スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2信ー激戦の宜野湾市長選挙防衛局介入と審査会報告



沖縄毎日が動的に動いています。 

 激戦の宜野湾市長選挙沖縄防衛局ー組織的介入
 許せません

真部沖縄防衛局長 高江「撤退」したと思ったら、宜野湾市長選挙運動か?
  拡散お願いします。全国的ニュースになっています。
 新報電子版
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186929-storytopic-53.html
 沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-31_29255/

 審査会報告は20:00以降
毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00000046-mai-pol
 琉球新報電子版
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186924-storytopic-53.html

今日は現在の沖縄象徴するニュース
 QABでいくつか放映されました。後に添付します。(資料保存)

アセス審査会
http://www.qab.co.jp/news/2012013133506.html
 赤嶺議員ー宜野湾市長選挙
http://www.qab.co.jp/news/2012013133503.html
泡瀬裁判
http://www.qab.co.jp/news/2012013133510.html
 地位協定と若者の勇気 
http://www.qab.co.jp/news/2012013133498.html

 明日はアセス裁判で陳述
  陳述書ー裁判の時間帯に公開
スポンサーサイト

ミサゴとMV22-ご存知ですか



今日は休むつもりでした。
 赤旗コラム「潮流」にミサゴの記事
 辺野古に鳥のミサゴを追い出し殺人兵器ミサゴ(MV22オスプレイ)いりません

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-30/2012013001_02_0.html

ミサゴ。タカ科に属する大型の鳥です。翼を広げれば170センチにもなるこの鳥は、世界中の海岸沿いに棲(す)み、空中から急降下して足で魚を捕らえます。体は黒褐色、頭は白く、短い冠羽をつけた姿は美しい▼米海兵隊新基地の建設が狙われている沖縄県名護市辺野古の沿岸でも、その姿が見られます。新基地建設のための環境影響評価書でも、建設候補地のほぼ全域でミサゴが確認されたとの調査結果が出ています。翼を休める森を削り、発生した土砂を使って、餌場である海を埋め立てる。ミサゴの生息を脅かす事態です

▼ところが評価書は、こう結論づけています。“ミサゴの行動・採餌範囲は広いから、新基地建設に伴う生息域改変の影響は小さい”―。餌場はほかにもあるから大丈夫、ここから出て行ってくれ、と言っているかのようです

▼ミサゴなどの野鳥を追い出した後、辺野古の上空を自由勝手に飛ぼうとしているのが、ミサゴの英語名をつけた海兵隊の最新鋭機MV22オスプレイ。上空から急降下して狩りをするミサゴの姿を、空から敵を急襲する自らの姿になぞらえたのでしょうか

▼ミサゴを含む猛(もう)禽(きん)類は食物連鎖の頂点に立っています。ミサゴは豊かな生態系を象徴する、自然界の支配者です。一方、海兵隊は圧倒的な軍事力で世界を支配しようとする、米国の覇権主義の象徴です▼エメラルドブルーの、辺野古の海。その上空を飛ぶのは、やはりミサゴがふさわしい。オスプレイの“止まり木”である新基地の建設を許してはなりません

 沖縄タイムスコラム「大弦小弦」のオスプリ
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-30_29180/
 テント村磯の森
  カラスとミサゴの縄張り争い
 辺野古にアメリカ大陸から繁殖に来るようです。「鉄のミサゴ」拒否します。
DSC02644.jpg
 悠然とするミサゴ
            DSC02645.jpg
 魚を狙うミサゴーホバリングして
ミサゴのエサ捕りなかなかチャンスありません。
DSC02649.jpg
 螺旋で落下
          DSC04674.jpg
 シジャー(ダツ)捕り
DSC04676.jpg
 子ども待つ森へ
   これまで、伊江、奥間ビーチ、羽地内海(カンテナ港)、名護湾、勝連半島で目視、特にカンテナ港(名護市中尾次)は頻繁に見られます。
辺野古では漁港・テント村前で撮影できます。
         DSC04675.jpg
 辺野古干潟
  鳥の観察楽しいです。ツクシガモ。
 現場の記録は大事です。私のCDには辺野古の生き物たち記録されています。
DSC04499.jpg
  (撮影 大西 照雄)

 明日はアセス裁判陳述書ー陳述の時間3:30ごろ公開となります。

宜野湾市長選挙
http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/anpo-news/ginowan/120128sityou03.pdf

 防衛省埋め立て申請ー沖縄県議選挙後に
 姑息な手法
琉球新報社説
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186881-storytopic-11.html
 高江情報
  沖縄防衛局長ーなかなか困難だ
 全国のみなさんありがとう
 24時間行動継続です。
無題75

映画ー「誰も知らない基地のこと」


 今日の日記は通院のため更新追記しています。

 沖縄防衛局高江に来ていません
映画「誰も知らない基地のこと」
「高江の現状」に予告篇がアップされました。世界的反基地闘争の映画の予告です。
 予告篇、辺野古・高江の闘いに私がほとんどが出てきます。
 懐かしい映像です。
 「高江の現状」1月29日 
http://takae.ti-da.net/

イタリア人監督トマス・ファツィ、エンリコ・パレンティによるドキュメンタリ映画「スタンディング・アーミー」待望の日本語吹き替え字幕版の公開が予告されていました。高江も登場します。世界に点在する米軍基地の問題を知って、世界のなかで沖縄を考える、世界で同じ体験を共有している人たちとともに考えるチャンスになると期待しています。

 琉球新報
 沖縄県議選と埋め立て申請

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186852-storytopic-53.html
 沖縄タイムス
 海兵隊不要論とアメリカ
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-30_29181/

日本の外交権を「万国津梁の邦」沖縄へ
 日本の政治・経済外交は平和的解決で前進する。
74.jpg
 アセス調査ー談合に匹敵?
 琉球新報社説
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186849-storytopic-11.html

 アセス裁判陳述について
 31日(火)は「宝の海」緊急問題ないときは、アセス陳述の準備のために休みます。
 2月1日は、裁判陳述の時間3:30分ごろ、陳述書と非暴力の闘い写真掲載。陳述書提出は10月ですので、実際の陳述は変わります。

彼岸桜ー今週も多面的闘い


名護は桜祭り
土日は太陽が出て陽気-散歩が楽しいです。


 晴れて夕日がきれいな名護湾
桜の咲はいまいち、妻と名護城散歩-桜より夕日が・・
 頂上まで行くには車で大北赤嶺病院から

62.jpg
家内です。
       DSC01153.jpg


家の周りの彼岸桜
                 DSC01166.jpg
DSC01171.jpg
 桜の下では
          DSC01188.jpg


今週の沖縄
 高江行動継続ーあなたの力貸してください


 宜野湾市長選挙告示1週間前行動(2月5日告示、12日投票)
 
 アセス審査会(31日)

 違法アセス集中審理(2月1日、2日)
 
知事への意見書提出(2月3日メ切)
  (憲法16条の請願権継続)

 ヘリ基地反対協ホームページ
 お知らせ版です。

http://www.mco.ne.jp/~herikiti/info.html

東京の行動ー一坪反戦地主など
高江・米軍ヘリパッド工事再開強行
---------------
防衛省への緊急抗議に参加を!!
≫≫≫≫≫≫≫≪≪≪≪≪≪≪≪
1月30日(月)午後6時30分
防衛省正門前集合
JR・地下鉄「四ツ谷」「市ヶ谷」駅7分

第2発信ーアセス審査会について


アセスのやり直しはできる
 アセス法制定者の会見
 RBCニュース
http://www.rbc.co.jp/rnews.php?itemid=37336
 アセス審査会の
  発言要旨はここから
lhttp://fc2.com/login.php?ref=blogranking

