スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「壊れた国」-沖縄が日本の進む道示す


 追記ー日曜日休みます。月は新聞休刊日、IMF中国不参加添付しました。
日常生活をメモ・記録すること
 明日への考察に繋がる
 
 昨日は、うるま市から帰り、辺野古に寄る。車ではカメラのレンズを望遠に変え、ハンセンでのオスプレイの動きがあれば撮れる体制、辺野古で普通のレンズに変え、台風前だから飛ばないだろうとレンズ変える。
 オスプレイが来た。撮れず。昼寝して歯医者に行く、昨日から痛みあり、医者が言うのには「気圧」も影響するという。
IMG_3078 (640x427)
(12日、12:30頃、ナチャンありがとう。追記10:30)

 毎日、天気図、衛星画像見て天気、台風を予測する。予測の癖は社会や闘いの方向を予測する日常にも適用されることである。
 一昨日から秋の雨(タカヌシーバイ)を書き、ハルサー(畑いじり)を書いた。夕方からタカヌシーバイ、植えつけた野菜、花ちから強く育つであろう。
台風21号、停滞しばらく続き、目がばらけて来た。私の予測では、沖縄本島東方海上を太平洋へ曲線を描く、予測が外れると、ハルサーの芽を出した野菜・花はもろにやられる。

カミさん出張、夕食は秋刀魚、御汁は鰹節・みそ・卵・シマナーの若芽を混ぜて立湯。
 辺野古テント村台風対策完了していた。
テント
 平和新聞コラム
   「宝の海通信」(32)

heiwa.jpg
 草稿原稿
  「辺野古シフト内閣」

 春から「秋から冬へ」と、オスプレイ・辺野古・普天間、政局の激動を見据えてきた。
10月1日11時、うるま市の病院を出て普天間に向かう。すでにオスプレイは普天間基地に着陸していた。仲間たちに「ヤンメームン(病人)無理するな」と忠告されるが、約1時間座り込み行動に参加する。帰りの車のラジオ、NHKは幾度も幾度も野田首相の閣僚任命を繰り返していた。「辺野古シフト内閣」と読む。玄葉外務、森本ペンタゴン「代官」留任とともに、下地幹郎(沖縄1区国民新党幹事長)を郵政・防災大臣に起用した。野田首相は「移設・返還」を主要政策に上げた。下地の起用は論功人事であるとともに「移設・返還」への容赦なき政策断行の意思をこめている。高江着陸帯の強行は下地フアミリー大米建設で実績を上げている。沖縄県民は下地氏を「チラターチャー」(顔二つ)と言い、「9・9県民大会」にも社長も参加した。また、「ザーチラサー」(座を乱す)と揶揄する。県民が「県内移設反対」で民意を確立しているとき、嘉手納統合案、安波案など出し、渡米してオスプレイに試乗して「安全」を振りまいた。
 
3日からオスプレイは実践的訓練に入った。環境デビューによれば、普天間での夜間訓練は3・7倍(280増)だが、伊江島訓練(QAB報道8000回)、高江訓練3864(低空訓練260)、中部訓練基地(ハンセン・シュワブ)、全国訓練など総合すると普天間の基地被害、危険は想像を絶する。早朝・夜間訓練も環境デビューの比ではなかろう。
 宜野湾市民に耐えがたい恐怖まき散らし「どこでもいいから移設」と言わせるのが米軍と「辺野古シフト内閣」の狙いと見る。それを画策する先兵が下地「ザマチラサー」の役割であろう。

 防衛省は辺野古評価書有識者会議最終報告を受けて年末にも埋め立て申請を提出するであろう。オスプレイ強行のなか、ヘリ基地反対協議会は環境NGOと連携し有識者会議に要望書、意見書提出など警鐘を鳴らしてきた。沖縄県民の民意を愚弄したオスプレイ強行、実践訓練は日本の民主主義と憲法を問い、必然的に安保廃棄へ結びつき激動する。10月3日「オスプレイ配備撤回」名護市民大会は、『あきらめない』を合言葉に、島ぐるみ運動の導火線となる。冬に向けて憲法・安保の学習、「持続する志」の継続の闘いを!ブログ「宝の海」で沖縄の闘い日々共有を!

 「宝の海通信」追記
 1、辺野古シフト内閣は自壊するであろう。ですが、民自公含めた野合と偏狭ナショナリズム(石原・維新)の
   台頭を許してはなりません。
 2、下地フアミリーへの批判強まる。那覇市民は3年前のように下地「チラアーチャー」に騙されてはいけませ     ん。
 勇気ある俳優菅原文太さん
   国が壊れているー同感

 菅原氏は、日本の政治の動き、食からも日本は「壊れた国」という。私の10月「宝の海」も、政治、食文化、アジアを書いて来た。共感しています。自分の生活からこの国を見て観ることではないか。スーパーに並んでいる野菜からでも解ると思うのです。「あれーて」思うことありませんか。
 (「土に立つ者は倒れず、土に活きるものは飢えず、土を護る者は滅びず」12日、赤旗)
 琉球新報
新報12~1

 (この項、未明)

事故・墜落への前奏曲?
タイムス
1タイムス
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-10-13_40137

 「壊れた国」
  屈辱も羞恥心もなき政府と国民

   危険を呼び込むお金まで出す。
    「おぼちゃん政治」-外国の「ワジャク」(いたずら)が頻繁になるであろう
新報
  (8:23)



タイムス(Hp地元紙で知る沖縄より転載)
タイ1519~1

タイムス
オスプレイ:北部各地で増す訓練
PICKH20121013_A0027000100500007_r.jpg

オスプレイ:北部各地で増す訓連

沖縄自動車道金武インター付近の上空を低空飛行するオスプレイ=12日午前11時5分ごろ、金武町(湧田ちひろ撮影)

[画像を拡大]
社会 2012年10月13日 09時32分

(14時間55分前に更新)

http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-10-13_40155

日曜日は「宝の海」休憩します。

10月13日時事通信(14日0:30開く)
 昨日、外国の「ワジャク」(嫌がらせ)始まると書いた。(上記訓練移転費日本負担タイムス)

 大人げないが中国IMF欠席

「チャイナリスク」、世界が意識=中国ボイコットに失望も-IMF総会〔深層探訪〕
時事通信 10月13日(土)12時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121013-00000059-jij-pol
 胡錦濤主席(元首)に対する野田首相の「侮辱」(尖閣国有)に対する回答であろう。
 米・中のの日本に対する経済戦略?中国は傷付けながら何を狙っている?

 紛争の平和的解決の外交方針持たぬ国間の失態だ。
 両国政府は外交重視、偏狭ナショナリズムを克服、中国人民は非暴力的民衆運動を!
  (0:53)





スポンサーサイト
プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。