スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄県民の民意揺るがずー日米政府と全面対決へ


沖縄県政野党過半数勢力伸ばす

 自民党・民主党県幹事長落選

 仲井真知事はキッパリと「辺野古ノー」と
  高江オスプレイパット建設反対を明確にして、県民と歩むこと


 日曜日の深夜に沖縄県議選挙報告の予定でしたが、月曜日、治療があるため早寝、昨日も早いので新聞受けから新聞1面を見るだけで詳細は読めませんでした。点滴治療、温熱治療終わったのが2:00頃、辺野古に向う。
 さっそく、撮影会(?)、安次富、大西両代表新聞もって決意。言葉はいらないであろう。
 
tennto.jpg
 沖縄県民と日米政府との全面対決へ
  「民衆が信じ合い、自らの力を確かめ、新たな決意」(「復帰闘争記念碑」

 現場の闘いのさらなる強化を誓う
DSC02725.jpg
 オスプレイ配備、高江工事再開(7月1日)、評価書広告縦覧(秋)、埋め立て申請と戦いは総合的になる。
 日米政府は知事の「不可能」を「可能」にする期待を込めたが、沖縄県民はきちんと読み取り、自公と誘致派は21(前回22)、辺野古反対勢力は27議席、沖縄の民意は確固としたものとなったとみていいであろう。
 さまざまな問題はある。知事が名護市民投票後、基地誘致決断して市長辞任のような問題も起こる可能性もある。

 岩国市長、オスプレイ組立「保留」とのことだ。(下記QABテレビニュース

 日米関係安定させるために、日米政府は普天間を閉鎖・撤去するのが最善の道であろう。ペンタゴンの「代官」森本防衛大臣は辞任したほうがいい。

 私は、現場主義だが、辺野古・高江の現場におれない。
 私の現場は書斎で沖縄情報を「宝の海」で発信すること。


 琉球新報社説
新しい県民代表へ/命と人権守る使命感を 普天間返還は超党派で
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-192425-storytopic-11.html
 沖縄タイムス社説
[県議選]政治不信が噴き出した
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-06-11_34921/
毎日新聞
<沖縄県議選>普天間移設厳しく…政府の思惑外れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120611-00000066-mai-pol

 エリグロアジサシが赤道越えてやってきた
 求愛行動?

今年は遅い、過去8年間調査記録、昨年は病などでできなかった。
 今年は、平和丸で出てみたい。7月上旬飛来数、8月上旬繁殖数測定できる。エリグロのコロニー4か所、コロニーは8~15羽、ベニアジサシはコロニー2か所、50~300(巣立ち期)、人間を嫌うから釣り人が無人島頻繁だと減少する。
120610ajisasi.jpg
 (リムピース「追跡ー在日米軍基地」辺野古より)
QAB琉球朝日放送
オスプレイ配備で国が打診 「岩国基地で組立・試験飛行を」
http://www.qab.co.jp/news/2012061136026.html
スポンサーサイト


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【沖縄県民の民意揺るがずー日米政府と全面対決へ】

沖縄県政野党過半数勢力伸ばす 自民党・民主党県幹事長落選 仲井真知事はキッパリと「辺野古ノー」と  高江オスプレイパット建設反対を明確にして、県民と歩むこと 日曜日の深夜に沖縄県議選挙報告の予定でしたが、月曜日、治療があるため早寝、昨日も早いので新聞受...

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。