スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8日第2信ーオスプレイ市街地緊急着陸


米、オスプレイが市街地に緊急着陸

TBS系(JNN) 9月8日(土)6時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120908-00000015-jnn-int
  (9:25更新)
 随時追記あり
 日本の知性大江健三朗
  核・沖縄語る
 琉球新報が1面、30面、31面の大江氏のインタビュー掲載、「核の傘離脱を」で脱原発・オスプレなど語る。必読だ。
無題1
 今日の新聞記事
その1
日本の知性大江健三朗
  核・沖縄語る
 
琉球新報が1面、30面、31面の大江氏のインタビュー掲載、「核の傘離脱を」で脱原発・オスプレなど語る。必読だ。
 『沖縄ノート』を回想した。沖縄ノートのプロローグは「復帰男」古堅宗憲だ。伊江島に古堅宗憲の碑が建つ。この碑の前で『沖縄ノート』を読んだ。
 その2
 知事県民大会不参加

私のコメントは第1信に「裏切りか」「本質か」を新聞はどう見ているか。


[大弦小弦]県民の多くはオスプレイ配備…
2012年9月8日 09時55分
[表明を引き延ばした上、期待と予想は裏切られた。明確な理由は分からず、知事の口癖を借りれば、「胸にすとんと落ちない」。県民の中には動揺と怒りと疑念が渦巻いている]

http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-08_38693
沖縄タイムス社説

[県民大会不参加]予算と取引したのか
政治 2012年9月8日 09時40分
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-08_38700

 仲井真知事は当初、県民大会の予定だった8月5日に民主党の前原誠司政調会長と那覇市内で「密会」している。予算編成に力を持つ前原氏と一体何を話したのか。2013年度予算の概算要求と取引したのではないか―との疑念が消えない。

メモ
 知事論
 知事は、「地方自治の本旨」(憲法92)に対し、国家論、地方政治・経済・文化施策など政策掲げ、住民は政策選択するから知事は政治家である。仲井真知事「行政実務者の責任者」論を前面に出してきた。中央政治の地方における官僚の責任者に知事職を格下げしてきた。現在の地方の首長たちが国家論を説き、政党結成をする時代に「特異」戦前の知事に成り下がる。
 これは、沖縄タイムス社説が懸念するように、埋め立て申請に向けて行政実務の布石(許可)の陳腐な知事論。
 仲井真知事のこれからの行政は「歴史に耐えられない」行政となる。

琉球新報社説
知事欠席 歴史の批判に耐え得るか
2012年9月8日http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-196647-storytopic-11.html

高江住民弾圧裁判控訴審への傍聴参加と激励のお願い

今年3月14日、那覇地裁にて高江住民弾圧裁判への不当極まりない判決が下されました。
問題の本質を全く鑑みず、SLAPPを認め、市民から表現の自由を奪うこの危険な判決に対し、来週より控訴審が始まります。

一人通行妨害禁止を命じられた控訴人は、ヘリパッドいらない住民の会全員、高江オスプレイパッド建設に反対する全ての方々を代表して法廷に立ちます。

皆さま是非裁判所にお集まりいただき、傍聴参加と控訴人への激励をお願いいたします。

期日:2012年9月11日(火)
場所:那覇地方裁判所(福岡高等裁判所那覇支部)
 9:00  事前集会(裁判所前広場にて)
  9:40  傍聴整理券の配布と抽選
 10:00  開廷
 閉廷後 報告集会


また、高江のオスプレイパッド建設現場では、あらゆる欺きの中で工事が強行され、少ない人員での切迫したたたかいが連日続いています。

高江の現場へのご支援を合わせてお願いいたします。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。