スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読売電子版ー何を狙っているか。争点反らしの謀略は単純

琉球新報・沖縄タイムスを読む  
  (新報1面、タイムス2面、)
「苦渋の選択」の白々しさ(島袋陣営)
   現行案の見直し(稲嶺陣営)
  「  危険な普天間基地はを国内どこにもいらない」(比嘉陣営)

 県民の注目は、何故、「革新」は候補をたてきれなかったのかについてであろう。一般的に言われる「選考会議」は解散である。
 8年前、宮城康弘氏は市会議員として勇気を持ってり候補、4年前、我喜屋宗弘氏も同様である。まず、1点、県議・市議に勇気がないことである。
 宮城氏には「なごなぐ雑記帳」のブログがあって、名護市長選挙に所見(6)を述べている。この見地が「外部」からの一般的な見方であろう。どんな苦しい時にも辺野古に基地はいらないを貫いてきた宮城氏の心情が出ている。振興策バラ色の中で谷間の時期であった。
 今、有利な条件の中で現行案見直しで翼賛的な状況が進む、歴史は皮肉だ。9月4日、市民団体が民主党県連に申し入れして終了。喜納代表が「名護」と言いかけて、知事選に話題を変えた。
 名護市の議員の動きと関連して民主党の影を見た思いであった。民主党今日の新聞で稲嶺指示を表明した。
 名護には民主党、社民党、社大党の地方組織はない。つまり、政党間の調整や整理が効かないことも、名護の不幸の一つである。
 「辺野古ありき」の火種
  小さな木を大樹に育てる

 タイムス・新報社説を読むと、今の沖縄のマチブイマチブイ(国政選挙中から使用)が見える。
 新基地反対の大地に小さな木を育て大樹に育てる。新基地反対の潮流を逆流させない道は比嘉やすし氏の勝利しかない。

 移設先は選択示すのは争点ではない。タイムスの記事を見ると頭をひねる。普天間の即時閉鎖、辺野古に入らない、火種まで残してはならない。
IMG_20091101084503.jpg
(続きー星空に蛍が)
緊急ニュース
読売電子版(1日06時)
 「普天間移設受け入れ 名護市が撤回を検討」

   辺野古ありきの誘導に過ぎず 
 友人から連絡が入った。読売電子版読めである。タイトルは上記のようになっている。何のことはない。県民世論の「辺野古に基地はいらない、どこにもいらない」流れに挑戦するとともに、民主党政権に対する「恫喝」である。名護市幹部と書き、島袋市長ではない。
鳩山政権が辺野古への移設案を進展させない場合には、政府に対し、同飛行場の代替基地の受け入れ表明を撤回したいと申し出るという。」
 辺野古移設、辺野古ありきを急げである。
読売は何を狙っているか。
 31日夜、月見会で名護市の幹部と年金生活で話をした。月に1回、モアイで共にする。とくに、その夜はさわやかであった。何かが起こっていることは読めた。
  
