スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の辺野古浜調査から高江の調査へーオスプレパットの危険(1)

9・9オスプレイ配備反対県民大会まで
  あと三日ー高江オスプレイパットノー意思表示を


9・9~2
 辺野古の環境調査から
   高江地形・植生とオスプレイがいかに危険かへ
 
辺野古浜1年余の調査は、5日から始まった名護市議会の陳情書(意見書)と写真、議員全員に配られたようだ。
 5日は抗がん剤の投与、副作用が胃腸に現れるので、昼食は味噌ラーメン、夕食はバナナ3本ですまし、6日牛乳とパン少しとって朝6時、琉球新報1面の下記記事読んでやはり高江の現場を見て、高江の地形・植生状況からオスプレイパット考えようと思った。家に籠って、憂鬱より緊迫した現場で何も出来ないが、副作用に勝ことではないか・・・

 高江の道路の側にはミミグイ(キクラゲ)が繁茂していて私の病にいいといわれていて積乱雲の雨で収穫できることも兼ね、また、防衛局が無造作に移植した希少生物の植栽状況も気になる。
もう1つの目的は辺土名漁港で高江宅急便のクチナジ(イソフエフキダイ)のセリをお願いするため(10時)でもある。続きに「沖縄1小さな、一番新鮮な漁港セリ」を掲載したいとおおったが、記事の焦点ボケになる。

 高江の森は希少生物の宝庫で、沖縄戦から復興への貴重な材木・薪・赤瓦を敷く竹の産地で、少年、青年期森はわたしに取って「庭」であった。
 明日から高江の地形(太平洋)と西側(東シナ海)を対比しながら写真で見たいと思う。昼食には家について、魚を捌く。
DSC03614.jpg
 (同級生にセリ人いて、落としてもらった3000円、30人分は作れよう。病以前なら自分で釣れるのだが)

 高江調査日に、次の記事が

 琉球新報1面
無題1

 伊集東村長は孫に紙飛行機どう飛ばすのか?
  また、飛行機乗ったことあるだろうか?

   (『2割の犠牲は、全村8割の犠牲』、「宝の海」8月23日、「高江の現状」同日参照)
 紙飛行機も、飛行機も風下から風上に飛ぶ。8月22日新聞、伊集村長オスプレイパット容認。翌日、森本ペンタゴン「代官」「北部訓練所で訓練するのが普通のやり方」とすかさず反応。
 オスプレイ積載揚陸空母ボノブ・リシャール辺野古に現れる。空母への離着訓練は伊江島のハリアーパットで行われる。空母への着艦訓練操縦士技術まだだと見るべき、それは、貨物船で岩国に運ばれてきた。岩国は海に飛行場がある。岩国への陸揚げは政治的問題もあるが、操縦士が空母への離発着未熟という問題をも抱えていると言えないか。欠陥機に欠陥操縦士(最高のパイロットで墜落)である。

 下記の記事は伊江島の訓練域の拡大報道、環境デビューでは沖縄全域が訓練拡大となっている。那覇や浦添に住む人はなぜか、飛行機(C130)は那覇・浦添から着陸態勢に入り、すぐわかる問題である。
 ヘリは嘉数台地上空から着陸態勢に入る。C130(自衛隊イラク米軍支援機)MC130、KC130(MV22の飛行モードをこれらの機種と見なし、訓練空域拡大を推測・予測すればいい。これを高江に適用すれば東村8割が犠牲地域になる。飛行機乗った人は単純・明快にわかるはずだ。

無題2

 これがスプレイの訓練だ
   05年の全国的講演プレゼンテションから
6図3
 (真喜志好一氏提供)
MV22はMC-130同様パラシュート降下訓練が出来る。
  ヘリにない機能だ
図2
  (真喜志好一提供)
 C-130は用途によって多面的輸送機。特殊任務MC-130
 伊江島では読谷から追い出されSACOで伊江島へー天気よければよく見れる。陸軍特殊部隊(グリーンベレー)
は高度約3000Mから約500Mで開く、3000Mで飛び降りる姿、伊江島村議名嘉實氏は判明、わたしは今でも判明出来ず。着陸地点正確、風には勝てないが・・・

129713108985416116712_usaf(mc130p)kadena110201-02.jpg
 (MC130ネットから)
 05年から大浦湾で降下訓練始まった。
  海兵隊は高度500M、特殊部隊に比べて着陸地点メタクチャ。
図7
 着水した海兵隊にカヌーで抗議
 海兵隊基地からゴムボートで救出
 それが、ボノム・リシャールなど揚陸艦も加わる。
  辺野古・高江・伊江島の訓練強化、陸上・海上結合した訓練
図8

 CH46海兵隊飛び込み、ロープでの救出作戦日常
  MV22はMC130にないヘリの機能持つ、CH46海上訓練写真は県内紙に提供している
図9

 MV22は、ヘリにない機能備える。
  それは、ゴムボート投下で出来る。特に高江は、沖縄の貴重な「水甕」、宝と言われながら、沖縄の県議も無頓着、陸上・洋上は人目につかない。とくに、伊集東村長、東村議会、村民もオスプレイの高江での危険性、「2割」犠牲論に立っているか?なぜ、村民8割(便利上使用)といるのか。
 高江とオプレイ知る
  とても、初歩的で基本的映像、スプレイの各地低空訓練ルート海、川、湖

図1
  (真喜志好一提供ー海兵隊HP,高江地形(国頭村美作ー釣りの名所)とまったく同じ)明日に)

 (明日は以降は地形、植生、現在のヘリ訓練MV22の機能、構造欠陥など結合して考えてみたい。沖縄戦の高江も見てみたい) 


琉球新報
オスプレイ 後方気流「設計の問題」2012年9月6日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-196582-storytopic-3.html
スポンサーサイト
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。