スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクアドル国際女性デーと辺野古

国際会議バンクーバーからエクアドルへ

 06年6月カナダバンクーバー世界平和フォーラムに参加した。反基地分科会でエクアドルの代表とコレア大統領を実現し、エクアドルで国際反基地ネットワークの結成総会を成功させようと誓った。
 「9条」分科会にも出た。フロアの発言は2分、休憩前に沖縄から日本国憲法を語るに2分では話せない、5分いただけませんかと了承をいた。最後に指名されたが1分を与えるという。発言拒否をした。25年間憲法の庇護のなかった屈辱と同じと思った。
 そのことがあって、エクアドル反基地ネットワーク(07年3月)では組織名称、組織論、国際連帯の問題で、辺野古の闘い軸に総会、分科会で積極的発言をした。
 両会議ともカンパをいただいたので、沖縄平和委員会には毎日「カナダ日記」「エクアドル通信」を送り、エクアドルにはビラを1000枚、辺野古の自然と闘い記録CD50枚、総会入り口にブース設営して友好深めた。
 高原の首都キトから港町マンタ(米軍基地)へ経ったのが3月8日であった。

エクアドル通信 NO3 山の街キトから海の街マンタへ
 エクアドルの国際女性デー

 マッチの燃え方が違う。3月8日、晴天、国際女性デーである。朝7時出発にあわせホテルを6時45分に出る。指定の公園にバス3台、誰も来てない。日本平和委員会バスに荷物を乗せる。昼食が保障されないので、ホテルのバイキングからパン2個、バナナをもらう。バス停にパン屋があるのでパンと水を追加、キューバA・A・ALの幹部たちが来たので名刺交換と記念撮影、大会では日本と同じような発言をしていた。出発は9時となった。沖縄だ。
 高原の険しい頂きに住宅やマンションが空に伸びる。日本平和大会に参加した方(現通信省政務次官)、美しく魅惑的な瞳の女性二人、赤旗記者、滝本氏が後座席に座った。8台のキャラバン、パトカーが誘導、後ろからは救急車、コレア大統領になって変化したこと警官、高速料金と政務次官は説明した。川田氏がコレア大統領に招待を受けタクシーで後から来る予定。果てしなく広がる高原は山の頂上まで牧草、走ること約1時間トイレタイム、雲海が山を消して襲ってくる、男どもは草原に向かって消防活動。
 高原を降る。数百メートルの断崖の谷底、木はない、降るにしたがって部分的に熱帯樹林の面影が残るが険しい頂上まで草である。断崖に家があり山羊の姿。低い高原も果てしなく草原化して熱帯雨林の面影はない。住宅地は見えないが人と馬が見える。低地に入るとバナナのプランテイション。集積所がいくつもあり、トラックが満載して行く、村は高床式竹で囲った簡単住宅、先住民の家だ。衛生状況が悪いことは人目でわかる貧しさ。穀物はトーモロコシ以外に見えない。
 4時、小さな(街)で国際女性集会、私の挨拶が予定されている。町は祭りになった。日本でも女性デーあるのと聞いてみた。あいさつ原稿は日本から送ってあったので平野女史と、雰囲気に合わせて訂正する(帰国に完成)、夜8時、マンタ近くの街で国際女性デー、バンド付きで喧騒、馬で戦士が入場、乱舞だ。挨拶は平和委員会の女性3人、ここで安次富氏らのバス行方不明。バスで熟睡、目を覚ますと暗闇のバス、降りて集会所らしきところに向かうが突然停電(2回目)で、道路に一人立つ、恐怖が体を流れる。バスに引き返す。11時30分ホテル着、夕食なし、深い眠りに入る。キトでは睡眠が浅く3時には目を覚ましていた。空気の濃さが睡眠を呼ぶのだ。

沖縄にも エクアドルにも米軍基地は要らない(国際女性デー市民集会挨拶)
            ヘリ基地反対協議会  大西 照雄

(こんにちは)
国際女性デーおめでとうございます。
 新自由主義に反対、米軍基地の撤去をめざすエクアドル国民に連帯の挨拶を送ります。
私は太平洋の西に浮かぶ沖縄列島から来ました。
  (略)
 沖縄県の中心沖縄島は、東西約10km、南北約120kmの小さな島で120万人が住んでいます。沖縄県は東洋最大の米軍基地集中、米軍の出撃基地となっています。沖縄諸島は熱帯・亜熱帯、温帯が複合した、サンゴ礁とラグーンに囲まれた自然豊な島です。エクアドルの美しい自然に例えて「東洋のガラパゴス」と呼ばれています。

私は高校教師の道を歩み、アメリカの軍事植民地支配に抵抗する青年の教育に情熱を注いできました。
エクアドルに来ての第一の感想は、大会の成功のために多くの青年が参加して大会の運営の中心にいることです。男性の目は楽天的で理性に輝き、女性の瞳は情熱的に深く澄み、美しいく輝いている。この輝く青年の目はエクアドルの明日の社会を築く宝だ。
  (略)
ラテンアメリカで広がる新自由主義反対、アメリカの覇権主義に反対する人民の闘いは、私たちの闘いに勇気と力を与えました。
昨年6月、カナダで開催された世界平和フォーラムで、エクアドルの代表にエクアドル人民の戦いの発展を希望し、外国軍隊基地撤去での再会を約束しました。
コレアレア大統領を誕生させ熱気に満ちたこの集会に参加、挨拶の機会を得て、海を越え、皆さんと結ばれたことを誇りに思います。
沖縄とエクアドルの自然は似ています。この美しい自然と平和を破壊するブッシュは地球の敵です。
エクアドル人民とラテンアメリカの新自由主義反対、経済主権獲得のうねりは人民の共同は、わたしたちの財産となっています。沖縄の闘いも、アジア人民の共同に向けて新しい仕事に向かいます。このエクアドルの大会は、各国におけるアメリカの基地撤去の戦いを、「世界は一つ」に結びました。
私たちは平和と社会発展の築く兄弟となった。

私たちは勝利に向かって結ばれた。
ありがとうございました。

 日本の国際女性でー  赤旗(9日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-09/2012030901_04_1.html


キャンプシュワブ 陸上部分施設整備に112億円
QAB

http://www.qab.co.jp/news/2012030834286.html
普天間補修、日本側支出15億円超
沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-03-08_30784/

スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。