スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「力」と「ちから」-ヤマトの剣(暴力の文化)と琉球のサンシン(平和の文化)


 尖閣列島解決は「力」ではない。(下記に)
 台風14号発生、北に進めば豆台風八重山群島、北緯15度、東経145度付近、雲の塊気になる。 
 お知らせ三つ

「オスプレイはこんなに危険!」講演・学習会
    日時:8月22日(水)午後7~9時  
    場所:名護市中央公民館 第1・2研修室 

    講師:頼和太郎(らい・わたろう)氏(リムピース編集長)
「リムピース」は、沖縄をはじめ全国の在日米軍基地を日常的に監視し、ウェブサイト「追跡!在日米軍」を運営、情報公開・データ提供を行っている市民団体で、オスプレイについてまとめたわかりやすいパンフレットが好評です。
 映像によるオスプレイの実態紹介や真喜志好一さん作成のオスプレイの模型なども使ってお話しして頂きます。入場無料。パンフレット代200円。問い合せ・連絡先は090-7586-3348浦島。

ハンスト転送です

オスプレイ配備に反対して、上原成信さん、小橋川共行さんが
15日10時から、在沖米軍司令部前でハンストをしています。

上原成信さんは、二日目夜9時に、
ドクターストップがかかりましたが、新たに賛同する二名が
ハンストに参加しています。

小橋川さんは、時間や日数を問わず、趣旨に賛同して参加する
方々に呼び掛けたいとのことです。
 ハンスト
  こちらがくわしい
http://blog.goo.ne.jp/chuy

高江・沖縄防衛局
 いつ襲うかわかりません
 こちらにアンテナを!
http://takae.ti-da.net/

原点から見る辺野古の自然(15)
ジュゴンの藻場ーアジサシの繁殖(1)


 私の育った奥間平野と東シナ海の海

 私を育てた海
  働き・遊び・学んだ地

 大宜見村大宜見の国道から赤丸崎、北に辺戸岬がヤンバルの森と伸びています。赤丸崎は米軍保養地(少年の頃は米軍将校専用)、こちらは日本航空のビラー・奥間保養地(1972年まで国防省VOA謀略通信基地)、大宜見の海岸からビーチ・ロック(板干瀬)とイノーとサンゴ礁が島を包んでいます。赤丸崎を包むイノーとサンゴ礁・藻場は複雑でクチも複雑で流れの早い水道(魚の道)がいくつも発達している。
 浅瀬でも、流れは音を立てて流れる。夜、海蛍が流れ海は恐怖でもある。
 ヘリの夜間無灯火訓練によく遭遇する。低空訓練は海が揺れる。
 幼少のころから、テーブルサンゴの上を様々な貝、サザエ、ウニなど取って遊ぶ。岬の回りに秋から冬クロダイがよく釣れ、朝未明基地だが堂々と入って60㎝級のクロダイ2・3匹且つで、朝食・昼の食膳を豊かにする。(現在はクロダイめったに釣れない)
DSC03379.jpg
  (大宜味村から国頭奥間平野、イノーを眺める)
  漁師から伝授される
    流し釣り
 沖縄戦の廃墟、やんばるの森が復興の材木であった。1955年ごろまで薪の時代で、私の村には最高36頭の馬が材木や薪(サバチャー)を出していた。(まだ、耕運機なし)
 私の家での役割は馬のハミ(イモ)の栽培、草刈で、中学に入っても部活など無縁であった。
 草を求めて平野・天まで広がる段々畑、川の土手、森・海岸などすべて知り尽くしている。フナやエビ、カニ、遡上するボラ、チヌ釣りななど含め、ヤマモモ、山ブドウ、バンシルーなど木の実なども知ているから、結構ガキ大将になっていた。
 夏の夕方。海岸にはいくつものサバニがグンバイヒルガオの浜に並び、漁師が担いで出漁に準備、手伝う。漁師が「海に出るか」と誘う。こちらも最初から「誘い」を計算の上だ。(港は復帰後にできる)
 手縄釣りで、錘から餌までのテグスリ約10m、錘は電池の亜鉛、サンゴやサンゴ礁に絡めさせない手縄の手の感触がコツだ。深さ5m~10mで100mまで餌を流すと、ミミジャー、クチナジ、タマン、ヤマトビーなどがかかる。
 32歳では、船舶免許を取り、船を買う。当時はGPSなどないから、山立てで位置をどんな暗闇でもポイントを覚える。釣竿を使うのは、昼のグルクン釣り、サンゴ礁の石ミーバイ釣り、夜釣り棹は掛れば幸い。手縄では、魚が餌の回りで水流を起こす感覚身に着けるとプロの域(?)、干潮・満潮になると魚は釣れなくなる。釣れないからと移動したらダメ、船が潮の動きで逆になり潮が流れ出すと勝負の時だ。
 漁師からいろいろなこと学んだ。
DSC03392.jpg
 (辺土名漁港から奥間ビーチ、撮影の現場は昔は国頭中学のあった場所)

