スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和丸に込められた人の心ー写真で記録する辺野古闘争メモ

fbで発信したのですが、昨日の琉球新報3面「評価書補正は年内に」の記事がありました。森本「ペンタゴン代官」選挙ありませんから、辺野古がニュースにならないように急いでいると思います。その日、辺野古に行って気が付いたのですが。基地の中の防衛施設局プレハブ拡張しています。
プレハブ

ブログ「辺野古浜通信」が10日以上更新されて居ません。辺野古中心とした沖縄の情報(新聞、テレビ)は、今のところ、「宝の海」となっています。
 facebookもはじめました。08年以前の辺野古の写真、できれば私の写真、送ってくださる方、感謝します。写真に込められた辺野古の記録残したい。

平和丸に込められた
 人の温かい心

  (写真がが語る辺野古闘争メモ)
  2008年以前の辺野古の闘いの写真求めています。記録メモ残したいと思います。
 安部真理子さんから送られて来た写真  
532339_10151087821026148_942188859_n.jpg
 2010年の辺野古・大浦湾調査
46202_10151087866546148_462636967_n.jpg
  (安部真理子博士ー日本自然保護協会、確か、05年であったと思うが、水陸両用戦車マナル岩で沈没、平和丸サンゴ礁の大波に煽られて、阿部さん大怪我させてしまったこともあった。お詫びします。)

 私は辺野古闘争始まる2年前に海上闘争になること想定し、ジュゴン1号を購入、また、東恩納琢磨君とカヌー
の提供を全国に呼び掛けていました。ジュゴン1号は6人乗りで、海の生態系調査には酸素ボンベーなど多くは積めません。ジュゴン1号はスピードがあり、カヌーの牽引には有効でした。
 それでも、やはり、アセスを打ち破るには闘い、調査、学習船が、絶対的に必要だとひそかに沖縄中のマリーナー、中古船販売店を廻っていました。泡瀬のみなさんも見てもらい、美人ではないが彼女見つけて「平和丸」と命名しました。
 私にがジュゴン2号(平和丸)の決意をしたのは、わたしの「宝の海」を見た広島平和委員会の会員、湯川和子女史が、遺産が入ったので50万、送りたいとの電話、会ったこともない人で、マンダマシヌギタ(想像もつかない驚き)で、書きとめておきたい。
図平和2
 平和丸就航
  辺野古は海上闘争―寒い日

 私の闘争日記には「明日はボーリング用のスパット台船を積載した大型クレーン船「施設局は起重機船と呼称」が中城湾からくる。迎え討つのみ。平和丸就航、全国平和委員会の会員カンパ。多目的和船で13人乗り、・・テント村30人余が拍手で船出を祝った。フイリッピン東方海上に台風発生」、すでに会場には30人余が抗議船、カヌーが出ていた。(2004年11月15日)

 闘いと冬台風でスパット台船撃退。
 私の国際会議、国際交流のプレゼンテイションのタイトルです。
  11月20日、日本平和平和大会IN佐世保、「日本平和大会にお集まりのみなさん。まず、最初に、新基地を許さないために「平和丸」を送ったみなさんに平和丸の勇姿を公開し、感謝のあいさつとします」と、平和委員会HPに和文・英文とも残っています。
C平和
 海上から基地の動きなど調査します。
4図平和
 2005年1月海上デモです。30隻以上の周辺漁港の船が参加し300人以上が船に乗りました。平和丸は船内機で遅いのでジュゴン1号が司令船となります。
B平和
 平和丸はサンゴやジュゴン調査の調査活動の主力船です。
D平和
 平和丸は中古のディーゼル船、故障が尽きない、赤字が続きました。それを救ったのが全国民医連の辺野古連帯行動(先月で28次、2月ごと、50~80人、23次まで講演もしていました)、使用料をカンパしてくれます。
 WWFJ,日本自然保護協会の調査など、調査にはすべて使用料はもらいません。ですが、学習で海に出られる方は船長にお礼のカンパをお願いします。
A平和
 平和丸は遅い、特にペラの破損(海底接触ー多くの船長が操縦などで)
 また、全国の仲間にブログ「宝の海」で船外機でスピードもある平和丸へと呼びかける。全国民医連や平和委員会の友が答えてくれました。
 私は、再び海の闘い望みません。その前に辺野古移設断念させる。

 なぜ、ビンゴちゃんが出てくるの
   「ワンもお父さん」とともに

 2007年4月20日、沖縄防衛局V字2本滑走路の事前調査始まる。阻止闘争、監視闘争と続くとともに、ジュゴン追い出し作戦などの監視は、洋上なのでイノーで闘う仲間と別行動、ビンゴは幼い時から海と船が大好き、ジュゴン追い出し作戦のヘリの下でエンジン切って数時間漂流する。ビンゴは何時も一緒、でも、ものすごい疲れが蓄積していて、また、高江の闘いも始まって、よく、8月上旬、軽い脳梗塞で入院、それ以来、ビンゴ、海につれていく機会無い。
ビンゴ7
  (愛犬、琉球犬リュウが突然死んだのは海上闘争の05年2月8日、その後妻が貰って来たのがビンゴ、父は浦添のタクシー会社交通安全犬ボギー、母はナビー、浦添市住民表に市民として住民表有り、2010年4月10日「ボギー天国へ」と新聞記事となる。父を継いだのがビンゴの兄バーディー、ビンゴはやんちゃ、海の魚のように自由、金網飛び越えて外に出る我が家の騒動が始まる)

わが尊敬する昆虫・生物研究家
 湊和雄さん、会ったことありませんが
QABニュースステイション
http://www.qab.co.jp/news/2012111539317.html
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

teruo024

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。