スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10日第2信ー2紙社説に思うこと



県内紙2紙社説
 差別論・不平等論

    朝日・タイムス世論調査(9日)
    毎日・新報世論調査(9日)
[県民意識調査]「27度線」が浮上した…
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-05-10_33548/

復帰世論調査/不平等の根 断つ時だ 新基地拒む民意の反映を
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-191001-storytopic-11.html

 私は新聞読むとき、前文読み、結論読んで全体を読むす習性がある。
 タイムス『普天間問題一からやり直しすべきだ」
 新報「強固な民意で「日米同盟」の不条理を突き崩したい」

 差別論・不平等論の世論調査の根拠
  タイムス
    1、「本土の人と沖縄の人の違う面」、感じる72%、感じない18%
    2、本土の人たちが沖縄理解、「思わない」63%
    3、沖縄基地減らないのは本土による沖縄差別『思う」50%、思わない41%
  新報
    1、在日米軍基地75%集中、不平等沖縄69%、本土33%
    2、住んでいる地域に写される(本土)、賛成24パーセント。反対67%
    3、県内移設反対(本土側)、69%
 原点から見る。
 1、沖縄県民の復帰はへの要求は「核も基地もない平和の沖縄。屋良朝苗「建議書」(幻の建議書)
 2、普天間は全面返還・閉鎖撤去、移設論、負担軽減による訓練移転でもない
 3、海兵隊は日本の財政投入なくして日本駐留できない日本ミニタリストの「傭兵」、「傭兵」で日本のナショナ   リズムが進んでいる。「思いやり」予算など断ち切る政府を。
 4、日本各地であれ、グワムであれ「いらないものは、いらないと」明確することは権利である。
 5、支配者は人民の対立をあおる。

沖縄タイムスから
 安保へ言及しない「構造的差別の・・

 「「差別」という言葉が、基地問題を語るキーワードとして普通に使われるようになったのは、民主党政権誕生以降のことだ。

 一部の研究者は以前から、基地問題の構造的性格に着目して「構造的差別」という表現を使い、いわゆる「差別」問題一般とは区別していた。

 ここにきて、なぜ、「差別」という言葉が前景化したのだろうか。」

タイムスが疑問を投げかけている。「宝の海」は、構造的差別を説くとき、安保に踏み込まないと人民間の対立、あるいは本土におけるチルダイ、連帯行動を阻害すると懸念した。現に岩国は再編で苦悩している。当然拒否する。『普天間以上の基地を我々に沖縄は受け入れろというのか」とメールが送られて来た。岩国基地の秘密化深刻で親善デーに基地反対派入れない(10日情報)。
 タイムスが「差別一般」論、憂いているのか,肯定しているのか、安保なき「政治的構造的差別」論の筆頭は元外務省官僚佐藤優である。沖縄の論壇に佐藤優の登場と一致する。佐藤の構造的差別論は百害あって1利なしとも言って、書いて来た。琉球新報には「なんだこれは」とFAXを送ったこともある。
私は、 政府・メデイアの「安保」隠しに、学際的「勇気」もって、日本の明日とともに語るべきだと主張している

 私は、辺野古の闘いの現場にいる。ヤマトと沖縄の連帯を語ってきた。財政的にも支えられてきた。民衆の連帯こそ復帰を勝ち取って来た力であるとともに、現在の力である。
 
私は1996年以来、「安保条約から日米平和友好条約」への道提唱してきた。琉球新報の世論調査に沖縄の進歩を見る。(昨日の第2信)、その観点から、毎月初め、自分の世界観、日本・沖縄観を確認している。(5月1日)

 常に復帰闘争碑の先人たちの戒め
 「闘いをふり返り、大衆が信じ合い、自らの力を確め合い、決意を新たにし合うためにこそあり、人類が永遠に生存し、生きとし生けるものが自然の攝理の下に生きながらえ得るために警鐘を鳴らさんとしてある」

 そして、復帰40年5・15、全国行動を提唱している。
  学際的に安保を語ろう


 新報社説に( )入れる
 「沖縄の基地負担への共感を国民全体にどう広げるかは、古くて新しい課題である。全国調査で、県内移設を否定する回答が63%(安保条約役にたってない46%、昨日2信、大西)に上ったことに望みを託したい。
 日米の政府と国民に訴える「自治体外交」的アピールと、沖縄に寄り添う人々を介した草の根の訴えはわずかずつだが、沖縄への関心を高めている。希望を見失うまい。沖縄は未来を開く岐路に立つ。強固な民意で「日米同盟」の不条理を突き崩したい。」

