スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践的沖縄非暴力を語りー繋ぐとき


 実践的沖縄非暴力
   「大西さんは語るべきだ」ーS女史の提言に!

 23日、夕方の散歩、スパーで辺野古、高江を共に闘ったS女史にあった。半年余の再会である。S女史は毎月、伊江島のわびあいの里を訪問している。戦後の沖縄非暴力の原点である。私は阿波根昌鴻なきあと、命日の3月21日は焼香で訪問しているが、今年は療養中で訪問できなかった。80年代末から90年代中期まで毎週伊江島であった。それを『沖縄の太陽物語』として95年7月末出版、1月後少女暴行事件が起こった。
 その後、伊江島ツアー増え、ネットワークのガイド土日はほとんど伊江島。DSC08131.jpg
(私と伊江島結んだ「沖縄の太陽」碑、1972年7月『歴史地理教育』臨時増刊「伊江島特集」と『米軍と農民』(岩波新書)が心の襞に残り、90年代初期『沖縄が動く予感」で高校生に焦点当て沖縄の非暴力の闘いを出版書いたのである)

DSC08070.jpg
 、伊江島ツアー増え、ネットワークのガイド土日はほとんど伊江島。
 S女史は「大西さん実践的非暴力語り、書き残してほしい」という。辺野古・高江のDVD、映画は少なくないが理論・実践論としての場面は多くはない。多くの方々が新聞に「沖縄非暴力」に触れている。辺野古の非暴力の実践者一人、当山栄氏逝き、今、私が定められた日々。
 (団結道場トイレ、<アメリカヌ花、真謝原の花、「銃剣とブルドーザー」1955年3月11日>

DSC08054.jpg
  (阿波根昌鴻命日ごろまで伊江島の野生のマーナ咲く、基地の中(黙認耕作地)と金網の基地、その光景に伊江島の非暴力と積極的非暴力が秘められている)
 辺野古テント村には、私が作った故阿波根昌鴻の写真パネルが張られている。
 安次富君はまだ現職であった。高江の闘い07年、08年については、比嘉君が私の動きを中心にDVDに1時間収録していただいた。08年夏、熱中症。脱水症からくる脳梗塞で前線での実践は控えざるを得なくなった。
IMG_01.jpg
 (晩年阿波根昌鴻翁は病、わたしがツアーで来ると必ず講話に出てきました。それは娘のように愛した少女を私が書いたからだと思う。90年代私とともに伊江島行った読者のみなさん、写真撮っていましたら送ってください。オジーの思想と行動が読める写真があると思います。)

 5本の指の非暴力と
   積極的非暴力

 S女史の提言、前向きにとらえたい。沖縄非暴力、先人たちの戒めの実践、現場の責任を担ったものとして、今、語り、書き、明日につなげたいと思う。この9年の到達点をまとめて書く、文章構成力は低下している。断片的には「宝の海」に書いていて、特に、高江スラップ訴訟判決前後に「沖縄の抵抗権は日本国憲法でも侵すことのできない権利」を連載した。S女史には辺野古のテント・高江のテントで「語る機会」作ってくれたらいい、と、提起している。
 沖縄抵抗権(参考)
http://teruo024.blog47.fc2.com/blog-date-20120312.html

http://teruo024.blog47.fc2.com/blog-date-20120314.html

http://teruo024.blog47.fc2.com/blog-date-20120316.html

IMG (4)
 (この写真は、福島の教師ツアーが撮ったオジーです。「5本の指」の思想が明確にわかる瞬間を捕っています。ブログの呼びかけに答えてくれました。もし、辺野古の闘い、高江の闘い初期、私の写真撮っている方、送ってくだされば幸いです。私がカメラの記録本格的にやりだしたのは08年です。辺野古。高江の歴史解説、責任者の一人として読めば、単なる写真でない世界が見えるかもしれません)
 S女史の伝えるところによれば、辺野古の阿波根昌鴻おじーの写真観て彫刻家の金城実氏が、彫刻にして、展示会の計画もあると聞く。
 日米政府の権力と法の暴力に
   沖縄非暴力は世界に輝く力

 70年代の沖縄の闘いは琉球警察の機動隊弾圧組織、大衆闘争のヘルメット化など複雑であった。80年代中期から沖縄反戦地主のねばり強い闘い、その象徴としての阿波根昌鴻の「愚直」、瀬長亀次郎「不屈」、復帰闘争碑の戒めが注目を集め、国際的には地球サミットの諸条約、国連の「平和の文化宣言」起草(1999年9月13日、国連総会平和の文化宣言と10年行動計画決議)があった。
わたしを含めて、故当山栄、安次富浩などなども、この時代のオジーの影響受けている。04年4月19日(Xデー)を意識し、戦略・戦術を模索、あるいは、準備体制に入っていた。S女史もその一人であろう。

IMG_0164 (2)
 (2代目テント村村長当山栄」逝くまで壮絶な戦い、寡黙ながら信念と英断、細く優しい目に、唇の閉まりに司令官としての人格がみなぎっています。なお、5月12日「宝の海」に埼玉の杉浦氏が「あなたの残したもの」で当山氏から学んだこと「詩」の形式で送ってくれました。大事なことです。当山氏が何を記録し残しているか、資料の検証必要だ)

昨日のオスプレ問題
 いよいよ首都圏の闘いと沖縄の連帯重要になってきた。
琉球新報社説
オスプレイ配備 沖縄への無理解際立つ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-191589-storytopic-11.html
スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。