スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭の贈呈式ー医療生協座り込み5周年、離島の高校生

沖縄返還協定40年の辺野古11月21日
 ノーベル賞は沖縄への痛み押しつけの賞

  ポチの昼寝とノーベル平和賞
 40年前の11月21日、佐藤・ニクソン会談で沖縄返還合意、日米合意「重い」と言うけど51国条約サンフランシスコ条約でも日米合意で「主権」問題解決できた。
 
 佐藤はノーベル賞を受賞した。核密約、沖縄密約など沖縄に痛みを押し付け「代表権なくして課税なしの安保条約押しつけ、ベトナムへの出撃基地とした。
  
 オバマはノーベル賞で沖縄に悪魔の要塞基地を「褒め殺し」とゲーツ流恫喝で押し付ける。
 平和ノーベル賞、基地と戦争貢献賞でしょうか。

  
 辺野古は朝激しい雨であった。昼前から晴れ、ポチが悠然と昼寝。私も誘われて昼寝。
001_20091121170707.jpg

 離島の高校生
  テント村授業 

003_20091121170725.jpg

 テント村冬のシーズンに入る
  医療生協座り込み5周年
 組織として6年間座りこみ派遣、すごい、粘りだ。高江にも毎日参加している。この時期、必ず炭の贈呈式が行われる。
 辺野古13年の闘いの歴史と明日への展望とやり遂げる道について30分話をする。

013_20091121170829.jpg

 テントの中では廃鶏の焼き鳥
   具志堅撤(名護市会議員)さん、焼き鳥始めた

011_20091121170802.jpg
  テント村冬がやって来た
    炭の贈呈式ー今年の冬も心が豊かになる。炭を囲んでスルメ、干物、焼き芋、食べることは人間の心を一つにする。

025_20091121170845.jpg
  豪快に焼き鳥だ
034.jpg
 全国のみなさん
 みんなで焼いて楽しめる000待っています。

  

 (続きー比嘉靖と「市民の会」の統一への心ーお礼の手紙とビラ」
普天間問題は「移設」問題ではない」
 「宜野湾市にいらないものは、名護ににも、日本のどこもいあらない」-宜野湾市民の心
  「普天間即時閉鎖、返還」こそ県民の合意と民意

 名護市長選挙ー統一の心
 
比嘉靖と市民の会から
お礼
秋冷の候、みなさまにはお元気でご活躍のことと思います。
 さて、この度、「新基地建設反対を明確にできる名護市長選挙候補として、是非出馬してほしいとの要望に応え、私、比嘉靖は、出馬を表明しました。
 ところが、11月に入って、稲嶺氏が「名護市にあらたな基地はいらない、という信念を最後まで貫くことを市民のみなさんに約束」との声明を発表しました。「統一候補で、何としても新建設反対の市長を」という市民の願いに応える立場から、候補者一本化の協議を重ねてきました。そこで、政策の合意点を確認しましたので、11月18日、記者会見の場で覚書を交わし、稲嶺氏に一本化することに至ったのです。
 私が出馬するまでの経過や候補者一本化にい至る詳細は、同封のビラをお読みになってください。
 これまで、私を物心両面からご支援いただきありがとうございました。
カンパや差し入れ、手作り料理、ビラ配布、支持拡大、陰ながらの支援など、ご心労・御苦労をおかけしました。みなさんの志に、心からお礼を申します。
 事務所開きには、名護市内はもとより、遠方からもご参加くださり、感謝申し上げます。

みなさんのご声援や御苦労とともに、私たちの新たなつながりもできました。そのネットワークを広げ、大きく活動を広げましょう。
私たち、「新基地反対・暮らしと平和を守る市民の会」(略称「市民の会」は、そのともしびを消すことのないよう、志を発展的に前進させていく決意です。

「新基地建設反対」の市政を実現するため、大同団結しこの選挙戦勝ち抜きましょう。
          2009年11月22日
   「新基地建設反対・暮らしと平和を守る市民の会」
           比嘉 靖

 
比嘉靖と市民の会のビラ(表)
IMG_0001_20091122125744.jpg
  教え子たちの思い(裏)
IMG_0002_20091122125757.jpg

 (私はパソコン音痴、このようにしか添付できません)
   (11月22日 PM13時30分)

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Author:teruo024
大西照雄
 1943年 沖縄県国頭村に生まれる
  少年期「草刈照雄」馬を飼育、炭焼き少年
 1955年9月
  由美子ちゃん事件「唇はきりりとしまっていた」知花芳子先生
 辺土名高校入学
  1958年 宮森小学校ゼット墜落事件にショック
  1960年 2年アイゼンハワー抗議デモに参加
      「みんなで大学合格勉強始める」
  1962年 琉大法政学科入る
  1967年 宮古高校赴任
  204年3月末日定年退職
教師としての活動
  沖縄県歴史教育者協議会(採用以来)
   実践報告少なくない
  沖縄平和ネットワーク(ガイドの会)
破られない記録
  沖縄県高等学校教職員組合執行委員連続落選(8期)
  野外学習、嘉数台地、沖縄愛楽園
  沖縄県教育庁呼び出し「指導」、履歴は白

 沖縄県教育教育弘斉会教育論文
  最高賞受賞
 同日本教育弘斎会教育賞(参加賞?)

著書共著
 「平和のための沖縄ガイドブック」(初版)95年
 「憲法。沖縄・安保」立命大学土曜講座ブックレット1-96年
 「語り継ぐ戦中・戦後」05年
  その他
 主著
 「学園に愛とロマンもとめて」93年
 「沖縄の太陽物語」95年
 「沖縄を教えて、語り続けて」97年
 「啄木と沖縄」2002年
 「愚直ー辺野古は問うー沖縄非暴力の心」
 「腰掛一つで刻む38年」(未完)
活動
 名護平和委員会会長
 奥間川ダム反対有志の会、
 やんばるの戦争遺跡ガイド
 ヘリ基地反対協代表委員(1999年~)
   「海の司令官」(総責任者)
 平和丸基金、ジュゴン1号、平和丸船長
 ジュゴン保護基金(ジュゴン裁判原告)
  評価「海でも陸でも、夜も昼も寝ている」
21世紀の地球観
 「平和の文化」築き
  生物多様性の地球の保育
 沖縄生物多様性運営委員
 趣味
魚釣り・パチンコ、野菜つくり、闘いの日常記録撮影
 辺野古の闘い
 「生永らえることでは太く生きること」
 好きな碑文
  「復帰闘争碑」碑文
   真教寺「新しき明日・・・」啄木 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。