スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日第2信速報ー辺野古断念報道


沖縄は土・日ありませんねー

沖縄タイムス
 情報分析中
88.jpg
 関連記事―時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120203-00000176-jij-pol
沖縄タイムス記事
 http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-02-04_29420/
アメリカは復讐国家であること
  アメリカの戦争の歴史
  普天間全面返還が移設条件になり、
撤去可能なヘリポート名護市民投票で破れると軍民共用空港、沖縄非暴力に破れるとV字と牙をむいてきました。
  すでに、MV22を岩国・富士配備報道もあります。
 
 冷静な分析必要
  当面の重要な闘いー宜野湾市長選挙です。この選挙の攪乱も視野に入れていると思います。
  6日、稲嶺市長訪米です。

 伊波さん 過密な日程
 わかります。(12:30分更新)
http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/anpo-news/ginowan/120203sityou07.pdf
スポンサーサイト

『通販生活』と激戦の宜野湾市長選挙

全国ー土日です。
 沖縄は宜野湾市長選挙で熱い闘いでです。
  2月5日(日)告示
 軸足を宜野湾市の隅々に!


 『通販生活』と普天間基地
販売1位「安眠枕」-宜野湾では役にたたず?

無題91
 『通販生活』さん
 宜野湾で眠れる「安眠枕」開発したら、世界的にウルトラ「安眠枕」できます。
        92.jpg

 『通販生活」に見る普天間基地学習ーその1
 森まゆみルポ「それを農民から借りて訓練用の基地にした。」
 米軍は沖縄戦、日本軍と戦いながら本土攻撃基地を建設、普天間はその一つ、宜野湾村民は大浦崎収容所(現キャンプスワブ=辺野古新基地予定地)に収容、故郷へ帰ると基地になっていた。「借りた」のではありません。「占領」されたのです。戦争終わったら返還されるのが国際法の原則です。

 宜野湾市民の闘いは沖縄の抵抗の発火点、導火線ーその2
 1955年、宜野湾伊佐浜および伊江島の新規土地、伊佐浜の闘いは沖縄の米軍への組織的抵抗へ発展する。
 1956年、4原則貫徹島ぐるみの抵抗起こる。その中の一つ「一括払い反対」(米軍が土地を買う)があり、 正当な土地使用代を要求する。今、日本政府が土地代毎年支払している。詳しくはネットで『4原則運動』を検 索するといい。
現在は基地を返還させて、自立した沖縄創る時代です。
 
 宜野湾市民の心「わたしたちの苦しみを辺野古の人に味あせたくない」-その3
 森さんのルポは、大事な視点と心に立ち、また「辺野古移転に沖縄県民84%反対だが宜野湾市民では96%の高きにのぼる」と書いています。
ヤンバルの山(宜野湾は今帰仁)に疎開した人々は米軍、何よりも友軍の住民虐殺に怯えて米軍の捕虜になり、収容所に、南部戦線の始まるころは収容所。辺野古基地は大浦崎収容所で宜野湾村民はじめ約3万人、瀬嵩も収容所。
 戦後、最初にカンカラサンシンでできたといわれる琉球民謡「二見情話」は、宜野湾村民が大浦崎収容所から故 郷への帰還許された時の歌だといわれている。戦場の哀れ、二見(辺野古)への恩、
 辺野古に来られたら二見情話の碑の前に立つこと勧めます。情けは66年経っても。
 住民虐殺は拙著『中村梁仁王虐殺の碑を訪ねて』(県立図書館)にも書いています。

 久ぶりに「二見情話」を聞きます。
  本土の方は田端義夫のギターで再度聞いてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=AmA249je2vg
 歌詞は
http://lyric.kget.jp/lyric/yv/gp/

宜野湾市長選挙に全力を!
 真部問題は、風としては伊波さんに追い風と思えますが
  選挙は足です。
 メデイアは「争点なき選挙」と報道、ラジオの評論家も同じです。もっとも、危険な宣伝です。
 03年イハ氏の市長当選は辺野古に希望を与え、オール沖縄への道を作りました。
 自公・民主政権は、S氏で、逆襲を狙っています。
 ビラ1枚でも配りにゆきたいが、ヤンメームン(療養生活)にはできない。
  ヤーグマ(家籠り)で、情報発信もまた「足場」か

 名護市民は防衛予算に頼らない道を進んでいます。


 辺野古移設推進してきた自公・「民」予定候補は、防衛予算で街つくり(130億)と言います。「普天間固定 化」論を、うまく利用しています。真部氏の「講話」の論理です。

 市民運動であれ、選挙であれ、足を動かすことです。12月以来の闘いは「軸足」を現場に置きました。

 市長選挙の軸足は宜野湾市です。

 奈良の「宝の海」の読者Y女史が集めた
 寄せ書きとカンパが送られてきました。奈良の「足」です。私の判断で沖縄統一連宜野湾選挙事務所に届けます。ありがとう。

 伊波陣営の土日の日程です
 出発式(2月5日8時半)

http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/anpo-news/ginowan/120202sityou06.pdf
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。