ヘリ基地反対協議会からお知らせ



 金曜日恒例の「廃鶏宅急便」
   私にできることー暖送ること

 金曜日7:00、沖縄平和委員会の与儀さんから電話が入り目が覚めます。
  与儀さんにマグロとタコの頭の味噌和え用刺身、廃鶏5羽を高江に届けました。防衛局来なかったようです。
 
 自分でできること自分で
  今、出来ること

 月金曜日はうるま市の病院で点滴の日、いつも、妻が運転しています。体調がいいので自分で運転し、妻は休んでもらいました。
 帰りに、辺野古テント村に寄り、現職の頃、学園祭で炭を焼いたのが残っていましたので、廃鶏とともに届けました。
無題51

訪問者がいっぱい。DSC01130 (0)
 久しぶりのテント村
  授業を行いました。

 南風原町から95歳の含む家族が訪問、田中君が丁寧な説明しています。私は若いみなさんにお話しをしました。3月ぶりのことでした。沖縄非暴力とアセスの闘いについて。
 
DSC01135.jpg

 スバジョウグー(そば大好き)
  長い間、ソバ食べてない。試みてみました。食べること出来ました。ここのアシテビチ美味いです。
 本店は大宜味村津波、高江に行くとき、食べています。

前田食堂名護支店牛ソバ 無題52
 食べ過ぎました。

ヘリ基地反対協議会から
 知らせです。
 拡散できたらと思っています。よろしく。
http://www.mco.ne.jp/~herikiti/info.html

沖縄県知事ーあなたの意見求めています。

審査会意見提出終わりました。
 沖縄県知事が県民・国民に意見を求めています。


 あなた知事の要請にどうしますか。意見表明しますか。

 日本平和委員会はメールで次のように国民に呼びかけています。沖縄県民どうします。

  私も、あなたも、基地はいりませんと書きましょう。職場で、地域で「意見を書く会」を

 知事からの要請は2月3日(金)です。とても、とても重要です。

拡散お願いします。

辺野古・新基地建設環境影響評価書
    県はさらに意見集約。〆切は2/3

審査会への飛行場事業については、本日正午まででしたが、県環境政策課は「普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書の知事意見の形成にあたり、一般の方から環境保全の見地からの意見を受け付けることにしました。」としています。詳しくは沖縄県のHP環境政策課へ
○意見の提出方法
 環境保全の見地からの意見を記載した意見書(下記様式)を2月3日(金)まで(必着)に、下記提出先へ郵送、FAX又はE-mailで提出してください。(意見内容を正確に把握する必要がありますので、電話による口頭での意見は受け付けいたしません。)なお、県に提出された意見については、知事意見の形成に当たって配慮します。(県あてに提出された意見書については、審議時間の関係上、沖縄県環境影響評価審査会の委員へは配付しません。)
【意見書様式】は・意見書様式(wordファイル)・意見書様式(一太郎ファイル)
【意見提出先及び問い合わせ先】
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2      全国からドシドシ寄せましょう。
   沖縄県環境生活部環境政策課(環境評価班)あて(担当:與儀、前川)
   TEL:098-866-2183、FAX:098-866-2308、E-mail:aa025003@pref.okinawa.lg.jp
※なお、「埋め立て事業」は県条例に関わらないので意見の公募の予定はいまのところなく、2月中旬までに県が素案をまとめる関係で、意見を届けるチャンスは、事実上2月3日となりそうです。

 関連資料、新聞記事は午後になります。

QAB
ニュース
 (17:40)
http://www.qab.co.jp/news/2012012733424.html
審査会の模様
http://www.qab.co.jp/news/2012012733432.html

 アセスと天下り
 赤旗にコメント
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-27/2012012701_02_1.html

天気に誘われてー桜道散歩

名護は桜祭り(28・29日)

 今日、アセス審査会
  次はどんな闘いをするか(第2信で)


 天気がいいのでナングシク(名護城)
   ドライブに行きました。
 治療の後は副作用で元気がなくなうのですが、太陽が朝から出てとてもあったかく桜祭りの会場の名護城にドライブ、辺野古・高江まで車運転すること出来るかの確かめ含めて。森の桜並木散歩しました。
DSC01125.jpg

名護城から見る名護湾・市街地・八重岳DSC01065.jpg
 私の家は右側
DSC01116.jpg
 まだ、桜の開花は1分
  今年は葉桜? 
DSC01088.jpg
 メジロが蜜を
DSC01069.jpg
 
この鳥の名前は? DSC01083.jpg

 ミツバチも群れてきました
DSC01093.jpg
 桜が咲いたら
  ヘゴの新芽ときれいでしょう
DSC01111.jpg
    桜の下にはクワズイモ
DSC01110.jpg
初夏のケラマツツジDSC01124.jpg

 沖縄防衛局長
  真部朗殿
 沖縄タイムスおよびQAB放送を観ました。携帯マイク5~6台使って1mにいる人に連呼することは社会常識に反します。95デシベルは「爆音」です。
 直ちにやめてください。
 現場責任者の平良氏の行動は人間とは思えません。
 沖縄の抵抗は非暴力の座りこみ、歴史的伝統であり、先人の大事な遺産です。
    大西 照雄

今日は通院日
 11:00頃
 読者のみなさんに重要なで緊急の提起をします



26日第2信ーこれ人間のすること

 高江テント破壊に乗り出そうとしています。
   人間のすることか参照

http://takae.ti-da.net/
午後からでも高江へ

 電話
*沖縄防衛局 098-921-8131  
*防衛省03-5366-3111  *内閣官房 03-5253-2111
 FAX
沖縄防衛局長・真部朗 fax098-921-8169
防衛大臣・田中直紀 同03-5269-3270

オスプレイ
  アメリカと沖縄

無題40
  (関連記事―のちほど)

 高江ー沖縄防衛局の「爆音攻勢」1日中
  これ人間のすることー拡散しよう
 沖縄タイムス
無題41
 激戦の宜野湾市長選挙
40.jpg

あなたの五分を高江へーそれはなぜか!

 二つのブログ
  まず、開いてください


 アセスに疑惑の浮上
http://www.qab.co.jp/news/2012012533387.html

 高江の日常は、現場を見ることできます。 
 http://takae.ti-da.net/

 現在の沖縄の闘い
  その多面的課題

  高江・辺野古の現場の闘いを軸に評価書の動き、訪米活動、泡瀬の闘いと多面的に動いています。
 その中で、政局も動いています。自公・民主などの政策的連立を許してはなりません。特に、比例代表削減は絶対に阻止しなければならない焦眉の問題と思います。
 沖縄の闘いは評価書を打ち破る理論・実践が野田政権を追い詰めると思います。

1、 審査会への意見提出は26日(今日)までです。平和・環境団体は必ず意見を出しましょう。次の段階の闘いの大きな財産になります。

2、 次期審査会は1月31日です。
 憲法16条(請願権)の行使で意見表明、要請、審査会激励は「国民固有の権利」です。国民一人一人の手紙が審査員の学問的良心・勇気、英断を生み出します。
   審査会への要請の次は、知事への要請行動が始まります。

