スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメさんと小さな子


ぼくの誕生日
  琉球新報(16日28面)

 復帰と誕生日が重なっているために、琉球新報が掲載した。
 昨日は、母の1年忌でメモ簡単に。
 「力合わせる時だ」
  辺野古・高江で闘う大西さん」
無題53

平和新聞「沖縄復帰40年ー海を越えた亀次郎の叫び」内村千尋(次女)
 瀬長亀次郎の次女千尋さんが、連載始めた。琉球新報『「不屈」瀬長亀次郎』を短縮したが、娘千尋の思いがこもっていて実にいい。
 カメさんと小さな子、カメさんの孫ではない。1977年代、この写真はカメさんの選挙リーフレットに使用された。
 私の長男です。中小業者、農民の相談ごとで今、頑張っています。
無題60
座間の『3人娘」(14日雑談)
120514tent2[1]
 (ブログ「追跡在日米軍辺野古」より、)

 琉球新報社説(16日)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-191253-storytopic-11.html


 定期的に辺野古・高江に座り込みに来られる埼玉杉浦公昭さんメール

基地反対闘争の最前線に立つ人たち(6)
2012年05月12日

古堅実吉さん
  古堅実吉さんは、1990年から1999年まで沖縄選出の日本共産党衆議院議員を務めた方で、毎週水曜日10時に必ず米軍基地反対のゼッケンを胸につけ座り込みに来られます。私は、その時々の情勢について、彼の見解を聴くのを楽しみながら学んでいます。
120516tent3.jpg
(毎週水曜日、古堅さん辺野古・高江、安次富テント村村長と)


 2009年7月1日、私が「オバマ氏がチェコで『核兵器のない世界を』呼びかけ、ここ辺野古では新基地建設を進めている矛盾をどう思いますか?」と尋ねると「オバマ氏が何を言おうと、基地が無くなるまで闘い続けるのみ」と答えられ感動しました。

 今年の座込みの際「ここ辺野古の米軍の新基地建設反対の運動は、2006年の日米合意を破綻させましたが、危険な普天間基地を撤去させてはいません。米軍基地を撤去させるには日米安保条約を破棄しなければならないと考えますが、如何ですか」と尋ねました。

 彼は、高江の座り込みに向かう前の僅かな時間を割いて、凡そ次のように答えて下さいました。

 「沖縄戦で戦友は殆んど死にました。私は、負傷して捕虜になりハワイの収容所に連行され、九死に一生を得ました。その時、私は『再び戦争に駆り出されれば、必ず死ぬと考えていました。そこで、戦争につながる道には、例え投獄されようとも絶対に反対しようと決意しました。ここに、私の『命どう宝』の思いの原点があります。

 私は、紆余曲折はあっても、憲法に違反する日米安保条約に基づく誤った政治は、21世紀には、主人公である国民の力によって必ず取り除かれると確信しています。
 圧倒的な国民は、世界に誇れる平和憲法に大きな誇りを持っています。私は、国民のこの誇りを大事にしたい。そして、この平和憲法の原点に立ち返り、その改悪を許さず、一層光り輝くようにしたいと願っています。

それは、『核も基地もない平和で緑豊かな沖縄・日本』を目指す闘いの一つでもあります。『地下に眠る友』への誓いは、この道でこそ果たされると確信します」と。
スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。