星空に蛍が舞う川10
得意料理シブイ刺身
朝鮮戦争の頃、将校たちは本国から家族を呼び寄せて、海岸で抱き合っている光景が印象的で、馬の草を刈り終えると一日中赤丸崎(奥間ビーチ、白い煙、黒い煙の場所でもある)で魚を釣り、泳ぎで遊び耽ります。水分補給はキュウリやスイカ、畑からシブイを失敬し竹を割った道具で中身を剥ぎ取り、ウニを採ってシブイ刺身にして水分と栄養補給です。流木を集め、石を焼き、畑から失敬してきたイモを焼き昼飯、イモを失敬するにも一株から一個、根は必ず埋めるのが鉄則でした。ときに、ビーチロックをイラブチの群れが黒く染めます。サバニが静かに網を降ろして行きます。漁師が右手で合図するとその方向から飛び込み、海底から石を拾い投げてゆきます。大きなイラブチ二本かついで家路を急ぐことも少なくありませんでした。
予断ですが、国頭村長で、電電公社の総裁になる新里善福氏はイラブチャーの肝いり味噌和が好きで、シブイの腹削りをさせられ、学校でも反省会などでシブイミソ和刺身は、わたしの得意とする料理の一つ。シブイの自然の器はどこでもできる自然の風情があるのです。
桃原の広く長い砂浜はグンバイヒルガオが海に野原を形成、サバニの船先が並んでいて、日ごろかわいがってもらっている五朗叔父さんのサバニもあって、夏の夕暮れ出漁のサバニを担ぐ手伝いのお礼に、タマン・クチナジ釣に同船する機会があり、大人になっても続き、五郎叔父さん独特の漁法、魚の道を「ミーナレー・チチナレー」で身につけ、夜の釣りは手縄で、魚が餌の周りに来るときの「餌を振る」感覚をやっと体でわかりかけてきた。しかし、海の中でイシミーバイをはずしタマン・クチナジだけ狙う技術は習得できません。
シイスビーのご馳走
当時、私の部落だけでも三〇頭近くの馬がいて、冬場は草刈場を求めて隣の大宜味村まで遠征します。私の家の家畜は正月豚に、十匹以上の名古屋コウチン、ブルモースが庭を住処としています。夏には幼い弟や妹も草刈についてきます。成長に応じてそれなりの役割があって、幼稚園児は蛙やバッタ、タユー(フナ)、トウギョ、タウナギを取ります。
あぜ道などに青大将、ガラシユアブー、ハブなどいましたが、ハブを殺すコツは子どもでも普通で、アカマターは神の使いと聞かされているので逃がしていた。その他の蛇は瓶や空き缶などに入れてペットにしていた。親子ラジオの頃で、ハリガネで電流を土の上に置いた空き缶に蛇、ネズミ、カエルを入れ気絶させるなどの遊びにしていた。
後に述べますが、VOAの電波で鏡地、桃原部落では100Wの電気がつき、空中電気と言っていた。
写真コウキチグムイ
 ① 奥間ビーチ(米軍の看板
 ② コウキチグムイに橋がかかっている。フナ釣り場所
 ③ 比地橋に点々と人が見える
 ④ 米人の車が田んぼによくおとた。
 ⑤中央の松の後ろは映画館(松竹、東宝系)辺土名に(東映、日活)
IMG_0001_20091101230752.jpg


川や田んぼは田草取りの際、草と一緒に掴まれた。魚釣りの初歩はフナ釣りであった。
バッタは針金で胸を貫通させ吊るし、アタビー(蛙)はスグッテ(地面に叩きつけて半殺し)楕円のサバ缶に入れてゆきます。それぞれの役割が達成されると比地川の潮止めの堰きでアジの子どもを釣ります。餌はバッタの尻尾をちぎり釣り針に掛けます。
夜はチン(チヌ)が幾らでも釣れた。海岸からはクロダイになった50センチ級が釣れた。カースビーという魚がいたけど40年間であったことはない。ミチユーといわれた海の魚の遡上も消えた。
この堰をダクサ(落差?)と呼び、一期作の稲の刈入れ、二期作の田植えは7~8月、野良仕事を終える夕方、子どもや青年たちが泳ぎに集まりだします。蛍が星とひとつに輝くまで泳ぎ、男の子たちは水中をもぐって女子青年たちの中に浮かび上がり、オッパイ触ったと自慢したり、捕まえられては、水を腹一杯飲まされたり、ラクサは青年男女の出会いの場でもあるのでした。
 写真ラウサ(比地川の堰)
  ①干潮時だがもっと深かった。
  ②魚道が狭く水の勢いない
  ③土手がコンクリートになっていて、木が茂り、川に土がたまり、川草の川となっている。
  ④自然再生型の川への転換が求められる
DSC00199.jpg  
 家に帰ると我が家のニワトリたちが蛙やバッタを追いまわし、馬はハミと草を求めいななき、残りは正月豚の夕食になり、アジは家族の夕食となるのです。 
 田植え、稲刈り、炭の運搬が終わると家族のシ―スビー(収穫祭)をします。
その日は、島米のご飯に、物々交換で米をミ―バイ(ハタ)、マクブ(ゲンコツイラブチ)などに代え昼食は魚の御汁、刺身が盛られ、夜はニワトリの御汁です。朝、父が潰すニワトリを指定します。もちろん、殺すのも、解体するのも子どもの仕事で、私はどうすれば楽に殺せるか、子どもなりにさまざまな「研究」をして来ました。
二〇年前(1980年代)ごろまでは、学校の球技大会などで廃鶏をもらってきて、生徒に鶏の潰し方を教え、剃刀一本で解体する術を生徒に披露して、昼食は鶏とシブイのオツユをクラス全員で作り食べ合うなどやっていましたが、今の、学校教育では残虐な先生で新聞沙汰になるであろう。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。