3、 泡瀬第二次訴訟の第1回公判ー1月31日です。

4、 辺野古違法アセス裁判集中審理2月1日(水)です。わたしも意見陳述に立ちます。

5、 アメリカ行動は28日までDCで多面的行動です。

6、 宜野湾市長選挙告示(2月12日投票)です。

県民の闘いを分散せよ?
 沖縄防衛局の戦術に負けないために

 高江の動き異常です。県民の闘いの力分散するために、沖縄防衛局異常な行動をとっています。
 沖縄の闘い理性的です。現場の闘いはもちろんですが、「理性の府」である司法に対して、憲法17条(公務員の不法行為)、憲法32条「裁判を受ける権利」行使して結合した闘いと言えます。
 嘉手納・普天間爆音訴訟3次・2次と原告団を増やし、泡瀬は勝っても国は強行、そして2次訴訟に入ります。「非理法権」の日米政府に民主主義的闘いを深めています。
 アセス違法訴訟含めて国家三権に挑んでいます。
わたしたちの闘いは「第4の権力」であるメデイア・ジャーナリズムと闘いでもあります。多くの方々がブログやメールで沖縄の闘い広げています。
 
宝の海」読者の皆さんへ
  沖縄防衛局への抗議を

 高江では山風の冷たい雨のなか、防衛局の発する「爆音」に沖縄非暴力で耐えています。多くの方々、重要な課題のなか支援に行けない状況です。
 この絵は一九六〇年代、伊江島ナイキハーキュリ配備を阻止した伊江島島ぐるみの闘いの絵です。本土から分断され、孤立された中で、一九五〇年代の非暴力の闘いを発展させ、今、高江の姿です。
 今、私たちはネットやメールで繋がっています。毎日、毎日工事を止めています。1月止めれば森にすむ「自然の権利」の主人公たちが、新しい展望を切り開きます。

無題41
 (絵画ー故山入端一博『うずくまる伊江島=ミサイルを撤去させた人々』、前名護平和委員会会長、社会科同僚、なお、核兵器禁止署名名護市民過半数達成実績有)

 あなたの5分の時間を高江にください。
 長い電話必要ではありません。短い文章でいいです。「言葉の暴力」は力になりません。
  そして、あなたの友人に拡散してください。

 電話
*沖縄防衛局 098-921-8131  
*防衛省03-5366-3111  *内閣官房 03-5253-2111
 FAX
沖縄防衛局長・真部朗 fax098-921-8169
防衛大臣・田中直紀 同03-5269-3270


「巨大像2頭とアリの道」
 したたかな歴戦の強者が、それぞれの課題。
 わたしは辺野古の闘いで次のように世論こそ、積極的非暴力を豊かにする力と記録しています。「アリの群れ」は、高江に思いを寄せるあなたの声です。
 辺野古海上闘争を「軍事大国と経済大国の負圧の巨大象に、アリの群れが立ち向かっている。辺野古への道を行ったり来たり、海上の道を行ったり来たり、アリの道のようだ」「アリにも戦略や戦術かあって巨大像を倒すこともある。私たちは海の上だけで闘っているのではない」、巨大象も目、鼻を塞ぎ「巨大象の耳に道を作り、耳の中でアリの軍団が騒ぎ、象を倒す」(旧「宝の海」05年3月3日日記、『愚直』より)

道は道路だけではありません。電話やメール、ネットと多様です。

 小さな村の大きな闘いーその不屈な勇気、日米政府との4年の愚直、沖縄武器なき闘いの思想と文化ー辺野古と同じように「アリの道を!」
あなたの街の小さな行動でも送ってください。

大西照雄

在京メデイアを嘆くのではなく民衆のメデイア(ブログ・メールなど)情報の共有、拡散でネズミの繁殖のような発想が大事、私は技術ないが、心がけている。

日本平和委員会
 防衛省へ抗議

http://peacecommittee.blog.fc2.com/blog-entry-139.html

こちらも見てください、高江座り込みと防衛省対比できます。
http://www.rimpeace.or.jp/jrp/okinawa/henoko120124.html

第2信

アメリカ行動
 英語ですが
http://warisacrime.org/content/japanese-delegation-wants-us-out-okinawa
 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186664-storytopic-53.html

 高江―きょうも(13:14)
http://takae.ti-da.net/

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-25_28964/

アセス独占ー疑惑(13:45)更新
 沖縄タイムス
40.jpg
 記事内容
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-25_28938/

琉球新報
 天下りの構造
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186680-storytopic-3.html

教師になったときー二つの道


意見書提出は26日です。
高江情報QABニュースで


日本平和委員会として46年
  
教師になったとき
 二つのこと
 1966年高校社会科教師になりました。定年退職は2004年3月「政府は私の定年退職に辺野古に手を付けたのが失敗dだ」と冗談しています。昨日の辺野古座り込み看板2836日刻んでいます。
 私が教師になったころは、米軍支配下で復帰運動・ベトナム反戦運動の昂揚期作りあげていました。

1、日本の民間教育運動との連携を持ちたかった。米軍は民間教育運動家を渡航拒否していました。家永裁判の起こったのもこの時期でした。明治教育新書は優れた実践を発行していました。
 宮古には歴史教育者協議会(歴教協)の支部があって教師はもちろん農民もいました。
 赴任した宮古の優れた教師たちから学びました。

2、日本平和委員会に入りました。
 日本平和委員会の活動はありませんでした。社会科教育で平和。沖縄の歴史など「沖縄自立論敵社会科教育」をめざし、野外教育実践はやがて沖縄修学旅行などと結びついてゆきます。
 1998年、名護市民投票後、名護平和委員会の活動に入り、学校の実践と市民運動の結合に入ります。歴教協機関誌『歴史地理教育』には少なくない実践報告書いています。辺野古の闘いが多くの課題があるために、研究はままならないために「名」だけになっています。

 平和新聞と沖縄の闘い
 沖縄の闘いを全国へー最新号に見る
 評価書の闘いを全国に
 桜井国俊論文で評価書の闘いを
無題30
 宜野湾市長選挙を
  全国の闘いへ 

無題33
 沖縄の闘いをラテン・アメリカと連帯
 「宝の海」(21日)は辺野古・高江の非暴力をラテンアメリカの紛争の平和的解決と平和の文化で触れてきました。平和委員会は国際的に沖縄の闘いの重要性を柱にして国際連帯強めています。
 日本平和大会国際会議は10年辺野古の闘い報告して、韓国・カナダ・エクアドル、フランスなど行きました。
31.jpg

32.jpg
 アメリカの国際戦略を
  常に分析
無題34
 「平和新聞」(月3回)
 私の「宝の海」(コラム)を確保

月に1回、辺野古通信を書いています。高江は伊佐さん、沖縄基地の動きは大久保さんが書いています。私の「宝の海通信」は26回になりましたから、3年になります。平和委員会は個人加盟ですから、さまざまな提案を行いメーリングリストで、ほぼ毎日、高江緊急要請、アセスへの草の根の運動を発信しています。

 高江情報
 今日も続きます
 踏ん張っています。
http://www.qab.co.jp/news/2012012433359.html

24日第2信ー高江情報


沖縄防衛局
 高江来襲
http://takae.ti-da.net/

 追記(19:10)
わたしの第1次意見

沖縄県環境影響審査会 殿
                沖縄県名護市大北3-8-20
                  大西 照雄
 環境影響評価ー価評価書に対する意見

