スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2信ー激戦の宜野湾市長選挙防衛局介入と審査会報告



沖縄毎日が動的に動いています。 

 激戦の宜野湾市長選挙沖縄防衛局ー組織的介入
 許せません

真部沖縄防衛局長 高江「撤退」したと思ったら、宜野湾市長選挙運動か?
  拡散お願いします。全国的ニュースになっています。
 新報電子版
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186929-storytopic-53.html
 沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-31_29255/

 審査会報告は20:00以降
毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00000046-mai-pol
 琉球新報電子版
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186924-storytopic-53.html

今日は現在の沖縄象徴するニュース
 QABでいくつか放映されました。後に添付します。(資料保存)

アセス審査会
http://www.qab.co.jp/news/2012013133506.html
 赤嶺議員ー宜野湾市長選挙
http://www.qab.co.jp/news/2012013133503.html
泡瀬裁判
http://www.qab.co.jp/news/2012013133510.html
 地位協定と若者の勇気 
http://www.qab.co.jp/news/2012013133498.html

 明日はアセス裁判で陳述
  陳述書ー裁判の時間帯に公開
スポンサーサイト

非公開コメント

1/31 衆院予算委員会 赤嶺政賢議員質疑ー沖防の宜野湾市長選挙介入暴露

昨日午前中、衆院予算委員会での赤嶺政賢議員質疑は、タイムリーヒットでした。
年末の防衛局の闇討ちを追及ー野田首相答弁不能。そして、沖縄防衛局の宜野湾市長選挙介入について内部告発があったことを暴露。今日は、全国ニュース、県内ニュースを見ていなかったのですが、帰路の車中でFM沖縄ニュースが報道。全国ニュースについては、深夜零時のNHKニュースも報道。防衛本省から調査員が出向き、メールの事実を認めたこと。眞鍋局長も会見し、「反省」の弁。特定候補についての話はしていない、とのことだが、宜野湾市在住の職員本人のみならず、親族関係、友人、知人のリスト作成を指示するなど、自民・公明推薦候補への投票行動を促している、とみていいでしょう。名護市民投票の際にも、防衛局(当時、防衛施設局)は職員を辺野古賛成投票オルグに駆り出しました。そういう犯罪的行為を過去にやっているのですから、日米合意優先の彼らにとっては、犯罪行為への罪を感じることはないのでしょう、おそらく。
国の出先機関が、選挙を汚す、民意を歪めていいのでしょうか。眞鍋氏を再び起用した当時の防衛大臣は更迭されているので、現大臣が責任者ということになりますが、選挙介入と思しき行為を真摯に反省するのであれば、局長自ら、沖縄防衛局長を辞すべきでしょう。それができないのであれば、田中大臣、あなたが更迭させるべきなのです。年末未明の「評価書」投げ捨て、高江での工事強要、宜野湾市長選挙への介入、辺野古アセス関連会社への防衛官僚の天下りと独占、このところ不祥事続きですねえ防衛省。そんな体質だから、三菱電機にも水増し請求されるのでは?ホントに反省するのであれば、自ら、浄化すべきではありませんかね。
野田首相、どう思いますか?
眞鍋さん、あなたが居座るとすれば、それは、”ハジチラー”ということになりますよ。繰り返しますが、直ちに辞すべきですよ。

県内移設反対をはっきり打ち出すイハ洋一さん

先週行われたJC主催の討論会記事、そして、タイムス社内での候補者討論を読みました。

基地は争点ではない、という「民」自公候補は、既に破綻している「県外移設」。そして、県民総意たる県内移設反対をはっきち打ち出していない。
その候補者を推す知事も、県内困難論は言うが、はっきり県内移設反対を言えない立場である。
対して、イハ洋一さんは、「県外」は無理。県内移設反対をきっぱり明言している。昨日の環境審査会でも、”辻委員は「一旦やってしまうと、途中でそれが中止になっても後戻りがきかない。破壊的な影響を後に残す。禍根を残すことになる」と話し、堤副会長は「最後の評価が間違っているということを明確に言ってしまう必要があるんじゃないか。環境を保全できないと、はっきり言ってしまう方が良いと思います」と話し”ている(QABニュース)。
争点ははっきりしている。県内移設反対を明言できるイハ洋一さんか、破綻済みの「県外」にこだわり県内移設反対を明言できない人か。です。
答ははっきりしているでしょう。県民総意は、県内移設反対なのです。「県外移設」を持ち出し、「候補地」へ頭を下げるような恥をさらすべきではないでしょう。
「民」自公候補は、キャンプズケランに完成予定の米海軍病院の「活用」(医療特区)も打ち出しているようですが、そもそも、外国人医師が国内で診療にかかわることは、医師法違反である。しかも、日本の社会保険は適用外、全額負担になるのですよ。そして、有事の際には負傷兵等の対応にあたるわけですから、当然一般県民が利用することは、軍病院の機能を混乱に陥れることになるのです。海軍病院を利用できるとすれば、出入り業者や基地従業員等一部である。沖縄戦で、軍病院での治療を一般県民は受けることができなかった。一部県民の事例はあったとしても、軍病院の機能は、戦争と直結しているのだから至極当然である。そんなことを「民」自公の人は知っているのでしょうか。
まやかしの「公約」で宜野湾市長の座をかすめとることは許されません。「医療特区」を言う前に、既存の国立沖縄病院や県立病院の人員強化、機能強化をしようとしないのでしょうか。このことについては、沖縄県社会保険推進協議会が、「医療特区」問題について、反論していますので、追って紹介したいと思います。

教科書問題では、石垣市長と思想的スタンスでは同じ立場の「民」自公の人。
八重山教科書採択のフィクサー日本会議の地方議員メンバーです。ウルトラ右翼そのもの。
市長になったら、八重山と同じことはしません、と言ってますが、信用できますか?現に石垣市長も応援に来ているでしょう。八重山と同じことはしない、というのなら、なぜ、石垣市長の支援を断らない?おかしいよね。

昨日の国会答弁でも政府閣僚は、辺野古推進を唱え続けています。そんな政府に事実上支援される人を、宜野湾市長にしてはいかんでしょう。

告示まであと5日、投票は12日ですが、宜野湾市だけの選挙ではない。宜野湾市外の私も支援に行きますよ。

イハ洋一勝利総決起大会
2月3日(金)夕6時半、宜野湾ジュビランス(市民会館向かい) 


プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。