スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8・5県民大会ー台風11号直撃で延期

 
 昨日は、副作用が来て、満足に日記書けませんでした。
とくに、伊波洋一氏の提案、紹介したかった。
 今日も影響受け、耐えています。
 今年はデイゴが満開で、自然も予測出ません。耐えて、県民の力、再構築です。
県民大会ー台風11号沖縄本島直撃で延期!
北緯20度以北で発生だから強い台風ではないが、9号と影響し、雨が激しいであろう。昨晩、雨激しく降る。
琉球新報
5日に暴風の恐れ 台風11号発生 本島、大東島地方2012年8月3日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195050-storytopic-1.html
琉球新報
「辺野古撤回」首相に要求 北部市町村会2012年8月3日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195023-storytopic-3.html


沖縄タイムス
「基地への電気・水道供給停止を」市民団体が要請へ
社会 2012年8月3日 10時15分
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-08-03_37207
 1950年代、米軍は水道・電気を独占して、抵抗する沖縄県民を「水攻めの沖縄」と言われた。資料としては『祖国なき沖縄』(東京沖縄学生会)、水攻め・電気攻めの作戦は、米軍が残してくれた。やるべきだ。
ペンタゴン「代官」
 ペンタゴン将軍に「呼び出し?」
「オスプレイに乗って意味がある?」
沖縄タイムス
オスプレイ:森本氏「沖縄の現状伝える」
全国 2012年8月3日 14時02分
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-08-03_37215

 準備書・評価書で隠ぺい
 辺野古の海に出ると毎日見られるウミガメ、やっぱり、後出し。原点から見る企画の中で。
琉球新報
ウミガメ情報未提供 防衛省、辺野古アセス補正で2012年8月3日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195021-storytopic-3.html
原点から見る辺野古の自然(3)

 ジュゴンとサンゴの博物館(1)
  大浦湾・辺野古海域は日本の500の湿地


 大浦湾から辺野古岬(シュワブ基地)・金武湾にかけては、広大な湿地(イノーとリーフ<サンゴ礁>が広がっています。大浦湾から嘉陽、天仁屋岬に架けてはアオサンゴ、嘉陽のジュゴンの藻場、塊状ハマサンゴ群落が陸を取り巻いています。陸地は嘉陽層という独特の地層に「陸のジュゴン」沖縄ギクなどの希少生物,磯を形成しています。
 環境省は大浦川周辺をラムサール条約登録候補に挙げています。沖縄県の厳正に保全すべきAランクの生き物たちを振り返ります。
 V字基地計画と大浦湾の自然
  ヘリ基地反対協チラシ
図1

 地層は嘉陽層です。沖縄の高校生の地学・生物野外学習(多くの高校)のメッカです。マングローブ、大浦集落の天然記念物、沖縄にもあるイチョウ(名護市の天然記念物)などの散策。
 嘉陽層は場所によってさまざまな形、褶曲図4
 (辺野古テント村から見える豊原の嘉陽層)
 干潟の代表は、シオマネキ、南コメツキカニなど
yagaji.jpg
 大浦橋から二見橋、干潮になると石の下などにさまざまな生き物見ることができます。親子で夏休みの自由研究が埋まっています。「二見情話」の碑に込められた沖縄の心も、
絶滅危惧種トカゲハゼの北限図1
  (棚原盛秀氏からいただきました。これから紹介する写真は西平信氏はじめ多くの人々の提供です)
世界的にも珍しい「動くサンゴ」
 湿地は「泥」、スイショウ貝にサンゴ図3

 大浦湾の塊状ハマサンゴ
図2
 動物の脳みそ?図1

 塊状ハマサンゴの向こうにユビエダサンゴ、次回ユビエダサンゴ。
図3


OTBニュース 
◇◇“オスプレイ反対”テントが切り裂かれる◇◇
http://www.otv.co.jp/newstxt/index.cgi?20120803114962
QAB
普天間基地ゲート前 座り込みのテント切られる
http://www.qab.co.jp/news/2012080337182.html
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。