 科学者の良心と勇気ある審議・答申を期待いたします。
 結論ー方法書からのやり直しとゼロ・オプションの答申を求めます。
 理由
1、 私は、貴審査会に方法書審議中、大浦湾作業ヤードの現地調査を行うよう要請書を出し、貴審査会は現地調査を行い大浦湾作業ヤード追加方法書から消えました。
沖縄防衛局アセスの自然と人間への冒涜のシンボル的証拠であります。
2、 自然科学であれ、社会科学であれ、その地域に住んでいる人々の聞き取りから始めるべきですが一切ありません。たとえば、ウミガメについて辺野古はウミガメの産卵に『好地』でないと記述しています。沖縄戦、辺野古および瀬嵩は収容所で大浦湾辺野古の海の恵みは多くの命救いました。ウミガメの卵も貴重な食糧でした。なぜ、ウミガメが辺野古地先に産卵しなくなったか歴史的調査行われていません。
3、 辺野古アセスは「科学性と民主性」の欠落のデパートです。
4、 重要な問題をすべて後出し、後出しで住民も、貴審査会も「蚊帳の外」に置かれました。
5、 評価書は、科学者の学問的良心への「冒涜」がすべてを貫いています。
6、 沖縄の戦後史を動かしてきたのは県民の勇気です。1995年少女と母親の勇気は沖縄の「チムグクル」の豊かにしてきました。集団自決軍関与に肉親に手をかけざるをえなかった人々は勇気をもって法廷で証言し、裁判は勝利しました。
7、 貴審査会は方法書でアセスのやり直し、準備書で実質的やり直しを答申しました。県民は大きな励ましを受けました。
8、 沖縄県民の民意は、方法書の段階と比較して、オール沖縄と社会的環境は大きく変化し評価書の「結論あり」を越えています。
9、 貴審査会が住民意見を求めた英断に感謝いたします。知事への答申も学問的知見を貫き県民を励ます答申になることを期待します。
 2012年1月25日

田中・仲井真会談および意見提出呼びかけ



 「宝の海」は正月以来、アセス審査会・知事への意見提出の準備、提出を呼びかけてきました。昨日のメールで多くの団体が動き出しました。
 田中・仲井真会談QABは最後に面白いです。

 前半はアセス審査会(26日)ー基本は学者のみなさんへの激励の心
 後半は知事への要請

 意見提出運動
  本格的に動き出す。

 日本平和委員会が全国的に提起しています。
(平和新聞1月15日は桜井国俊沖縄大学教授の「評価書の問題点」が掲載されています。)
 アセス監視団もメールで提出を呼びかけています。
 沖縄生物多様性ネットワークもメール発信しています。

「宝の海」1月20、21日、沖縄タイムス記事張り着けています。参考になります。印刷および拡散して使用してください。

 アセス監視団の例文
「 名護市辺野古の豊かな海を埋め立てて米軍のための新しい基地をつくる計画。沖縄では、名護市民、名護市長、県議会、県知事も、みんなNOと言っています。にもかかわらず、日米両政府は、むりやりに建設を強行しようとしています。

 この基地建設が環境にどのような影響を与えるかを調べる「環境アセス」の手続きが、現在、国によっておこなわれています。最終段階の「評価書」には、県知事が意見を述べることになっています。

 辺野古の環境アセスで国は、建設をむりやり進めるために、とても非科学的な評価書を出し、辺野古の海の自然を過小評価。また、危険な飛行機オスプレイの配備など建設に都合の悪いことを隠し続けてきました。」

 いま、沖縄県は、知事意見を出す前に「評価書」への県民の意見を募集しています。「辺野古への基地建設は絶対だめだ」という県民のたくさんの思いが強い県知事意見として生かされるように、わたしたちの思いを沖縄県に伝えましょう!」
 アセスに関するHP  立ち上がりました。
  集中的闘いです。
http://henokoassess.ti-da.net/
 26日締切
沖縄県環境影響評価審査会

【意見提出先】
   〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
    沖縄県環境政策課環境政策課(環境評価班)あて
     FAX:098-866-2308
     E-mail:aa025003@pref.okinawa.lg.jp
 引き続き
 沖縄県知事の意見書に対する意見書・要請が開始されます。


23日日記
  各戦線での奮闘

 旧正の日です。糸満や漁民たちは祝いや海の幸の祈願を行います。
 その中、田中防衛大臣の来沖、ラジオから昨日共同通信から受けた取材「田中に期待はない、民主党政権は沖縄の民意『斟酌しない』が基本、辺野古には来ない」と言う趣旨であったようだ。

 高江に防衛局来なかったようだ。田中来沖を前面に出したいのであろう。それとも「テト休戦?」-まさか沖縄防衛局に?
 田中は知事に対して「日米合意を強調」(ムチ)して、沖縄振興予算、軍用地転用(アメ)を宣伝したようだ。
 田中抗議行動、アメリカ行動、アセス審査会対策、高江すわり込、辺野古座り込み、各戦線で多面的行動で動いている。
 
 私は、月曜日(金曜日)はうるま市のクリニックでガン抑制剤ビタミンCなどの点滴を受ける日、先週に比べて体重が1・5km増えた。
 帰りに辺野古テント村を訪問した。昨年10月以来のことである。テント村責任者の一人として現場におれないが、訪問者名簿をめくると訪問者絶えない。高江と県庁に配置してテントは保安要員がしっかりと守る。
 テント村は「学び」と「連帯と絆」を生み出す場である。
無題28
 辺野古の闘いの語り部として
 今、現場におれないが、「宝の海」、メールで闘いの場にいます。
 沖縄戦後民衆の歴史、辺野古の闘いの歴史、明日を現場で語るために病に勝ちたい。
 勝利を共にしたい。
  やはり、現場はいい。
083.jpg
 (昨年10月ごろのわたし)

田中・仲井真会談
 田中から仲井真への花束ー何でしょう?
 田中普天間視察「(ヘリ)そんなに多いわけではないでしょう」
 よく、見てください
 QABニュース
http://www.qab.co.jp/news/2012012333343.html
アメリカ行動
 アメリカ議会前
国会議事堂前の要請団
 (牧志治メール23日)



桜前線日本列島へ北上する


沖縄ヤンバルから桜前線が

今日は旧正です。ショウガワチ(正月)ビーサ(寒さ)が襲ってます。私たちが小さいころは大晦日に豚1頭各家庭で潰し豚肉三昧でクスビリー(下痢)、各家庭には大き甕がいくつもあって塩漬け(シーチカー)は春までの重要な脂肪、タンパク源であった。今日は市場に行ってシ(ス)ーチカー作ってみたい。

 日本列島に春を告げます。

 沖縄の桜は森から里へ
  ヤンバル(北)から南へ
無題20
  (隣の彼岸桜)

 ビワの実が春を告げます。
無題22
 (隣人の庭)
沖縄の春は、今、嵐
 今週の闘いー密度の濃い、集中した闘い
 

アメリカ行動
   (1月21日~28日) 

 23日、田中防衛大臣来沖ー田中・仲井真会談
(共同通信から取材あり)
1月27日(木)沖縄環境アセス審査会ー意見書および意見表明(26日)
   意見を出しましょう。「宝の海」(20・21日参照)

 宜野湾市長選挙ー告示前行動

 高江の闘い

  週明け未明から連日の闘い
 こちらから、刻々発信されています。
あなたのメール・ブログで拡散。
http://takae.ti-da.net/

内閣、防衛省、防衛局に抗議をお願いします。
 *沖縄防衛局 098-921-8131
 *防衛省03-5366-3111
 *内閣官房 03-5253-2111

沖縄防衛局長・真部朗 fax098-921-8169
防衛大臣・田中直紀 同03-5269-3270

アメリカ行動
 ワシントンDC到着
やっとワシントンに到着、みな疲れています。
  (牧志治ー沖縄BDより)


