スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末ー閣僚たちの「沖縄詣で」-核サミット前夜の辺野古



お知らせ

平和な市民よりお誘いあり。行くべし! --- <講演と討論会>
・とき:3月31日(土)午後2時~5時 ・ところ:教育福祉会館中ホール(2階)
 (那覇市古島) ・講演 演題:「米軍再編見直しの動きと私たちの課題」

講師:新崎盛暉氏(沖縄大学名誉教授) ・講演後に討論を行います。


 今、日米両政府は2006年の米軍再編合意「ロードマップ」を見直しするとして、頻繁に審議官級の協議を開催しています。ところで、在沖米総領事のレイモンド・グリーン氏は3/19の琉球新報で相も変わらず在日米軍再編の目的は「抑止力の維持」と「沖縄の負担軽減」だと言い、沖縄に海兵隊を残す必要性については「地理的な重要性」だと言っています。「抑止力論」と「地政学論」はもはやズタズタになっているのにも拘わらず、裸の王様よろしく、これを持ち出している有り様です。また、日米両政府は国家財政が窮迫しているにも拘わらず、今回も日本に米軍再編の費用の負担をさせるために「沖縄の負担軽減」を日本国民説得のために使用してきています。このようなデマゴギーを許してはなりません。  これから沖縄は、「アセス評価書への知事意見」「6 ...



今週の注目
 評価書ー知事意見書(27日)


 辺野古の「浜下り」(旧暦3月日)
  今日から大規模な軍事演習

 24日(旧暦3月3日)は、浜下りの日、あいにく、この時期には珍しく寒波押し寄せて、風も強く、寒さで潮干狩りに出られなかったようだ。すこし、寒いけれど、太陽が輝いたので日曜日、辺野古に散歩にでかける。
 韓国で「核サミット」が始まる。オバマの気を引くためではなかろうが海兵隊の軍事演習が始まるようだ。09年11月のオバマ来日、辺野古の海兵隊大げさな演習展開した。

 厚木基地にEA6Bプラダーに代わって電子攻撃EA18Gグラダー(6機)配備、
 韓国から米軍チャータータンカー沖縄向っている情報あり。嘉手納・ホワイトビーチ・普天間の動き見る必要あり。

天気は快晴が続く、水陸戦車、ヘリ訓練の総合的動き撮影できるか。

 新配備強襲揚陸艦ボオム・リシャール号(約4万トン、船体6番)現れる?

 干潮の辺野古、寒くて今日も潮干狩りなし、
DSC01694.jpg

アセスのがれの兵舎などDSC01692.jpg

寒さ厳しいがポチ日向ぼっこ
 一人の訪問客も大切に説明する具志堅徹幹事
DSC01697.jpg
 記者の質問の答える
DSC01690.jpg

今日は個人の訪問者切れ目なくDSC01695.jpg

 閣僚たちの週末ー「沖縄詣出」

  仲井真知事との「密会」恒常化
 主要閣僚たちの沖縄詣で、週末に恒常化してきた。知事との会談は「密談」が続いている。玄葉外務大臣、韓国に来たオバマにアピールのためか? 閣僚たち、沖縄問題休みの日の仕事と思っているのか?
 仲井真知事、これらの閣僚の歓心を買うためか、沖縄戦の改竄で、応えている。その手法は強引である。沖縄県が全国に誇る県史をも無視した。また、沖縄戦の改竄は、基地の問題と無関係ではなく、優れて現代と未来の問題である。
 
 これらの動き無視出来ません。


32軍司令部壕説明板、県が設置 「虐殺」など記述を削除
 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-189070-storytopic-1.html
嘉手納より南の米軍基地 外相、早期返還を困難視
 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-189073-storytopic-3.html

玄葉外相来県 非公式会談は得策ではない
 琉球新報社説
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-189075-storytopic-11.html

 辺野古にいけませんが
  何が辺野古に来るか写真撮ってくださ。


ブログ「リムピース」より
EA18Gグラダー
http://www.rimpeace.or.jp/jrp/atsugi/120324ea18gin.html

リムピ-スより
沖縄に向っているとされるチャーター船タンカー
http://www.rimpeace.or.jp/jrp/umi/yokosuka/120323chulan1.html

 強襲揚陸艦ボノブ・リシャール
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%8E%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3
 揚陸艦デンバー・ジュノー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC_(%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E5%9E%8B%E8%BC%B8%E9%80%81%E6%8F%9A%E9%99%B8%E8%89%A6)%E3%83%BC%E3%83%AB_(%E5%BC%B7%E8%A5%B2%E6%8F%9A%E9%99%B8%E8%89%A6)

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。