 普天間・辺野古は仕切りではなく、過去の民衆の闘いの蓄積に立って、運動のすそ野を広げ、沖縄と本土の民衆が連帯してゆくことだ。
 ですから、5・15、入る情報を「宝の海」に添付している。

希望を失ってならない
本土の意識に沖縄への県内移設反対69%は、辺野古闘争の始まったころの県民意識に近い、全国でさまざまな行動が行われ、修学旅行など高校生や大学生の訪問は沖縄より多いことに注目すべきであろう。辺野古で海上案内、沖縄1に対して本土の人9である。

 メモ記録とする。

 追記(23・28)
定期的に辺野古。高江に来られる杉浦公昭さんの手紙
知人友人の皆さんへ
           杉浦公昭
基地反対闘争の最前線に立つ人たち
2012年05月10日

沖縄のおじいおばあたち
 「沖縄戦が終ったあと、全く食べ物がない焼け野原だった。
 田畑を耕すための牛馬もみんな避難民の食料にされちまう。
 ほんとうに食料に困ったんだ。

 でも、ここ辺野古には海があり自然があった。
 魚も海藻も貝もイカも取れる豊かな海があった。海に命を支えられた。
 山側は米軍基地にとられたけれど、海さえあれば生きていけると思った。
 ところが、今、その海を破壊しようとしているわけだ。
 しかも再び奪おうとしているのが、あのとき海以外の全てを奪った戦争、そのための基地。

 私達にとって、「この海」は、いま貴方たちが美しい海を残したいと思う以上の深い想いがある。
 海に助けられ、海と共に生きて来た。
 そんな思いに支えられて、この10年座り込みをしてきたのだ、と語られた。

 命はぐくむ辺野古の美ら海、人殺しの基地に変えないで、もうこれ以上加害者にさせないで。 
 この叫びは沖縄の地上戦に巻き込まれ、いま沖縄の辺野古で米軍新基地建設反対の座込みをしている『おじい』『おばあ』から直接聞いたものです。

 この叫びは、沖縄戦で人々の命を救った言葉『命どぅ宝(=命こそ宝)』を今の情勢に合わせて表現したものと理解しました。

 『命どぅ宝』は、全ての人間の命を大切にするという意味で差別がなく、ジュゴンややんばるクイナ等、あらゆる命を大切にするという意味で自然保護でもあります。
 それ故、この叫びは、沖縄県知事さんの様に沖縄県外の人々が基地負担を受ける『移設』を求めず、『新設拒否』であり、日本国外の米国も含めて、この地球上からの撤去を求めたものです。

 また、基地の承認は、人殺しを許すことであり、自分も加害者の一員になると受けとめる人道主義の叫びでもあります。 それは日本国憲法の精神に基づき、非暴力の運動で国内外の軍事基地を全廃させ、地球の未来を切り開く方向と重なっていると学びました。

スポンサーサイト

我が家に伝わるクエーナ(おもろ)とウシデーク

お知らせ
 5・15情報


沖縄に連帯する5・13京都のつどい

以下転送転載大歓迎です。
:*:・°:*:・°:*:・°:*:・°:*:・°:*:・°:*:・°
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 沖縄の「日本復帰」40年・もう基地はいらない
 普天間基地の撤去を!辺野古新基地建設反対!
 沖縄に連帯する5・13京都のつどい
________________________
●日時:2012年5月13日(日)開会午後1時10分~閉会午後3時10分ころ(琉舞・三線・エイサーあり)
★集会終了後パレードを予定しています。

●会場:円山野外音楽堂(祇園・円山公園内)
 http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=4000048

●参加費無料(会場カンパのお願いがあります)

●連絡先:
実行委員会事務局 
TEL 075―211-4411 
FAX 075―255-2507(京都第一法律事務所内)
京都沖縄県人会 
TEL/FAX 075―467-4437

●集会呼びかけ/京都沖縄県人会
主催/京都沖縄連帯集会実行委員会
共同代表/大湾宗則[京都沖縄県人会会長)・黒木順子(きょうとネット代表幹事)・大谷心基(きょうとネット代表幹事)・小笠原伸児(きょうとネット代表幹事)・北野ゆり(辺野古京都行動