 近況報告

 ガンの告知を受け、手術、「宝の海」で公にしました。
 私は、人間ドックは定期的に受け、胃腸も独自にカメラで検査しています。8月に動脈硬化の手術もしています。
それでも、癌は発見できませんでした。わかったことは、肝臓、胆のう、すい臓などの発見は難しいことで、特別にCT検査など行うことが大切だということです。
 手術後、病院食が食べられない。お米のごはん、アチビー(固めにおかゆ)など全然食べられず、苦しみました。
 退院後も、今まで大盛りで食べていた野菜、チャンプルーなど全然だめです。今まで美味しく食べていたもの体が拒絶するのです。唯一、薩摩イモ、バナナに頼りました。トーモロコシのスープ、ジャガイモ、里イモなどに感謝をしてきました。
 「食べる」との闘いで、妻が様々な試み、ガンと闘う人々との交流は涙が止まりません。
 私も様々な試みを行っています。目玉焼き、スクランブルも全然ダメ、卵を鰹節と味噌で混ぜて熱湯かけてお汁にすると飲める。廃鶏を塩コショウに半日漬けて、炭火で焼くと活ける。それを応用してゆくとメニューが膨らんでくる。妻は写真にとって、メールで交流を深めています。
 沖縄そば・うどんなど全然ダメでした。先日、インスタントラーメを試みてみました。どんどん胃に流れてゆく、あまりにうれしいので、晩は行きつけのラーメン屋にスタミナラーメン(モツが具)を食べに行きました。店の方には残したら悪いので事情を話したのですが、餃子ともどもほとんど食べました。
 週3日は、抗がん剤含めて、がん抑制治療です。毎日、食材の実験をして「食べられる」実感をしています。こんな姿を見て妻にも笑顔が出てきました。
サプリメントも飲めるようになりました。
 自分で料理を作り、自ら力を生み出してゆくこと心がけています。

オスプレイ日本全国飛ぶか

欠陥飛行機オスプレイ  

無題26
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186547-storytopic-9.html

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186542-storytopic-3.html

 オスプレイ
 普天間・新基地・岩国・富士配備
25.jpg
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-22_28823/

21日第2信ー審査会意見要項


審査会への意見提出要項
  拡散

★第11回沖縄県環境影響評価審査会
http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=68&id=24131&page=11

○日時:平成24年1月27日(金) 09時30分~11時30分
○場所:カルチャーリゾート フェストーネ(℡ 098-898-1212)
     (宜野湾市真志喜3丁目28番1号)
○議題:普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書について


★沖縄県環境影響評価審査会による住民等の意見聴取について
http://www3.pref.okinawa.lg.jp/site/view/contview.jsp?cateid=68&id=26193&page=1

1 意見の提出方法
 発言希望者は、環境保全の見地からの意見を記載した意見書(下記様式)を15部ご用意いただき、会場にて審査会の開催前に事務局(環境政策課)へ提出するか、1月26日(木)午前中まで(必着)に、審査会事務局へ郵送、FAX又はE-mailで提出してください。

 【意見書様式】
  ・意見書様式(wordファイル)
  ・意見書様式(一太郎ファイル)

 【意見提出先】
   〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
    沖縄県環境政策課環境政策課(環境評価班)あて
     FAX:098-866-2308
     E-mail:aa025003@pref.okinawa.lg.jp

     
2 審査会での意見聴取の方法
 ① 発言者については、提出された意見書の中から、意見が重複しないよう、当日、会長が指名します。
   発言希望者が多い場合は、すべての発言希望者を指名することはできませんので、ご容赦ください。

 ② 発言時間は1人5分程度、発言者は10人程度とし、トータルで1時間程度とします。

 ③ 発言は希望しないが審査会への意見書の提出を希望される方も、1月26日(木)午前中まで(必着)に、審査会事務局へ意見書を提出してください。提出された意見書は、事務局が各委員に配付します。

 ④ 審査会に提出された意見については、審議の参考とし、答申の形成に当たって配慮します。


【問い合わせ先】
  沖縄県環境影響評価審査会事務局
   環境生活部環境政策課 (担当:與儀、前川)
    TEL:098-866-2183

 沖縄非暴力ー辺野古から高江へ


日本全国
 土・日だが・・・・週明け(23日)は高江に結集しよう


 沖縄防衛局は「夜襲」が得意ー油断するな!
  19日はアセス審査会と第3次嘉手納爆音訴訟、多くの住民がここに集中、沖縄防衛局は手薄の高江を狙って来た。04年4月26日、ボーリング調査単管櫓に金網張り巡らしたのも未明、07年5月18日自衛艦「ぶんご」投入も未明であった。評価書の「投げ込み」12月28日未明「犯した」。
 
 ですから、高江は土・日も「車ホテル」に少なくない方々が宿泊しています。わたし青年前期まで炭焼き、山の炭焼き小屋は風や動物たち、川のせせらぎの楽器が交響曲を奏でる。短い睡眠時間も深い眠りを誘う。
 辺野古の闘い、海の単管櫓に1月寝た。「海上ホテル」であった。

 1月23日(月)未明から高江に結集しよう。時間遅れも大歓迎だ。

こちらから情報を
http://takae.ti-da.net/
「沖縄の将来に禍根を残な!」
 アセス審査会長ー「異例の冒頭」発言ー県民を激励する

 沖縄タイムス(20日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-20_28732/
 あなたに意見を求めています
  あなた意見・激励しますか
  激励することはもっとも人間らしい営みです
 今日の記事だけであなた手紙書けます。

 沖縄タイムス(20日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-20_28736/

 下記は送り先

  沖縄県環境生活部環境政策課
       〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
         TEL 098-866-2183
         FAX 098-866-2308
         e-mail:aa025003@pref.okinawa.lg.jp


高江情報

 QAB
http://www.qab.co.jp/news/2012012033288.html

 沖縄非暴力の力(辺野古から高江へ)ーメモ
  「高江の現状」と友人のメール
 「宝の海」は、月の初めには、私の原点である「平和の文化」「生物多様性保全」の立場を必ず書いてきた。体調崩してこの数か月、書いてない。

今、私は「現場」にいることができません。「高江の現状」(19日、20日)の写真と「訴え」を観ると、沖縄の「武器なき闘い」、非暴力、「万国津梁」600年史を観る思がします。同じ日に、辺野古の海上闘争を闘った愛知のA女史からメールいただいた。
 
外国人(オーストラリア)観る高江の闘い
「高江の現状」(20日)

 「また、昨日は海兵隊の駐留が発表されて激震しているオーストラリアのダーウィンから、アクティヴィストたちが視察に来ていました。インタビューを横で聞いていた人から話を聞いたので、ちょっとだけ補足しておくと、「反米の立場ではない」というのは、「反米ではなく、反戦・平和の立場です」、「駐留するのが外国軍だから、ではない、戦争に反対しているのです」と言っていたそうです。また「統制の取れた」というところは、disciplinedということばが選ばれていたそうです。統制、という訳は合ってるけれど、もっと、自分を律することができる、そのような鍛錬を積んだ人の、というようなニュアンスが含まれているのだと」

 愛知の友人のメール
   方針に従えない人は出て行け

 「辺野古が非暴力の抵抗であることが、どこででも胸を張って語れる根拠です。あの現場で、それを言い続けてこられた大西さんの役割は非常に大きかったと思います。県外からいわゆる過激派が大挙して来る中、毎朝のミーテイングで「ここは非暴力のたたかいの場です。この方針に従えない人は今すぐ出ていってください」。リーダーたちが繰り返したこの言葉の重要性を、後になって認識しました。」
  沖縄の歴史
   先人たち残した財産ー積極的非暴力を豊かに

