スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモと豚ー琉球食文化

沖縄は1日2回スコールが降っています。熱いです。バシー海峡東南に低気圧発生です。

 ナデシコ、『姫ユリ」「原発」
カン首相は同窓会やいたるところで、ナデシコJを持ち出して、権力執着に利用している。スポーツ予算を仕分けしたのは蓮舫、科学技術2番発言など、スポーツ予算減らしたのは誰だ。「あんたがた」使う言葉か。
金口木舌

 沖縄の「姫百合」(ここでは沖縄の女子ゴルフアー)も頑張っています。
  (続きに、藍ちゃんのゴルフレンジ登場します)
宮里藍、単独首位で最終ラウンドへ

 無知な日本に「原発」を
  アイゼンハワーは、アメリカ議会の沖縄調査(プライス調査団)を受けて、沖縄を「永久核基地」(1956)をした。本土では原発売り込みを画策、学者を米留学させた。沖縄「米留学」時代である。
 1956年、沖縄は基地反対の島ぐるみの闘い、1960年アイク来沖、民衆の抗議受け米民政府裏口から逃げた。

グアム移転費全額削除 米上院本会議
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-07-22_20867/
2009年3月、中曽根外相とクリントン国務長官の間で結ばれた協定。約100億ドルのうち、日本が60億負担で、クリントンをスマート(賢い・欲張りおばさんと評した)叔母さんと書いた。。
 本協定は日本では議会批准事項だが、アメリカは批准を要しない。クリントンは欲張りおばさんだからグワム移転費の膨れる予算を日本にせびってきた。メアの「タカリ」を実行した。
 協定は日本の国会も縛る。アメリカは縛られない。当初から矛盾は内包していた。アメリカは「普天間居座り」と現実的辺野古進展を「政府」と議会が「劇場喧嘩」をしながら、実務的には自衛隊と米軍の一体化を進め、既成事実による軍事強化で「普天間包囲網」を築いている。と。見るべきであろう。

 基地と地レジ
米軍機による受信障害対策 間に合わず


平和新聞の「宝の海」
 「宝の海はブログ日記と「平和新聞」コラム「宝の海)(月3回23回)を書いている。
無題


 非暴力の力を高江へ
 6月21日、「2プラス2」共同声明は、日米合意「辺野古V字計画」による日米同盟深化に、原子力の「最高水準の安全を促進」を新たにあげた。ゲーツは共同記者会見で「来年の間に具体的進展が得られることの重要性」と、日本の義務の履行を求めた。
 まず、声明で新に動いたのは、「新原発安全神話」、点検などで休んでいた原発の再稼働を急いだが、脱原発の国民世論、「やらせメール」で国民の総批判を受けている。
 声明以来、カン首相・北沢防衛大臣はトモダチ作戦など誇大に描いて「安保安全」「米軍安全」を繰り返している。民主党政権の閣僚の「負担軽減」「安全」は、負担増、危険という言葉に聞こえてくる。閣僚の「丁寧にお願い、説明はする」は、聞く耳持ちませんということである。
 6月10日、前原(前外務―民主党」)、中谷(元防衛―自民党)、佐藤(公明)議員らが
議員連盟立ち上げ、超党派と名乗って来沖した。「どの政党になっても日米合意」とアメリカに忠誠を表明、佐藤議員に至っては「一歩でも2歩でも前進させる道筋をつける事大事」、「前原並みに情熱と熱意をもって取り組む方が首相になれば自民も公明もサポートする」と言う。民主党は沖縄ビジョンで政権にありついた。民自公は沖縄利用して大連立政権を狙う。
「2プラス2」は、声明ではありますが、日本列島縦断要塞基地を狙って具体的な基地の機能強化を挙げている。たとえば、オスプレイの配備、運用は沖縄に限定されるものではなく日本列島全域に運用される。沖縄タイムス12日報道では、生物環境調査に「岩国、東富士」も入っている。声明は、ゲーツの要求に忠実に、辺野古アセスの進展を求め、既成事実として高江ヘリパットの早期建設をもくろみ、高江は24時間座り込み監視体制に入った。24時間座り込みは、すでに、辺野古で試練に耐え、勝利を生んだ実績を持ち、沖縄の66年の蓄積があり、平和的生存権を樹立する柱の一つである。晴れの日も、雨荒らしの日も、暑い日も、木枯らしの日も、沖縄非暴力の力を高江に、今!

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。