スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま、大切なことー子供らの命

「宝の海」読者から
  池田香代子女史のブログ紹介しました。
   ブログ読んで、読者から新しい情報ありました。教師が自分の持つ科学的判断で行動する。この様な教師がいれば、放射能から子どもらを救えると思う。
 読者から送られて来たメールです。

タイトル:池田香代子さんのブログ、5/11朝ズバの話題
ホスト:p5187-ipbfp601yosemiya.okinawa.ocn.ne.jp
********************
池田香代子さんのブログ拝読しました。
「国の指針に従うのは国民の義務」と山下教授。はなはだギモンです。
原発問題とは違う話ですが、
今朝、朝ズバで、釜石東中学と鵜住居(うのすまい)中学校の生徒たちが、津波からいかに逃れて、助かったかという話題がありました。この中学校は、日頃から防災訓練を行っていたということですが、そのなかで、生徒たちの指導にあたった群馬大学の先生は、

1、想定を信じるなー岩手県作成のハザードマップを信じるな。ハザードマップは津波で浸水しない想定になっている。だが、相手は自然である。結果、中学校の校舎は丸呑みされた。
2、最善を尽くせー津波避難の指定地域に到着した時、避難指定場所裏の岩盤が崩れかけていて、危険と判断。更に高台を目指した。結果、最初の避難場所は、高さ3mまで津波に飲まれ(3階建ての1階部分)、もし、その場にいたら、全員波にのまれて助からなかった。
3、率先避難者たれー地震発生時、中学副校長が這って校内放送で避難を呼びかけようとしたら、停電。ハンドマイクでよびかけようと立ちあがったら、既に生徒たちの避難行動が始まっていた。その姿を見て、3階校舎に避難していた、隣の鵜住居小学生も学校から避難開始。中学生たちのなかに、小学生たちも混じり乍ら避難。小学校低学年のこどもたちもいち早く避難させようと、中学生たちが手を引っ張って逃げた。保育所では保育士さんたちが、小さいこどもたちを引き連れて避難行動。一人で4~5人連れていたので、そこにも中学生が手を差し伸べ、避難行動をし、難を逃れた。

そこから見えるもの。ー指針に従うべき、想定外という言葉のもつ無責任さ、神のみぞ知る、という論理が、いかに人の命を守る、という視点とかけ離れたものか。本当に人の命を守るとはどういうことなのか、考えさせられました。

5.11 震災から2ヶ月。
スポンサーサイト

子どもの命のため福島の教師頑張っています

大きい文字
 国民の義務
  沖縄もトウデン原発も根は同じ
 国民の勇気ある権利の行使が、事実と真実、命の尊厳を守る

 池田香代子女史のブログ、メールで読めるように応募「読んでミー」と乱暴な名だが、有益な情報が知ることができます。
 読むと、長崎大学山下教授講演(福島二本松)の結論である。
 辺野古に関する国と関係する学者の結論と同じである。

 わたしだけでなく、トウデン原発事故に接し、浜岡原発開いた人少なくないと思う。浜岡原発、国民の声に押されて停止。
 子どもにとって放射能の内部被ばくは「ただち」はないことも知っている。科学者が長崎・広島の内部被ばく、チエリノブイリーなどの歴史の教訓に「神のみぞ知る」では科学者と言えない。あらゆる予測拒否し「想定外」と何もしないで、10年後「想定外」を復帰させるのであろう。
 辺野古は「アメリカのみぞ知る」が、国と御用学者の変わらぬ姿である。

「国民の義務として国の方針に従って安心すべきである、ということをお話しするのが、私の目的なのです」(拍手)
 池田香代子女史のブログ
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51783455.html

 メールで、子ども命守るために、奮闘している情報入ります。

日米の恫喝ー「居座るぞ!」



 自公・民主政権
 憲法改悪へ加速始まっています。
  憲法・被災・新基地を一体にとらえた国民運動を!
憲法審査会始動へ急

 宜野湾市民への恫喝
  「居座るぞ?」ー普天間演習激化、辺野古水陸訓練連日
 新報
2011年5月10日
 タイムス
FA18普天間飛来で爆音苦情20件

 琉球新報社説
普天間移設期限 固定化圧力は姑息な手段

 国民新党下地幹郎幹事長
   県民分断に奔走か?
 いつものことだが、下地議員が的外れの動きをしている。
 オール沖縄が県内移設ダメ、辺野古ノーで一つになっているのに、また、シュワブ案などとかき乱す。こんな動きする人「ヒンゲームン」(いつも乱す人)という。
下地氏米側に新移設案 シュワブ周辺提示か
 
 アメリカではキャンベル、グレグソンなど「知日派」が頭に血が上って、沖縄県民へあてつけ始まったようだ。

 沖縄75%
 沖縄タイムスコラム「大弦小弦」、新報「金口木舌」など、短い文章だが面白い。

 さて、沖縄75パーセントとは


金口木舌

[大弦小弦]東日本大震災直後に横浜市の日本新聞博物館で…

 「トモダチ作戦」
 最近、「在日米軍」Hp開きませんでした。久しぶりに開いたら「トモダチ作戦」見えません。私のパソコンが悪いのでしょうか。
 みなさんのパソコンでいかがでしょうか。どこを探せばいいのでしょうか。知っている人教えてください。
 沖縄で「良き隣人」、やりたい放題、その子達も・・・・・。
 


森の家から
 カクチョウラン確認へ大国林道から高江に
DSC09190.jpg

DSC09173.jpg

30年前ごろ、やんばるはチップの皆伐で、皆伐地が草原のような状態になり、カクチョウランが森から顔を表し、群れて咲いた。わたし含めて捕った。庭に育つはずなかった。オキナワサツキブームが起こり、自然に森に咲いてないでしょう。サツキは挿し木で増やせる。森の中に咲くサツキはおそらくないであろう。今、改めて、罪なことしたと思っている。サツキは採ったことなし。
 むかし、群れていた場所、告げることはない。
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。