スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の童歌ー「ちんぬくじゅしい」


一日は普天間寄って疲れました。たっぷり昼寝して、夕方、台風で荒れた裏畑、掃除しました。里いもが葉まで飛ばされたので掘ってみました。
 さっそく、カミさんがマグロ、ナスビを油あげ、里芋の煮っ転がし、「うまい」。里いもを育てた私の育てがいいのか、カミさんの料理がいいのか、二人で褒め合った。
イモ
 (収穫したサトイモ)
 夏川りみ「なだそうそう」
  その原点は・・・?
 サトイモのことを琉球語ではチンヌクと言います。沖縄の童謡の代表的な歌「ちんぬくじゅし」があります。私の少年期は、薪文化の時代で「ちんぬくじゅし」で謡われる生活で夕食は「ジュシメー」(雑炊)の時代、冬、囲炉裏を囲んで家族で啜る。イモ、チンヌクなど野菜がたっぷり入れる。
 三枚肉、チレークニ(人参)、シブイなどいれたチンヌクの煮込みは、この上ないごちそうでした。
この童歌、森山良子は歌ったと思います。沖縄の民謡に「なだそそう」は、この童歌のみであろう。
 闘いのさなかですが、沖縄の童歌「ちんぬくじゅし」を聞きましょう。
 昨日、15個のチンヌクを植えながら歌いました。ついでに、沖縄の童歌を!
 豆腐も臼をまわして造りました。海から潮運び子どもの仕事。

  (漢字を大和口で歌うと感じが出ません。もし、好きになれたら、ウチナーグチに直します)

http://www.youtube.com/watch?v=l0QkU-d0WFo
 煙(きぶ・し)、涙(なだ)、そうそう(流れるーですが、めったに使いません、独特の感情表現)今日(ちゅう)、夕飯(ゆうばん)、何(ぬ)、あんま(母)、たむの(薪)
琉球民謡 ちんぬくじゅうしい

あんまーたむのー きぶとんどー

煙ぬきぶさぬ 涙そーそー

ヨイシーヨイシー 泣くなよ

今日ぬ夕飯 何やがてー

ちんちん ちんぬくじゅうしいめー

     父が畠から 戻みそち

     シブイにチンクヮー チデークニー

     クーフチンムぬ 煮とんどー

     豆腐臼ぬ 廻とんどー

くんくん くんすう七まかい

爺バーキや 荒バーキー

スルガーニクブク サギジョーキー

やふぁら米から うさぎりよ

たんめー白毛ぬ 美むぬやー

トートー トーカチ大祝事

       三良まぶやー 落とぅちゃくとぅ

       前田ぬハーメが アートートゥ

       花米一粒に 酒一盃

       三本線香とぅ 塩小

       トートゥ トートゥ アートートゥ
ジュシメー世代、10月から12月、沢に住んでいたモズクカニ(上海蟹の仲間)が、海へと「恋の旅路」へと川を下ります。1夜で50匹は捕れる(現在は乱開発で激減、わたしも捕らなくなりました)。「がいじゅうし」(カニ)です。夜タコのいざり火が始まります。また、この時期はイカの時期です。大きな甕に塩辛漬け、冬のジューシメーのだし汁、「高江宅急便」のため、ご飯のオカズにとイカの肝で塩辛作っています。海が安定したらセリにドライブ計画しています。

 オスプレイ配備反対名護市民大会
  10月3日(水)6時
  名護市役所中庭
 
http://www.qab.co.jp/news/2012100238342.html

(第2信ー野田改造内閣は「辺野古布陣内閣」である)

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。