スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は憲法読んで朝食を摂ろうではないか


今日は憲法記念日
  日本国憲法を読んで1日を始めよう

 安保条約を廃棄して
   憲法が輝く日本を目指して
 米軍基地のなかの看板
辺野古の海岸、海兵隊基地に看板が建った。最初は金網のこちら(基地でない浜約10m地点)に海兵隊員が来て、打ち込みました。新規基地接収だと攻防戦行い、撤収させて、基地のなかに建てました。日米合意受けて06年春であったと思います。辺野古ツアーが来るとこの看板で憲法と基地の「授業」に使っていました。これほど日本国憲法が安保条約で蹂躙されている「教材」はないと思いました。

 「これから先は、米軍基地施設で、立ち入り禁止区域です。侵入した場合は、日本国憲法で定められた法律で罰せらますので固く侵入を禁ずるー那覇防衛施設局」
無題31


 嗤ってやろう
 「拝啓額賀防衛長官殿」

 見るたびにワジワジするのです。しかも、日本語になっていません。06年7月13日、沖縄タイムス「声欄」に投稿しました。だいたい次のような内容でした。
 その1、「沖縄県警は銃刀法違反で海兵隊を逮捕せよ」
 その2「自民党憲法草案は日本をアメリカに捧げるのか」
 すると、翌日、日本国憲法は黒く塗りつぶされた。幾人かがカメラに収めたので、ブログ「宝の海」で、額賀長官あてにお手紙書いたのです。
 「看板と金網の間、明日、散歩しますのでよろしくお願いします」
未明に看板消えていました。
 下記の看板に変わるのです。
DSC02117.jpg

 安保条約が
  憲法を食いつぶす。

 復帰とともに建てられた看板は「刑事特別法」でした。「日本の法律」としたのは安保条約を見えなくするためです。防衛省および外務省はアメリカに日本を捧げる。司法は条約優位論(最高法規)として、米軍の一切の行為を肯定する。琉球新報が「揺らぐ憲法」連載しています。わたし、添付しても拡大できません。
 下記ブログ「高江の現状」を開いてみてください。いかに憲法が侵害されているのか。
「高江の現状」ブログ5・1―新聞記事拡大して読めます。
http://takae.ti-da.net/

平和的生存権の危機
 日本国憲法前文ー今日は憲法を読もうではないか


 「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」

 2プラス2共同声明、日米首脳会談
  日本全国の平和的生存権を犯す
 日米共同訓練、MV22の配備、佐世保・岩国の騎兵隊強化(ボノブ・リシャールの配置と軍港強化・岩国の愛宕山化兵隊住宅化)、横田の日米合同司令部などは、普天間固定化などから判断すると、MV22および戦闘機などの訓練は日米一体の名で日常化企んでいる。
 韓国(済州島)、日本(沖縄含む、マリアナ列島基地化、豪州への防衛線ー「シー・エアーバトル」と言うのか
アジア太平洋の平和的危機をもたらす。
 沖縄は日常的に平和的生存権が侵されている。もはや、日常的平和的人権の侵害は沖縄の問題から、日本国民全体の問題になってきた。
 日米首脳会談は、東南アジア友好条約の変質も狙って来た。日本の「国際的責務」も試される。

沖縄は統一して連続行動 MV22オスプレイ配備団結する
 30無題

 ブログ・メールで拡散・求めます
●5月11日~13日、平和運動センター5.15平和行進
 出発は毎日9:00、出発場所は各コース以下のとおり。
 東コース(11日辺野古海岸、12日天願桟橋、13日宜野湾市役所)
 西コース(11日読谷村役場、12日沖縄市役所、13日宜野湾市役所)
 南コース(11日県民広場、12日平和記念公園平和の火、13日宜野湾市役所)
 最終日の5月13日は「5.15平和とくらしを守る県民大会」午後2時~3時30分 宜野湾海浜公園野外劇場にて

 5月13日(日)普天間基地第一ゲート(5時~6時)
 5月15日(火)(午後2時~4時)宜野湾海浜公園
 主催 基地の県内移設反対県民会議プラス
 6月10日(日)沖縄県議選挙
 6月17日(日)宜野湾市民大会
 沖縄節目は集中、学習と日常行動の積み上げ、決めたら、断固やりきる。
 
(大衆が信じ合い、自らの力を確かめ、決意を新たに!」(復帰闘争碑碑文)


 全国の友へのお願い
 5月15日(火)は日本全国、オスプレイ配備に反対する行動を!

 また、各地の辺野古・高江行動の協力・共同のわが緊急行動として発展することを望みます。
 日本平和委員会は全国各地で復帰40年5・15統一行動を行います。協力・共同の輪を広げてと、わたしは全国にメール発信しています。

定期的に辺野古・高江の座り込み
 「宝の海」愛読者の埼玉の友人のメール

 (いつも、お手紙ありがとう)
日米首脳会談について考える
2012年05月02日


 沖縄の名護市辺野古や東村高江の米軍新基地建設反対の座り込みをし、戦争反対の非暴力抵抗運動に参加してきた者として、今回の両首脳の共同声明に私見を述べてみたいと思います。

 日米両首脳は日米同盟を強化すると言います。
 日米が平等互恵の貿易をし、平和的に仲良くすることは良いことと考えますが、日米同盟ともなれば、日米安保条約に基づき軍事を重視した関係になり、アメリカが起こす戦争に巻き込まれることになると考えます。

 そこで、私は戦争反対の立場から日米同盟の強化には反対します。
 むしろ、軍事を抜きにして日米友好条約にしたいと考えます。

 今や国の安全を二国間の軍事同盟で守ろうとする考え方は時代遅れと思います。
 こんにちでは、アジアでも世界でも国連が中心になって、平和の地域共同体をめざす流れが大勢となっています。

 沖縄には琉球王国時代に万国津梁という考え方があり、小さな琉球王国が朝貢貿易などでアジアの国々と仲良く平和に暮らす懸け橋の役割を果たしたと言われます。
 武器を持たない小さな国が近隣の国々と平和的に仲良く暮らしていく知恵であり哲学であったと学びました。
 
 戦争を放棄した憲法を持つ我が国が世界の国々と平和的に仲良く暮らしていくには、沖縄に在った万国津梁の考え方に学び、アジア地域の平和共同体の一員に加わり、歴史的な役割を果たす中に、明るい展望が開かれると確信します。

 次に野田首相が民主主義を標榜する主権国家の総理大臣なら「沖縄県民の民意に基づいて普天間基地を即時無条件で返還して欲しい」と、米大統領に要求すべきなのに、考えてもいません。
 また、TPP(環太平洋連携協定)についても国民の反対が強く、国民の合意も得られていないのに、勝手にTPP参加の協議を「引き続き前進させる」としたことは非民主的で許せません。

 「一体、野田政権はどこの国の政権か?」と問いたいと思います。
 アメリカに対して対等にものが言えず、アメリカ言いなりの政治は止めるべきです。

 アメリカ言いなりの政治を止めるには、まず民主党政権に代わる庶民本位の連立政権により日米安保条約を破棄することです。安保条約をなくせば、外交でも経済でも新しい展望を開くことが出来ると考えます。

 以上のように私は考えますが、皆さんはどのように考えられますか?
 今こそ日米安保条約の是非の国民的議論を起こし、日本の針路に展望を開こうじゃあありませんか?
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。