 外国の目で、沖縄防衛局の暴挙を「異常な世界」と移り、この異常に闘う高江を「統制がとれ」、自分と集団が自分を「律して」いる姿に「鍛錬を積んだ」歴史的世界を観ている。
 04年4月19日、辺野古の座りこみ、テント村が出来た。非暴力の基本方針が闘いとともに確立された。ブッシュの暴力が世界を脅かしていた。
 テント村初代村長として、海の闘いの総責任者として、防衛局(当時は那覇防衛施設局)や公安当局に敢然と立ち向かうのは当然として、闘に参加する人に毎日「従えないなら帰っていただく」と一日幾回の講義をしていた。A女史などに異常と写ったかもしれない。
 国会議員のテント村訪問も、まず、テントの村民になって、村長の許可であいさつさせている。
 グリーンピース「虹の戦士号」の辺野古行動に対しても辺野古の非暴力と方針に従って行動すること求めている。(拙著『愚直』参照05年3月5日、3月12日)

「宝の海」日記「私たちの基本姿勢、戦略、戦術に反するときには、テント村同様、退去してもらうことも辞さない」「国会議員もテント村では同等の人格であり、それ以上のことを求める議員はテント村の「住民」になれない。)虹の戦士号は辺野古の海で錨を降ろすことなく洋上で行動し、感動を与えた。

 防衛局に雇われた辺野古の漁師と仲間たちとの間に小さなトラブルが起こると、夜、辺野古漁協支部などと夜は和解と謝罪、仲間たちに、公安・防衛局の「屈辱」に耐えることを求めること幾度もあった。夜は「宝の海」発信で遅く、朝は早い。
 「大西は夜も昼も敵前でも寝る」と、最も緊張感がないというのが、辺野古の評価であり、一般的評価だ。

 「高江の現状」を観ると「屈辱に耐える」、ひたすらに耐えている。狂いそうだとも言っている。でも、自律した統制された姿は、崇高な闘いとして感動を与えているのだ。
  防衛局の姿、道路でもトレーラーの上でも隊列組んで「吠えて」を連呼している。まさに、異常なオオカミの群れなのだ。
 ラテン・アメリカの非暴力
   マンタ米軍基地行進

 「アメリカの裏庭」と言われたラテンアメリカで紛争の平和的解決、ラテンアメリカの共同が大きく動き、非暴力の運動が世界に影響を与えた。
 07年3月9日、エクアドルマンタ市で国際反基地ネットワーク結成大会終了して米軍基地マンタ基地まで行進した。エクアドルの総会でエクアドルの政府代表は(「平和の文化と紛争の平和的解決でコロンビアとの紛争を解決、マンタ基地を交渉で必ず解決する」と宣言し>た。(1年後実現、首都キト市長は外国代表夕食に招待して教会で平和の文化を演舌した)
 マンタ行進(デモは約8km)、デモの前にベネーゼーラのテレビの取材、デモが出発、あわて走ってデモの隊列探し、比国の友人コラソン女史が「大西さんは横断幕持つのだ」と言う。御横断幕の前で、老人が嬉しそうに剣を振り回している。信号機が見えるとデモ隊が座りだす。リーダーの号令で約100m走りだす。幾度も繰り返す。
 驚くことに、デモのリーダーは比国のコラソン女史。会議のブースで隣ブラジルのプレス、朝、私への挨拶「マイ・ブラザー」であった。ラテン語圏の連帯観を見た思いだ。
3月8日は「世界婦人デー」でキトからマンタまで多くの街で連帯集会、夜町を騎馬隊が行進など、ホテル到着12時。
 情熱の赤道直下のエクアドルで幾度も耳にした「平和の文化」、情熱的な非暴力の文化。街中で深夜まで「世界婦人デー」を祝う国、米軍基地マンタは返還された。


20日ー第2信、審査会記事について

大きい文字
 沖縄の新聞掲載について 
 今日の第2信で掲載約束しましたができません。沖縄では新聞で知ること出来ますが、全国の皆さんには「学び」として大切と思います。

 高江今日も闘い続いています。
 あなたのブログ、メールで拡散お願いします。
 2002年、韓国義政府少女轢殺事件、アメリカ大使館ローソクデモは「メール革命」と言われ、韓国の米軍基地の新しい闘いを作りました。
 高江情報

http://takae.ti-da.net/


内閣、防衛省、防衛局に抗議をお願いします。
 *沖縄防衛局 098-921-8131
 *防衛省03-5366-3111
 *内閣官房 03-5253-2111

沖縄防衛局長・真部朗 fax098-921-8169
防衛大臣・田中直紀 同03-5269-3270

能動的・多面的に動いた19日の沖縄



能動的に多面的に動く沖縄(19日の沖縄)
 防衛省の姑息な戦術に抗して


 日米政府の強権的な動きに対して沖縄は「受け身」で動いているのではありません。嘉手納爆音訴訟初公判、裁判所が「静かな夜」求めなくても、愚直に嘉手納・普天間とも「理性の府ー裁判所」に理性的に立ち向かい国の機関の理不尽許しません。北部市町村会も異例の県外移設決議です。

 1、アセス審査会
   画期的な審査会長発言と異例の住民意見の取り入れ
  まず、QABニュース動画をーあなたとあなたの仲間の学習のためにー拡散しよう。
QAB
http://www.qab.co.jp/news/2012011933261.html
 
 私は正月以来、アセス審査会、知事意見は「激励」になると言ってきました。
  審査会長および審査委員の発言は期待に添えるものです。
 
 辺野古に思いを寄せる団体はまず率先して審査会激励の行動を起こそう。
そして、あなたの仲間に広げよう
  日本全国の個人も直筆の手紙で「激励」をしましょう。
 
  沖縄県知事にはゼロ・オプションの意見書、手紙を出しましょう。

  沖縄県環境影響審査会会長は宮城邦冶
 知事は仲井真弘多

 下記は送り先

  沖縄県環境生活部環境政策課
       〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
         TEL 098-866-2183
         FAX 098-866-2308
         e-mail:aa025003@pref.okinawa.lg.jp

 2、嘉手納爆音訴訟初公判(原告2万)
QAB
http://www.qab.co.jp/news/2012011933263.html

 3、北部市町村会決議

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-19_28699/
 4、国際連帯求めて-地位協定韓国・沖縄
   市民団体が訪米(21日~28日)
   韓国と沖縄の連帯です。
QAB   
http://www.qab.co.jp/news/2012011933269.html

 5、高江ー
19日高江工事止めています。「宝の海」随時緊急情報更新しています。嘉手納爆音・審査会の開かれてい    る日に「鬼の何とか」で襲ってきましたが、高江情報の拡散お願いします。全国の抗議行動力になりまし た。
 こちら今日も開いて
http://takae.ti-da.net/

どんな屈辱にも、頭がおかしくなるようでも
  高江の皆さん 耐えています。わたし、辺野古海上闘争を思い出しています。わたしがブルの押し寄せる前面に座ったのは1962年、世界遺産になった玉陵保存闘争、足にブルが押し出してくる土の冷たさ、恐怖でした。でも、玉陵は世界遺産になった。
 HPの言葉です。短い言葉ですが、沖縄非暴力の姿です。写真の座り込みと重ねてみてください。

「機械のように何時間も、同じ台詞を至近距離から拡声器で叫び続けています。
話し合いをするつもりは全くありません。
私達は耐え続けています。
頭がおかしくなりそうです。」

内閣、防衛省、防衛局に抗議をお願いします。
 *沖縄防衛局 098-921-8131
 *防衛省03-5366-3111
 *内閣官房 03-5253-2111

沖縄防衛局長・真部朗 fax098-921-8169
防衛大臣・田中直紀 同03-5269-3270


 アセス審査会
  どのように見るか、新聞記事は「宝の海」第2信午後4時更新

 私の高江支援
 3週、高江に廃鶏送っています。昨晩もみんなで料理してテントで夕食のようです。廃鶏とは?

