スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自公・防衛省・民主党政権対宜野湾市民の闘い



今週―沖縄が集中する最大の課題
 宜野湾市長選挙


 沖縄タイムス
 激戦だ

   前回有権者69,500(投票率67・13知事選挙とダブル)
   今回有権者71,000
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-02-05_29475/
 伊波さんでこそ
  宜野湾市と沖縄の未来は開ける
   
89.jpg

 伊波陣営出発式
出発式2 (2)
 奮闘を誓う
  絶対に負けられない
出発式1
 後輩の大城君
  街頭宣伝奮闘ー僕の分も頼みます。

宣伝1

(続きーまどぎわにてー1)
 大西さんは「何の先生?」
 後輩の大城君(高校・大学・高校教師)が、宜野湾で頑張っている。
 教師として,私何をしてきたかとふと横切った。
 辺野古や高江で生態系、生物多様性の話をする。少なくない方々が、私を生物の先生だと思っている。高校社会科です。
 高校社会科に「現代社会」と言う教科があります。政治・経済・文化・環境と総合的で文部省は「公民」的国民を目指し必修としました。私は「沖縄自立的社会科の創造」と自主編成で「現代社会通信」とプリント授業で教科書は「副読本?」になる。文化編では近代日本文化を「啄木をめぐる人々と沖縄」「伊波普猶をめぐる人々」「異文化への尊厳・柳宗悦と朝鮮、琉球」「人間の尊厳とハンセン病(沖縄愛楽園)」などなどである。
 この授業蓄積は、拙著『啄木と沖縄』(01年)となる。
 教科書にも環境編はかなりのスペースである。沖縄に教材の焦点を当てる。次は「現代社会通信」(93年版)で、生態系と食物連鎖の授業プリントです。
 ミミズ、モクズカニ、タコが教材、ミミズは学校の花園にススキ積めばいくらでも湧いてくる。海と森の植物連鎖から生態系と環境学習の始まりとなる。サブタイトル「君はミミズ大好きになれる?」である。

無題87
          無題89


 教育論文最高賞受賞
 沖縄教育弘斉会が毎年教育論文募集、「君はミミズ好きになれるか」を出してみた。結果は最高教育論文賞になっていた(95年)。最高賞貰うと次回から論文提出できなくなる。
 高校社会科教師の扱う分野は広い、歴史、哲学(倫理)、政治、経済、国際問題、文化、必然的に他の教科との「学び」が求められる。
 辺野古・高江の闘いに生きてくるのである。幼い時から山と海は庭はであった。環境問題で生育史が生きてくるのであろう。私の少年期は文明に侵されない自然的生態系と自然の原風景が残っていた。
無題88
 (受賞の盾ー1995)
 高校教師OBと
  辺野古・高江の闘い
 高校OBがヤンバルの自然(やんばる訴訟原告団長T氏は社会科教師)、高江の闘いに少なからず大きな役割を果たしている。わたしは辺野古で、高江でI氏、T氏など、I氏は沖縄生物多様性ネットワークの共同代表、泡瀬干潟事務局長前川さん、また、ヤンバルの森のガイドとして活躍している方々は少なくない。学びの友であり、闘いの同志でもあると思っている。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。