スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対米追従ー悪魔の基地の自然


 日本州・「属国」「対米従属」
 うるま市へ治療、帰りに辺野古寄る。海岸決壊みられるが雨の量少なく、風で決壊痕跡埋まっていた。
 5日は、東京、京都、名古屋などで沖縄連帯集会・デモ行われた。
 広島原爆記念日
 車を運転中にいろいろ浮かんで来た。 
近年、日本の現状現す表現として、これらの言葉がメデイア世界、評論家、普通の人々で使われるようになった。 
 「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。」
 
 対米従属の認識は沖縄県民共通の認識で、全国的には日本共産党などのイデオロギーなどと言われてきた。
 SACOから再編成、辺野古新基地建設、オスプレイ・脱原発の闘い中でとくに、対米追従はごく一般的な日本認識用語として、国民的用語になってきた。

 政権の中でも「他国と対等関係」の動きは、小沢理論・鳩山などにも見えてきたが、徹底的に潰されてきたのが現実、だが、国民の日本認識の変化は、政局の中でも「脱亜入米」の極端な対米従属に変化を起こし始めている。
 
日本はアジアの近隣と平和的世界をつくることが、国際的責務である。

 オスプレイをめぐる問題は、対米追従国家日本の姿を一層、現実的に見えてきた。バネッタと森本の会談は、中国を「敵」として鮮明に描き、中国脅威論で従属関係を糊塗しようと懸命で、沖縄を安保国体(佐高信?)の砦「悪魔の要塞基地ー大西」に執着をさらに深めるために躍起である。

仲井眞知事
 県民より前原が大切な人?


 沖縄では、前原誠治と仲井眞知事が、5日秘密会談を行い、前原は名護の基地誘致派・市会議員などと接触を深め、総決起集会、横断幕設置など動き頻繁である。
 ネット上アップされないが「県民大会予定日日に「知事・前原密会」-「参加に影響」憶測も」(沖縄タイムス2面ニュース断面」

原点から見る辺野古の自然(4)
ユビエダサンゴ(2)
 クブシミの太郎と花子の恋
 ユビエダサンゴの林の花子
図1

 ユビエダサンゴの森では太郎と次郎の激闘図2
 激しい恋争奪戦ー太郎勝利、花子と結ばれる
図3

 花子サンゴの森に卵生みつける図4
 クブシミの卵
図1

琉球新報
社説
森本防衛相搭乗 茶番劇はたくさんだ2012年8月6日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195208-storytopic-11.html
何をしに訪米したのか。まるで「子どもの使い」だ。
 「子どもの使い」に外交交渉ができないのは当然だ。もはやこの人物に当事者能力はない。森本氏は一刻も早く閣僚を辞め、政府の当事者の席から退場すべきだ。

沖縄タイムス
「オスプレイNO」全国で 配備反対
20120806_0935_6KdxtOwO_l.jpg
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-08-06_37361
QAB
「辺野古」「高江」基地建設 政府「沖縄差別」を否定
http://www.qab.co.jp/news/2012080637233.html
スポンサーサイト

台風去ってー秋の政局、環境アセス・埋め立てなど総合的闘い向けて



台風11号は虫払いの役割果たして西へ向かう。
 8・5大会参加のために来た京都の皆さんと家で約2時間話をした。
  (外での講話は、みんなに止められているが、「沖縄戦後史『私塾』でも立ち上げるか」)

 1点は「沖縄の闘いは『学際』的である。あらゆる団体、分野、個人含めた協力・共同・共闘を意識的に「持続する志」(大江健三朗氏)を、いつの時代でも築いて来たことでであろう。民衆の「学際」的闘いは、自治体・行政をも巻き込んでいる。8・5の大会は延期になったが、全国各地に広げ結ぶ新たな闘いのスタート。
日本の運動のなかで重要な課題ではないか。
脱原原発・沖縄が「学際的」に結び付いた時、日本の自立・自立的民主民主主義、日本の国際的信頼は高まる。
(辺野古アセスの闘い中心に、その意義の生み出したものから)