 私の「廃鶏メッセージ」



 「廃鶏、ナンダバー」
 与儀さん、森住さんに託そうと思った廃鶏メッセージ、いつも忘れます。
 メールで送ります。
 高江の皆さん
 毎日、ご苦労さんです。
 辺野古アセス評価書も防衛局コケタようです。面白くなります。
 
今日も廃鶏を差し入れします。
 
 むかしむかし、辺土名高校で教鞭を執っていました。当時、大保の森には養鶏所ありまして、卵を産まなくなった鶏はもらえました。もちろん、解体は自分で行います。
 学校で校内球技大会行われると、僕のクラスはテント張って、昼食は廃鶏のお汁を作る。前日は、生徒に鶏の殺し方、解体の仕方教えます。安全カミソリ1本で解体する。いまなら、僕は残虐な教師で、即、首であろう。
1987年7月、塩屋湾で沖縄国体漕艇競技が開催されました。漕艇競技は沖縄では初めて導入された競技でした。
 船の免許を持っているために、少年競技の世話を依頼され、少年の競技力向上委員、監督をせざるを得ない羽目になり、自らもシングルスカルと言う艇を漕ぎます。オリンピックなどで観ると華麗なのですが、不安定な艇で転覆との闘いです。カヌーは誰でもすぐ乗れるようになります。
 沖縄最初(?)の漕艇競技監督です。歴史が浅く、にわか監督でした。
毎日毎日転覆、競技は1000m、生徒が試合に出られる条件は、私と500mで勝つのが第1次テスト。
 成年は、勤務を終わっての練習です。
 寒い冬、体を温めるために廃鶏のお汁を作り艇庫で待ち、打ち寄せられた流木を集め、薪を囲んで、廃鶏の焼肉でミーテイング、私の監督業は「焼き鳥屋」、でも、大切なことです。食べることは『絆』を豊かにします。
 高江から塩屋湾を回る夕暮れ、いつも、思い出すのです。廃鶏。
 辺野古の闘いカヌー。フォアーやエイトをボートで並走して監督らしい掛け声、シングルスカル漕いだ経験が辺野古で生きてくるのです。
 人生無駄と思われる経験が人生のどこかで生きてくるものです。
 授業が終わると塩屋の海、初めての競技、しかも、他県のクルーは大企業の実業団、沖縄国体事務局は「何点取れ」の命令、ステーキと廃鶏の戦いでした。
 監督勲章は痔と中耳炎手術。

 冷たいテント、廃鶏囲みながらユンタク、絆を豊かにしてください。
 美味しいラーメン店、鶏がらスープ、廃鶏です。
 必ず、回復して訪問します。
 廃鶏は、当時の伝手で、手軽に入りますので気にしないで、イノ豚も手に入れておきます。
 鶏をカッターナイフ1本で捌けますか。
 森住さん講演終わって温まってねー。来週は魚の屑?タコの頭?
 大西 照雄



19日第2信ー辺野古アセス公開

アセス最新情報
高江緊急情報
  沖縄防衛局高江「闇討ち」、アセス審査会に押し寄せてきています。
  全国から防衛省・沖縄防衛局に抗議を!

 11:45
 11時56更新
 「高江の現状」
 随時現場の動き伝えます。拡散お願いします。
http://takae.ti-da.net/



 評価書がアップされました。
 全国の要請行動の成果です。
拡散お願いします。

 全体を読むには大変なことだと思います。自分関心のあるところ開くのにかなり不便です。
 アセス監視団に改善をお願いしています。

 飛行場と騒音に関する予測評価について当面意見表明?22日の知事意見書に反映するように?
 なお
 琉球新報特集「破壊のシナリオ」(現在まで19)、沖縄タイムス「普天間アセス」(現在まで10)が参考になると思います。
 
http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/kakubu/03tyoutatubu/hyoukasyo/hyoukasyo.html

明日はアセス審査会と
 私の高江激励メッセージ

森住卓さんとユンタク


 太陽がいっぱい2日続いています。

今日の主な行事
 不意打ちに用心(高江)


平成23年度第10回沖縄県環境影響評価審査会

○日時:平成24年1月19日(木) 13時30分~16時30分
○場所:エリスリーナ西原ヒルズガーデン(℡ 098-946-5555)
      (西原町字津花波431)

○諮問:普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書の審査について
○議題:普天間飛行場代替施設建設事業(飛行場事業)に係る環境影響評価書に
ついて

※ 今回の審査会の傍聴席数は100席程度を予定しております。

問い合わせ先:沖縄県環境生活部環境政策課 TEL 098-866-2183

 森住卓さん
  見舞いに来てくれました。
 世界の核汚染を撮りつづけている森住卓さんと再会。
 昨年2月、高江は激しい闘いでした。森住さん3月3日までいて、3・11大震災で現地に入り、原発3km地点まで取材したようです。
 私の家でユンタクしました。
無題15
 新しい写真集
  『風下の村』いただきました。
 
無題18
 私の「現場」の闘い
  現場に行くことかないません。
 ブログ「宝の海」、メールで情報を発信したり、新聞社などに提言など、部屋でできること努めています。
 私の現場です。
 「宝の海」は海上闘争(04年9月」から毎日日記として辺野古関連ではもっとも長いと思っています。
 宝の海」、あなたのリンク集に入れていただければ幸いです。なお、拡散大歓迎です。
  

  森住さん、18日高江泊のようで、廃鶏託しました。
 寒いテントで夜も警戒、暖かい鶏の御汁をと毎週送っています。
「宝の海」、あなたのリンク集に入れていただければ幸いです。
無題17
 森住さん
 フォートブログ
 核汚染・福島がリアルに見えます。
http://mphoto.sblo.jp/
 沖縄統一連ニュース
http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/anpo-news/okinawa11-20.pdf

http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/

なぜー辺野古・高江強行か


久ぶりに1日中太陽が出て、身も心もさわやか。

 情勢を見る目
 普天間・辺野古15年の闘いの蓄積
  築いた闘いの財産で観るー


「 闘いをふり返り 大衆が信じ合い
 自らの力を確かめ合い決意を新たにし合うためにこそあり」(復帰闘争記念碑碑文)


 沖縄1月の攻防
 年初めから評価書の闘い、2012年を象徴するべく、日米政府と県民との攻防戦が続きます。アメリカの新戦略、野田内閣の基地押しつけの闘いです。野田内閣は県民分断とアセス、高江、泡瀬と住民運動の協同分断を挑んできています。
   アセス審査会・・・1月19日(木)
   田中防衛大臣来沖・・1月22日(日)
   宜野湾市長選挙・・・2月12日
   アメリカ行動(団長山内徳信他22名)・・1月21日~28日
   稲嶺名護市長訪米要請・・・2月6日

こんな中、沖縄防衛局
高江を襲撃しています(1月17日

 「宝の海」(1月17日)開けば情報が取れます。「高江の現状」で現場の闘いリアルに見れます。非暴力の冷静な行動で止めています。
重機を入れさせない。今日も朝から緊迫します。ぜひ、高江に駆けつけてください。45日間の闘いとなります。
わたしは療養中で現場にいけないので「宝の海」とメールで発信です。夜襲の備えて24時間体制です。

抗議の電話をかけてください。

沖縄防衛局 098-921-8131  *防衛省03-5366-3111  *内閣官房 03-5253-2111


 1月17日の動きがQABニュースで見てください。

 高江再開
 現場はCH46ヘリで威圧 
 
 http://www.qab.co.jp/news/2012011733221.html
 国の普天間「固定化」に
 爆音訴訟提訴で対抗(原告3000人)


http://www.qab.co.jp/

アセス訴訟
 3日動画(1月13日)

(沖縄生物ネットワークbd岡本由希子製作)-学習拡散願えれば

http://youtu.be/NXPX9EP9Kvs

緊急発進17日第2信ー高江緊迫



沖縄防衛局
 高江強襲
 詳しくは下記を見てください。拡散求。

http://takae.ti-da.net/


森住卓HP
 森住卓氏も高江に来ていて
  HPに高江の闘い発信しています。
http://mphoto.sblo.jp/

米国の強気発言と防衛大臣ーどう読み取っていくか!



