フミー、ウチナーヌ目ィー、ヤマトゥー アランドウ、メーニチ、ヤナグトゥなー、ヤートゥナイヌ、ヒンジムンイー、アメリカーター。
 北沢デーカン、ミーアインナ。
 (琉球語は琉球新報HP,琉球辞典で)

 感激であったろう。

 下地幹郎議員は「混乱呼び込み」議員であるが、国民新党幹事長である。1議員なら「マタナー」と一蹴りするが・・・・ 
前米大統領補佐官が辺野古移設を困難視


辺野古「疑念」 「米も認識」首長歓迎

 あのゴーヤー発言メア君も
  信じられないことが・・・
「辺野古」実現に疑念 米側に移設困難視の空気 合意案固執の日本


  屋良君おめでとう
 あなたも訪問しませんか。
泡瀬干潟を眺め一服 博物館カフェ開店

 (続きー「あの頃、あの時、われらの実践(戦略)」(5回ー1次は終了、米軍再編成への戦略・実践、生産点(現場)から書くときもあろう。今、その時に非ず。今日は長くなります。)

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。