 沖縄一小さな魚セリ(?)
  「高江宅急便」の仕入れ

 辺野古の闘いが始まるまでは、週末金曜日の夜は、辺土名漁港から夜釣りをし、冷凍庫も特別に買った。辺野古の闘いで辺野古用にジュゴン1号を買う。それでも、病になるまで、辺土名漁港のセリに好く、足を運んでいた。
 1年ぶりにセリに行った。次の「高江宅急便」はヤンバルイチャー(イカ)を友人のセリ人にお願いした。
 私が海に出ることないであろう。平和丸操縦して、辺野古長島・平島の海で、テグスリで手が切れるタマン釣ってみたい思いがある。でも、かなわぬことだ。海を愛する。
 辺野古の海どんな海であろうか。今週の主要テーマとする。
DSC03388.jpg
 (小さなセリだが魚は種類が多い、朝10)
DSC03382.jpg
 (クチナジ(いそフエフキダイ)が私の得意な釣り)
DSC03385.jpg
 (これからシーズン、ヤンバルイチャー、辺戸岬、伊平屋、与論の三角地帯、夜、帰りにサワラ、シーラ、カツオ、マグロ、トローリング)
 火曜日の「高江宅急便」は黒墨の御汁、肝塩辛を作った。


琉球新報
オスプレイ沖縄配備
オスプレイ制御コンピューター操縦指示従わず 墜落恐れも2012年8月19日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195863-storytopic-252.html
沖縄タイムス
オスプレイ 欠陥6点 米専門家「構造に起因」
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-08-19_37929
沖縄タイムス
オスプレイ:IDA元主任分析官に聞く
政治 2012年8月19日 10時25分

http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-08-19_37930

赤旗主張
オスプレイ配備
被害者説得するのは筋違いだ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-08-19/2012081902_01_1.htmla>
 琉球新報
米兵がわいせつ致傷 「介抱した」容疑否認2012年8月19日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195864-storytopic-1.html

尖閣列島の「力」の事態で
 オスプレイの争点そらしに沖縄は負けません


尖閣列島問題
 「ヤマトの剣の文化」と
  沖縄の床の間「サンシンの文化」
 中国の尖閣列島の「力」に東京の「力」の上陸、わたしの講演のプレゼンテイションの一コマです。我が家の床の間には憲法9条とサンシン・泡盛を置いています。家を建てて40年、毎日、自分自身を見つめ、日本を見つめ、
 沖縄の平和の文化の指針です。東京のこれまでのあらゆる「剣」の振りかざしにも、「床の間」の原則で事態を読みます。中国・朝鮮の民芸・お酒も備えています。歴史や異文化の尊厳こそ東アジアの平和を生み出す「ちから」です。我が家の床の間はわが人生のすべてです。(かなは民主主義)


憲法9条、サンシンー愛する者のために「暮らしの中の憲法」

平和の文化
紛争の平和的解決・非暴力、「万国津梁の邦」めざして

図1







スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。