 日米政府の動きを注目
  沖縄県民の闘いを基本に

 田中防衛大臣「年内着工」発言撤回
 時事ドットコム(16日)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012011600728&j4

民主党がなぜ自民党かするか。決定的なことは民主党には「綱領」がないという政党の基本要件をなしてない政治集団であることであろう。かっては自民党も公明党も綱領をもっていたが現在の綱領は「政策」的になっている。みんなの党も、大阪維新の会も綱領とするものを形式的に持っている。民主党は形式的にもない。
 マニフエスト(公約)のみで、今、公約をすべて捨てている。
 15日ブログの野田総理のマニフエストと今日見ると、この政治集団は羅針盤なき航海をしているから、座礁や衝突を繰り返している。公約は、日本の政治の伝統は「口約」政治にである。

 二大政党制を政治の理想とし、中選挙区から変えた。リードしたのはメデイアであった。小選挙区制は、政治家の低下と世襲的若殿を生み、切磋琢磨する政治家を失い、国家・国民を論じる政治家を失った。
 国民の多様な生活が反映された議会、多様性を統一する政治力量が求められる。

 政界再編成で野合的(政党助成金)政治集団ができても、漂流しかない。
いま、日本の政党で綱領を持つ政党は日本共産党のみと言える。綱領を持つのが近代政党の基本条件である。
 民主党政権の混乱、議員の質の低下の原因は「綱領なき政治集団」の当然の姿であろう。



 稲嶺名護市長訪米
 沖縄タイムス電子版(16日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-16_28586/

 在日米軍の普天間「固定化」の脅し
 
 朝日テレ
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220113043.html

 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120113k0000e030165000c.html

16日第2信=評価書・田中発言ー名護市の動き



名護市の動き

沖縄タイムス(16日)
 名護市長田中防衛大臣発言批判
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-16_28575/

 名護市議会
 沖縄防衛局に抗議
  知事に意見書
 琉球新報電子版(16日9
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186316-storytopic-53.html

憲法の権利を行使しようーアセスへ意見表明権


評価書に意見表明の権利を獲得しよう。

 防衛省は評価書公開しません。評価書に対して国民は意見表明の機会ありません。
 日本国憲法は次のように規定しています。評価書への意見表明権は憲法16条「その他の事項」に該当し、国民の権利は「不断の努力」による権利行使によって豊かにされ、人権と民主主義が花開く、政局も動いています。

 これまでの闘いの蓄積、国民が12月・1月の「犯す」、評価書の闘いで、辺野古アセスの理不尽さを認識し始めて、自公・民主党政権の辺野古アセスを見抜き、日米外交にも軋みが起きています。
 (山崎豊子ドラマ『運命の人』も始まった)

 私は「宝の海」で、評価書の審査会と知事意見に住民と国民的意見を出すことを提起しています。


「第16条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。」

 「第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。」

 次の沖縄タイムス報道は重要です。

沖縄県住民の意見
 求める意向(沖縄タイムス14日)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-14_28476/
(拡散)


 沖縄県に住民意見を求める声を
  大きくしよう
 国民的運動で辺野古アセスを暴き、「ゼロ・オプション」を求めよう!


 第1回アセス審査会は1月19日開催
 知事意見(飛行場)は2月20日

 沖縄県環境影響審査会会長は宮城邦冶
 知事は仲井真弘多

 下記は送り先

  沖縄県環境生活部環境政策課
       〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
         TEL 098-866-2183
         FAX 098-866-2308
         e-mail:aa025003@pref.okinawa.lg.jp



田中防衛大臣ー年内着工発言
 日本テレビ(15日)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20120115-00000025-nnn-pol

 「年内着工想定してない」防衛省幹部
   田中大臣の無知露呈か?トンチンカン発言増産大臣になるか。
今日の新聞賑わうか
 時事通信(15日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120115-00000050-jij-pol

15日第2信ー野田首相ー昔と今


ブログ「高江の現状」(15日)に
 面白い動画ありました。
 野田首相のマニフエスト
  現在と比較してください。拡散求めています。

http://takae.ti-da.net/

オスプレイ^騒音拡大



全国的には寒波で雪、でも地域ごとに太陽も出ている。
 11月中旬から太陽が顔出さない
 キビの収穫ハベスター使用しているが、多くは手作業。鎌で刈り取っている。各家庭の出荷誹は決まっている。雨が降ろうが日にちずらせない。雨に濡れてユイマール続く、寒さが体に染み込んでシー(冷気)が蓄積してから体壊す。老齢化しているからつらい。2月までシーに悩まされる。
 伊江ではタバコ植えつけが始まる。太陽が出ないと農家は厳し、豊作が震災にやられた。菊もやられた。
 彼岸・3・11の需要で農家は調整してる。
 太陽がほしい。
 2月キャンプも雨しだいである。太陽がほしい。
 わたしも散歩の太陽が欲しい。


日本共産党沖縄県議団HPに
 評価書概要アップされました。

印刷に時間かかります。
 準備書のように防衛省HPに記載されれば使いやすい。
 公開引き続き求めましょう。
 県議団HP紹介
http://jcp-okinawa.main.jp/
 評価書に宜野湾市コメント
 タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-13_28430/
 名護市議会評価書抗議へ
 タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-13_28461/
タイムス「総点検普天間アセスー5滑走路)
 弾薬積んでますます危険
無題1
無題2
a>

 滑走路を1500Mへーオバーランを使用
  準備書(1800M=滑走路1600プラスオバーラン100M、100M)
  評価書(1800M=滑走路1200Mプラスオバーラン300M、300M)
 記事内容
  「ただこうして無理に確保した1500MでもMV22オスプレイが最大積載重量(25・8トン)を積載し離陸するには1536M必要でオバーランから滑走しても足りないため、一部機種で積載量を制限する必要が生じた。軍事基地としての機能制限が必要になる本末転倒の形だ。」
 検証ー 米軍積載制限守らないー1968年B52爆撃機墜落
     作ってしまえば拡張
      機能強化をする腹だ。

「破壊のシナリオ5)新報13日
  全地域で騒音増大
無題3
 評価書
  「環境保全の見直しを要する場合には、米軍に対しその実施を周知する」
 早朝・夜も、どこでも、爆音垂れ流し容認宣言である

 赤旗(13日

オスプレイで騒音大幅増
辺野古配備 アセス評価書に記述
低周波音 睡眠障害も
 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-13/2012011301_01_1.html

違法アセス裁判動画見れます


違法アセス裁判
 動画が見れます
http://www.youtube.com/watch?v=cACF6YrfxD0&feature=youtu.be
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。