スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米合意破綻と稲嶺名護市長渡米

宜野湾市長選挙
  激戦ー自公・野田政権の「普天間固定化」恫喝の中で


★緊急★
宜野湾市長選介入への抗議集会

 真部局長を先頭に宜野湾市長選に介入し、基地との共存を強要しようとする候補者に肩入れした問題で、基地の県内移設を許さない県民会議では緊急に抗議集会をおこなうことになりました。昼休みの短時間なので可能なかぎりの結集をよびかけます。

*日時 2月8日(水)ひる12時15分から
*場所 沖縄防衛局前
*主催 基地の県内移設の反対共闘かいぎ


 春の風が 月曜日はうるま市のクリニック通院、妻が風邪で食事も作り、自分で運転する。帰りにテント村立ち寄る、東南東の風、時折、雨、生暖かい風が吹く。春を告げています。
(未明から激しい雷と雨、今日はグソーの正月だが・・・・)
 
  東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな

 私の代わりではないが、息子が宜野湾で連日活動してくれた。

無題91

 テントへの訪問絶えません
 午前、医療、自治体関係者の団体訪問など連日訪問者あったようです。
  日米合意、グワム協定破綻、新たな日米合意とは、まだ、見えず。矛盾は果てしなく拡大。
無題92

 沖縄統一連ニユースで見る
   宜野湾市長選挙

【 統一連への募金の送金先(郵便振替) 】
  名義 沖縄県統一連
  記号 01710−8−62723
  **他の金融機関からの振込用口座番号**
    一七九(イチナナキュウ)店(179)
    当座 0062723
沖縄統一連ニュース
http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/anpo-news/ginowan/120205sityou09.pdf
 QABニュース
 日米合意見直し
  どう見るかー佐藤沖縄国際大学

http://www.qab.co.jp/news/2012020633618.html
QABニュース
 日米合意破綻
  稲嶺名護市長渡米へ
 宜野湾勝って、伊波・稲嶺・仲井真渡米を(大西希望)

http://www.qab.co.jp/news/2012020633620.html

 (続きー窓際にて2-宜野湾高校で何を教えたか回想)

窓ぎわにて2ー宜野湾への思い
 宜野湾市長選挙、お応援に行きたいがままならぬ、書斎の窓から南を眺め高校生徒学び合った頃、回想している。
 宜野湾高校に勤務したのは1993年、沖縄自立論的社会科を「沖縄削総合学習」としていた。普天間・宜野湾高校生は普天間返還後の都市構想を描いていた。とても、新鮮であった。
 沖縄が動く予感がした。
嘉数台地では「普天間返還させて沖縄一の街を創るのが二一世紀に生きる君たちの仕事」と吠えてた。
無題94
  (1995年、5月14日普天間人間の鎖のために作ったビラ)
 コンベンションセンター
 ポケット公園

 宜野湾高校の角に、ポケット公園がある。かって、米軍基地であった地に街が出来、学校が建ち運動公園、ホテルが建つ。この小さな公園に1時間、野外授業を行う。
 琉球王国成立、大交易時代、「万国津梁の邦」、地球儀に21世紀に生きる道、私の大事な教室の一つであった。

無題93
(ポケット公園ー教科書県民大会の日に。街建設竣工記念碑も建つ)
 歴史は動いた
  少女と母親の勇気

 1995年、沖縄総合学習の沖縄戦後史は「子どもと青年」を主人公とした教材であた。この授業の成果『沖縄の太陽物語』の完成を行うとともに、沖縄戦、基地ガイドの成果も『平和のためのガイドブック沖縄』(沖縄県歴史教育者協議会)の完成を目指していた。修学旅行のガイド、事前学習でも忙し日々であった。
2冊とも出版は7月下旬
 1995年9月少女暴行事件で沖縄が動いた。
 全国的に講演の依頼、沖縄修学旅行の爆発的増加のなか、アメリカ行動、高校生全国平和集会(96・97)を宜野湾高校で行った。
 このころの記録は拙著『沖縄を教えて沖縄を語り歩いて』(ブックレット・パート2・97)
 立命大学土曜講座『憲法・安保・沖縄』(立命館土曜講座ブックレット1)
 沖縄の心を「チムウクル」と書いている。
無題95
 (平和資料館、南部戦跡、嘉数台地など野外授業93~98)




スポンサーサイト

非公開コメント

防衛局長処分問題

NHK報道(本日昼)

渡辺防衛副大臣の会見ー12日以降に調査・結論。
これまでにも言われてきたことですが、宜野湾市長選挙の投開票以後になります。選挙結果如何では、局長お咎めなし、の可能性も…。そんなこと許してはなりません。昨日の「知りたがり」(フジ・サンケイ)でも、眞鍋局長の行為は、グレーゾーンと断ったうえで、限りなく黒に近い、と元検察官はコメントしていた。防衛省がらみの選挙不当介入(住民投票不当介入もあわせ)を根絶やしにするにも、やはり、宜野湾市長選でイハさん勝利を勝ち取ることが、その保証になります。がんばりましょう。
プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。