 大城立裕『民主文学』5月号(インタビュー「文学は思想の象徴」)

 「文学は思想の象徴」読んで
 心に残った三つの言葉

1、「明治政府の官僚たちの脳裏にあったと(国防上の問題)言われる。沖縄は以来づっと、防衛上の要石に置かれ,ときの政府の都合に翻弄されてきた」
  (いつも書いている)
2、「誇りを持たない;同化;は慢性的な挫折ー文化的植民地を育てるだけだ、・・とくに80年代以降は、沖縄が文化的に自信を持つようになり、それにともなって同化と異化がうまく関係するようになった。」
   (昨日のゴーヤー文化)
3、第二尚氏を「原始的な共同体の超非合理主義と言うか女性文化と、国家を背負う合理主義の男性文化との、史上初めての対決がおこなわれたと見るほうがいいと思います。」

 母の1周忌を前にして
  女性文化をクエーナとウシデークに見る(その1)

 3の女性文化を我が家の伝承文化から見る。昨年、5月母が94歳で逝った。喪に服す49日、母が残したクエーナやウシデークなのどの考察を試みて「宝の海」にメモを残した。母は13歳で奥間ノロに就き、神と人間とを結んだ。母が伝承してきたものは古代からの「神遊び」の謡であり、様々な神事のなかで受け継いだものである。東京芸大はじめ、民族学、文化人類学と称する学者が母などから記録を取っている。でも、我が家に送られた研究記録は1冊たりとも送られていない。

 クエーナはオモロ以前の謡と言われ、ウンジャミなどと神事で謡われ、踊る。幸い、琉球大学教授玉栄清良『平敷朝敏の文学』(1967年)に、母などのクエーナが採録されている。
 (朝敏は組踊を生み出す玉城朝薫の弟子であり、官僚としては祭温と対立する)
また、祖父がノロ葬儀、ノロ就任のクエーナを残している。母についてはQABが特集を組んでくれた。クエーナは「5・5」調で、太鼓だけの素朴な言葉を繰り返すことで、生き生きとして労働も喜びとして謳歌されている。大交易時代のクエーナは壮大であり、琉球王国形成期のロマンに満ちた地方の息吹がある。
 
 王国完成期から崩壊期に書ける「神遊び」がウシデークである。旧2月2日ウマチー(土帝君)今は、村の婦人会がアブシバレー、旧8月18日の大綱引きで舞う。琉歌の「8886」が中心だが、そうでない歌もあり、15曲の舞となっている。ウシデークは女の「神遊び」で、その神遊びに男が参加してくるのがシヌグである。琉球王国の名宰相と言われた祭温はモーアシビとともに禁止をしたようだ。それはシヌグには性的描写入ること、共同体の力がまし、支配体制が崩壊する危険があった。

 シヌグを豊穣や王国の繁栄首里テンガナシー(琉球王))を讃えることで地方に生き延びてきた。代表的なのが国頭村安田のシヌグなどであろうと推測する。王国時代は燃料は薪(1950年代前期まで)である。安田は湾となりインナトウが発達して良港をもち、やんばる船が与那原・馬天港へとにぎわいを見せた。安田は首里那覇の薪、材木などの重要な供給地であった。沖縄の風は北東が60%でやんばる船は太平洋を疾走したであろう。

  私の村(国頭村奥間)では、首里城や王家の材木を切り出す「国頭サバクイ」(シヌグの一つの形態)として残る。奥間は沖縄三大美田と言われ、比地川のインナトゥはマングローブに囲まれやんばる船の良港をなし、与那覇岳・伊湯岳に良質の材木(カシ・シー、イジュ)と薪の供給地であった。やんばる船は伊是名・伊平屋をめざし北の風受けて泊・那覇の港へ吸い込まれたと想像する。
 土俗的な民衆の文化(神アシビ)に琉球王国は介入すること出来なかったと推測する。
 
大城立裕氏は多くの「組踊り」などを生み出した。
 私は「国頭サバクイ」を民衆の演劇と見る持論を書いている。「宝の海」(おそらく5月から7月)のどの日に書いているか。自分でも知らないが、原稿メモは残っている。
  (明日は、百一揆のない琉球史と「国頭サバクイ」ー奥間のウシデークから)
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。