スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月1日第2信ーオスプレイー沖縄県知事全基地閉鎖へ」


琉球新報電子版
オスプレイ沖縄配備
知事「配備強行なら全基地即時閉鎖」 森本防衛相と面談
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-193316-storytopic-252.html
沖縄タイムス電子版
オスプレイ:知事、防衛相に配備拒否
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-07-01_35799/

 随時ニュース追加 (16:45)
沖縄テレビ
沖縄・仲井真知事、森本防衛相にオスプレイ配備計画の中止求める
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00226524.html
スポンサーサイト

沖縄の抵抗権と原発運動の殿(シンガリ)-参加者一人ひとりが司令官



今日は日曜日
 高江座り込み5周年

沖縄平和運動センターより
  【オスプレイ配備撤回せよ!森本防衛大臣来県への抗議行動】
  日時:7月1日(日)午前8時半~(9時から知事会談)
  場所:県民ひろば(県庁前)
  
 そして、みんなで高江にスタートだ!昨年年末、年始でもう慣れている。

20120701.jpg

CA3I05359.jpg

毎月1日は、自分のスタンス確認

 辺野古を闘い
  辺野古を語り続けてきてー指針(続ける)

 辺野古テント村含め、十数万の人々に語ってきた。その柱は、辺野古現場闘争は、もちろん、日本の進むべき道であった。月の節目にはいつも確認している。
1、 21世紀の人類は平和の文化(紛争の平和的解決、非暴力)の道を歩む
2、 21世紀の地球は生物多様性保全の道を歩む
3、 沖縄の過去・現在・未来は「万国津梁」の道である。
4、 安保をなくして日米平和友好条約への道
5、 憲法9条と東南アジア平和友好条約の示すアジアの道と日本の運動の課題・
6、 普天間の原点と本質は全面返還であって、負担軽減、移設論、訓練移転ではない、訓練・分散移転は基地沖縄を前提とした陰謀である。他基地から飛来訓練強化され、訓練集中化は歴史と現状が証明する。
(教師時代の社会科の柱で、辺野古闘争の私の指針)
原発と沖縄の構図は同じと言われます。オスプレイの配備は日本全国への運用訓練、沖縄より訓練は多様な気候、多様な地形の日本列島で訓練、地球のすべてへの「殴り込み」の訓練となる。日本全国で安保ノーの世論起こす「危険性」を日米政府は抱える。
 国家は憲法勢力が3分の2超えますが、小選挙区制・二大政党論の矛盾が国民との乖離を深めています。原発をめぐる問題も同じだと思う。
 根は同じ。

日本国憲法前文

「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」

 高江で何を話すかーメモ
 「沖縄のすわり込み抵抗権は日本国憲法法体系で裁けず」
   先人たちの闘いを今日の闘いに活かす


 1、絶対王政と市民革命ー布令・布告は「朕は法なり」と同じ
 沖縄の抵抗権は
フランス人権宣言・アメリカ独立宣言
 2、伊江・伊佐浜の闘いは沖縄の抵抗の「発火点・導火線」
 日本国憲法なき沖縄
  人権・自治・民主主義を自ら獲得してきた歴史だ
 「愚直」の阿波根昌鴻、「不屈」の瀬長亀次郎ら先人たちの築いてきたもの
  非暴力と積極的非暴力ー「陳情規定」
   「布令布告にとらわれず」「軍を恐れず」-人間的・道徳的優位性に誇りを
  闘う民衆には約束事がー米軍が襲う前に「陳情規定」
  集団耕作ー積極的非暴力
    民衆の一致した行動
    すわり込みは沖縄戦後史の特色
    乞食行進ー平和行進・デモの原点ー陳情口説の現在に示すものー7月間でで何が起こったか。何を学び
     島ぐるみの闘いへー若者と社会進歩
(資料『沖縄の太陽物語』から抜粋)

 3、いくつかの闘い(1960~70年代)
  昆布の闘い
  伊江ナイキ・ハーキュリー阻止
  国頭村実弾演習阻止の闘い[1970年12月30・31]
    (資料2、1970年12月「安田国有林の闘い」ルポ『歴史地理教育』71年4月号」写真『復帰闘争史』)

 復帰後
   本部P3C(04年勝利)
   恩納村都市型訓練建設阻止(ゴボー抜きされても、されても、)
   県道104号実弾射撃14年
   辺野古闘争における非暴力ー「屈辱にも耐える」
   高江5年の闘い
   普天間とオスプレイ配備―積極的非暴力の多様な闘いへ
  (資料3、『愚直』「宝の海」毎日日記を収録から抜粋)
 「闘いをふり返り、大衆が信じ合い、自らの力を確め合い、決意を新たにし合うためにこそあり」(復帰闘争碑文)
全国運動7月の最大の闘い
 脱原発と沖縄の闘いの結合
無題原発

オスプレイ音痴軍専門家、「自信ない」ペンタゴン代官
 宜野湾市長「説得」-ふざけるな!
  「自分の説明力、説得力に過剰な自信持ってない」(沖縄タイムス30日)

 明日、沖縄県知事は会談拒否すべきだ。
QABニュース

森本防衛大臣 オスプレイ配備を要請 佐喜真市長「許しがたい行為」と批判
http://www.qab.co.jp/news/2012063036380.html

追記(1日11:00)
 やはり、産経だーペンタゴン広報紙?

普天間配備、米オスプレイは危険か 平均より低い事故率
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120701-00000071-san-pol
オスプレイ配備 朝鮮半島有事に威力 航続距離5.5倍/海兵隊の作戦能力向上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120701-00000065-san-pol

となりでは地鎮祭
DSC02865.jpg
 垣根にはカボチャが次々と、朝の花粉付け楽しいです。
DSC02869.jpg
資料保存脱原発
解散見事ですー闘い持続の基本が貫かれています。戦場で退却のシンガリを「殿」とかきます。参加者一人一人が「殿」(司令官)となって、自立と自律を身に着けた闘い、挑発許さない大事なこと。
  (60年代後半から70年代「解散宣言」の後、機動隊と一部の行動が衝突した)
 TBS
ネットで拡大、再稼働反対 官邸前に人の波

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120630-00000002-jnn-soci
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。