スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法アセス訴訟結審ーメモ


 違法アセス訴訟結審
  来年2月20日判決

追記ー岩国行動
  (19日、9:15)

QAB
辺野古アセス訴訟
http://www.qab.co.jp/news/2012071836751.html
 結審にあたってメモ 辺野古違法アセス訴訟は、V字2本滑走路持つ「悪魔の要塞基地」の環境アセスの違法性を争う民事裁判である。アセス法の手続きを無視した事前調査、方法書、アセス調査、準備書の手続きの違法性を問う、環境アセス法では初めての訴訟でもある。
 事業内容を記載しない方法書、意見表明後に追加方法書出して、追加方法書に住民意見が出せず、準備書出も「後出しジャンケン」と言われる「欠陥商品」言われた。マメリカジュゴン訴訟で明らかになった秘密基地の実態。
 その代表的なのが評価書段階でオスプレイ配備を書き、国民の意見表明の機会を奪った、典型的な例である。
この訴訟はヘリ基地反対協議会の提起、責任団体として、原告団600人余、辺野古弁護団を中心に全国的に弁護団を形成し、21回の公判で結審した。
 運動としては、沖縄ジュゴン環境アセス監視団を主体として、学者・専門家、環境団体との連携を広げ、学びの世界を広げ、沖縄県環境影響審査会を民主的に、住民意見が反映される県民的闘いと違法アセス訴訟が一体となった。

 私の体は脳梗塞の手術(8月)、癌の手術(11月)と、生と死の状況にあった。あの年末の高江の闘い、評価書の闘いの重要な時期でもあった。「宝の海」の発信も身体的苦痛との闘いでもあった。

意見陳述の頃 
 私も2月1日、意見陳述を行った。手術後で、食事がとれるまで癒えて、公判に向けて体力をつける日々であった。
 私の意見陳述書は「宝の海」(2月1日、2日)に掲載している。陳述書作成に当たっては、担当弁護士が家まで来てくれ、また、治療日妻の運転で弁護士事務所で打ち合わせをした。

 この時期は評価書に対し、第1次沖縄県知事意見、第2次知事意見と重なり、知事意見「自然環境・社会環境保全不可能」に接したとき、体中から涙が湧いて来た。

 今、車も自分で運転する体力ついて、評価書補正に向けて、大雨・台風時、独自の調査課題をもって、時折、辺野古へドライブ、散歩と現場を共有している。

 判決は来年2月20日、埋め立て申請時期と重なると予測される。この種の訴訟は「訴えの利益」の問題があり、訴訟および運動で政府を追い詰めているが、「判決勝利」は、大切だが、だだ、それだけではない。
  (18日23:15メモ)
 法廷に立っていないので、マスコミなど情報得てコメント。

速報岩国行動
 人間の鎖・海上行動


 7月22日
  抗議集会とデモ


沖縄の怒りの声!!

「どうせ反対しても駄目なら、実を取った方がいいと。言う人もでてきた」基地問題銀連名の桑原敏幸会長(岩国市議・再編容認派) 左記は、沖縄タイムスの取材に答えたもの。

沖縄タイムス(7/16)が報じた記事の内容は、頭から湯気『怒り』がふつふつ沸き出しました。そして、恥ずかしくなりました。
沖縄からの怒りの声が聞こえてきます。
「お金のためなら何でも引き受けるのか」

再編交付金に頼らない道を歩み始めた沖縄、一方強請り集りの如く『ギブミィマネー』と声をあげる岩国市議(容認派)

沖縄の基地負担に手を貸してはならない
岩国にオスプレイの陸揚げを許すことは、沖縄への基地負担を押し付けることです。日本全国をオスプレイの訓練場にすることです。
そして、オスプレイは離発着直前が一番危険といわれています。私たちの住む広島が「世界一危険な街」になってしまいます。

  「オスプレイ陸揚げ・配備阻止!岩国現地大行動」が呼びかけられました。
    みなさん  参加してください!!

拡散で連帯行動を


オスプレイ陸揚げ・配備阻止!岩国現地大行動(第一次のご案内)


わたしたち岩国市民や沖縄県民が強く反対する中、米政府は世界一危険な
オスプレイを配備すべく24日にも岩国に陸揚げしようとしています。
私たちは全国の仲間たちと連帯し、私たち国民を新たな危険にさらすオスプ
レイの配備・陸揚げを阻止し、撤回させようと立ち上がりました。
全国からの参加・賛同を、よろしくお願い致します。

〈実施要綱〉
陸上からの阻止行動
・日時:7月24日(火)X時(決定後に第二次でご案内致します。
・場所:岩国市尾津沖 堤防 (人間のくさりで阻止行動)
国道188号南岩国交差点を海側へ 岩国市地方卸売市場そば海側堤防
(JR山陽本線 南岩国駅下車 国道188号を南へ500m左折して約2㎞海側へ)


船で海上デモ
現地岩国と横須賀・呉・佐世保等々から船で抗議デモ


資金カンパののお願い
全国から賛同金を募ります。
(個人一口1000円、団体一口3000円)
郵便振替口座 01360-7-88109
加入者名 「住民投票の成果を活かす岩国市民の会」
(通信欄にオスプレイ配備阻止 賛同金と記入してください)

実行委員会 共同代表(連絡・問合わせ先)
大川 清(住民投票の成果を活かす岩国市民の会 090-7899-2730)
岡村 寛(愛宕山を守る会 090‐4807‐1538)
津田利明(岩国爆音訴訟の会 090-3740-9265)

(2012年7月18日)

岩国基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会
廿日市市住吉2-2-18 廿日市市市民活動センター 郵便受 1-01号
TEL&FAX 0829-31-3356  
E-mail stop_iwakuni_kichi@yahoo.co.jp
http://www.k5.dion.ne.jp/~stop/iwakuni-kichi/ 
坂本 千尋
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。