スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テント村の1日ーグローバルな日米同盟の破綻

東京行動
 テント村お留守番
   テント村の一日


 ニライカナイの神のすwる岩から
  テント村と辺野古漁港
005_20091110172529.jpg
 アセス逃れの
  兵舎など建築
    アセス手続き断念せよ

006_20091110172618.jpg
 いきなりジュゴン登場
008_20091110172641.jpg
 九州自転車旅行の青年が
  意気投合

009_20091110172701.jpg
 テント村授業終えて
  昼寝しました

014_20091110172724.jpg
 火曜日はオジー・オバーの日
   フジテレビの取材
    県民大会から取材続き、お元気です

018_20091110172744.jpg
 (続きー磯とオキナワギク)
  記念に1枚
    大阪のみなさんと

  高江に行きました
015_20091110173900.jpg
 ターリー(男神)の岩
  オキナワギクが咲きました
   (磯のエーデルワイズ)

002_20091110172800.jpg
  磯に咲く花
003_20091110172813.jpg
  高江に行く大阪のみなさん
   芙蓉の花の咲き乱れる道を

027_20091110172830.jpg
 
 ローレンスの野心の挫折
  日本国民の目
 民主党のブレ、アメリカの強気がマスコミの中心的報道である。
米軍再編成の米側責任者ローレンス(元国防相副次官)は日本で次のように発言している。

  「普天間基地移設問題に日本国民の目がいきすぎた。全体のほんの1部である基地問題先に進まない。あまりにも野心的目標であったかと問われれば」「そうだったかも知れない」
 日本国民の目
   安保条約廃棄まで進むか
 グローバルな日米同盟を掲げた。これは、日本国憲法を侵略の憲法に変える。いわゆる「戦争できる国」であった。一つにすぎない普天間と辺野古の闘いで挫折の道に入って来たことを実務者が認めたことである。
 
 このブログ、辺野古関連サイト、テント村、国会前座り込み、各地の駅、小さな行動は国民の目の中に焼き付いた。
 国民の情報共有、情報発信で愚直に頑張ることだ。

 政治の世界で「対等・平等の日米関係」は流行語になった。一つの基地が日米首脳会談の議題になるか、ならないかの関心ごとになってきている。

 軍隊でいえば、大佐級の問題に統帥権を持つ大統領が判断を下す異常な日米関係である。国防省の官僚の「野心過ぎた」日米同盟のシリ吹きに最高司令官がお出ましである。

 日本国民の目はすごいと思う。
 安保条約10条でアメリカの「うのぼれた野心」を砕け。
 (続きー辺野古の1日写真)


週刊金曜日
  2重の誤り

  果てしなき「ルポの時代」の混迷
 週刊金曜日の書き手のみなさん、あなたの名誉にもなりますよ。ここに、名前を書きませんが・・・。
 沖縄の素敵な世界に泥を塗らないでください。
 
 私は、なご市長選挙、基地反対派は分裂ではないと書き続けています。この意味わかりますか。
  週刊金曜「訂正とお詫び」サイト上

    どこもまだ、選対部長は決まってないのではないか。週刊金曜日さん、天城慶さん、編集長さん
  どちらなのですか。
  各陣営の選対本部長、明確にしたらどうですか。

「宝の海」だけでなく
 「なごなぐ雑記」もお読みください。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。