 2点は勇気の発露と多面化、市民的勇気(バイツゼッカー元ドイツ大統領)の積み重ねであろう。

 3点、「意思的楽観主義」(大江氏)は、沖縄のテーゲー主義(ナンクル)に共通し、非暴力の長期的展望であろう。そこには、占領期から憲法のない世界で民主主義と人権獲得してきた沖縄の歴史があり、相互に結びついて、秋・冬に向けて、日本の政治を揺るがすであろう。
(「現状分析においては楽観しないが、しかも積極的な意思は持ち続けよう」<赤旗日曜版8・5大江氏)
 大江氏「動き出しあ市民に希望」は原爆・沖縄戦、脱原発、基地・安保、憲法を結合した視点、それが、今、求められる。一読勧める。
 (印刷機ースキャンなどいくつか機能使えず)
120805~1


京都のみなさんの訪問、うれしかった。
 
 南を見ると北緯20度、東経150度付近に雲の塊、北緯15度付近にも、雲の塊、特に北緯20度以南の雲には、注意必要だ。

県民大会延期開け
 沖縄防衛局ー高江襲撃ー悪天利用するか?


 高江のリアルタイムの動きは
 こちら
http://takae.ti-da.net/

原点から見る辺野古の自然(3)

 ジュゴンとサンゴの博物館(1)

 ユビエダサンゴ群落(その1)
 古大浦川の水系は、二見、辺野古弾薬庫、長島から太平洋に注ぐ、大浦湾入り口では60mになり、海底に広大なデルタを形成しているようなものである。南は嘉陽層の断層が断崖になって海底に達する。基地建設地は海底に2重の断層、この断層の淵にケーソン式護岸(10階建てのマンションのコンクリートの箱と思えばいい)と鉄板を打ち込んだ護岸(バース約200m、強襲揚陸艦空母ボノブ・リシャール係留?)からなる。
 方法書は古大浦川水系の北側(陸でいえば扇状地)淵にユビエダサンゴはコロニーを形成、扇状地に塊状ハマサンゴ群落を形成、方法書はユビエダサンゴを浚渫して、ケーソン式護岸作業ヤード計画、県民の徹底した批判で作業ヤードを追加方法書・準備書から消す。
 大浦干潟は「泥」だから『埋めたててもいい』という基本的認識は生態系をまったく無視した暴挙であった。大浦湾のユビエダサンゴは、『濁り』に生息している。学問的にわかりませんが、大浦湾のサンゴは1998年のサンゴの地球的白化現象を免れているのも驚異の生態系である。また、湾にアオサンゴ含めて群落を形成しているのも類がないとも言われている。
 大浦湾のユビエダサンゴ群落

図2

魚が群れるユビエダサンゴ図1
 人間の指に似ています。
 白いものなんでしょう?それは次回に明らかになります。
図1
 (次回ーユビエダサンゴの林ーイカの太郎と花子の恋)
資料保存

社説
脱原発集会 新たな民主主義のうねりだ2012年8月5日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195149-storytopic-11.html
沖縄タイムス
反対の声強め10万人大会を 県民会議が確認

http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-08-05_37311

沖縄タイムス
オスプレイ:「沖縄と連帯して反対」岩国で集会
全国 2012年8月5日 17時59分
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-08-05_37338

森本ペンタゴン『代官』
 将軍(バネッタ国防長官)の「命令」受けたようです。

 将軍に拝謁して「大変快適」でしょう。沖縄では「デージウフソー・ユクサー」(大変阿呆・嘘つき)  
「中国威嚇論」

琉球新報
防衛相会談 日米政府“仮想敵国”で思惑一致2012年8月5日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195152-storytopic-9.html
いい本が出たようです。
琉球新報
芸能・文化
『オスプレイ配備の危険性』 ウソ重ねる日本政http://www.ustream.tv/recorded/24480997府2012年8月5日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195154-storytopic-6.html
img501db9ee7639f.jpg
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195152-storytopic-9.html
芸能・文化
『戦後沖縄の人権史』 過酷な蹂躙との闘争2012年8月5日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195155-storytopic-6.html

img501dbafe0d923.jpg
愛知の8・15
 延期された沖縄大会ー全国の隅々で参考にしよう
http://www.ustream.tv/recorded/24480997



プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。